晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 50号の感想


週刊少年チャンピオン 2012年11月22日号 No.50週刊少年チャンピオン 2012年11月22日号 No.50
(2012)
不明

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙は浦安鉄筋家族、NMB48のフォトブックが付録です。


・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
巻頭カラー。広島とロッテが4位(執筆時)ということで、どちらが『日本一の4位』か決めるために涙と佐渡勇子ちゃんが勝負する。野球ネタ特盛りで面白かった。

・囚人リク/瀬口忍
加藤の策略によってリクとレノマの絆が揺さぶられる。でも、この状況からの解放というか逆転は、かなり難しいように思う。ここからカタルシスが得られるような展開に持っていけるんだろうか?

・いきいきごんぼ/陸井栄史
単に実力テストの点数で勝負するという内容なのに、三峯徹+新人賞の寸評ネタとバチバチの田上の暗黒面に堕ちそうになるパロディで、ここまで濃厚な味わいに。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。トップでゴールした坂道に、真波、手嶋、青八木らが声をかける。晴れた空を見上げるのが良かった。ちなみに東堂3位、福富4位、巻島5位、今泉6位です。

・侵略!イカ娘/安部真弘
イカ娘vs野犬の群れ。そこに南風のおっさんも乱入。今回は、ハシラのコメントが良い味を出していた。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
センターカラー。田上が本当は鉄板を仕込んでいなかったというのと、通路での猛虎とのやり取りが良かった。そして『衝撃的な割』が発表されるということは、ケガした状態で王虎との対決か。

・ひなこの失敗/沼田純
短期連載1回目。車道にも歩道にも危険がいっぱいなので、えん石の上を歩く主人公の赤田ひなこと、友人の三島トワ、母親の赤田桃乃との何気ないやり取り。これまでの作品よりも絵柄を含めて、かなり萌え方向に舵を切ってきた印象。

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
深柱の被害は『岩石のようなもの』が『溶岩のようなもの』を噴出させたと発表される。このことによって、人々は東京からの脱出を考えパニックに。そしてハルトの体にも異変が。まあ、深柱の力を使ってノーリスクってわけにはいかないか。

・ブラックギャラクシー6/阿部共実
出張掲載最終週。今回は間違った日本語の使い方から、またギドラが浮いてしまう。最初は人見知りなだけかと思っていたけど、ギドラってコミュニケーションをとること自体が下手だったのか。最初のコマなんて、軽く孤立してるじゃないか。そして、次週は特別読み切り『あつい冬』が掲載されます。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
松田がDFを引き付けて、右サイドへ。そこからのクロスをヘッドで決めて習実が追加点をあげる。万代は、まだショックを引きずっていて前に出ることができない。脇坂が守備陣に檄を飛ばすが、それよりも攻撃陣の奮起のほうが待たれる気がする。

・名探偵マーニー/木々津克久
夜な夜な軽犯罪をしているらしい特殊部隊風のコスプレをした男の調査をするマーニー。かつて、ここまでカッコいい自宅警備員がいただろうか? この話って『フランケンふらん』だったら、そのうちJOGが数百人単位の組織に成長している気がする。

・パンダのこ/角光
久しぶりに上野動物園にやって来た乃仔ちゃん。そこで、新人飼育員の御卯月りんさんとパンダ友だち、略して『ぱんとも』になることに。ウェイウェイとテレパシーで会話しているところが良かった。

・バイオハザード~マルハワデザイア~/カプコン&芹沢直樹
クワンは、リッキーの助けも間に合わずゾンビの餌食に。そして周囲の惨状にリッキーの心が折れかけたときに、クリスらBSAAが登場。ここから人間側の反撃というところで、連載中断。再開は、来年の1月になります。

・シュガーレス/細川正巳
鹿嵐、デカヒュドラ、シロがリベンジ達成。今度は御辻のほうが街を歩けない状態に。やっぱり、宍戸の行動がカギになりそう。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
殿馬のライトフライから里中がタッチアップするものの唐部に刺されて同点にはならず。里中は、そのまま6回のマウンドに登るものの、このあたりで交代するような気がする。

・てんむす/稲山覚也
天食祭決勝戦がスタート。『天娘のおねがい』をバカにする村上マリーや花ポンらに、天子は怒りをあらわにする。たぶん、右側に座っている3人は勝負に絡まないと思う。

・ガキ教室/小沢としお
晶と須藤がファミレスで話し合い。『幸せ』についてのやり取りは、いろいろと考えさせられた。そして、改めてPTA総会で「教師をやめる」宣言。いちおう公の場での発言だけに、後戻りができないと思うけど、どうなるんだろう?

・怪獣ヒーロー/石丸なお
読み切り。アメリカに行ってしまった、太って悪人ヅラなのに正義感が強く『怪獣ヒーロー』と呼ばれていた友人のことを思い、その生き方をマネしようとする主人公の神風たかし。だが上手くいかず諦めかけた時に、その『怪獣ヒーロー』大安丈が帰ってくる。絵が整っているし、ケンカシーンでその様子をお爺さんがずっと見ているという小ネタも上手い。

・スポ×ちゃん!/竹下けんじろう
リリィの足は骨折していたということで、スポチャン部のメンバーでお見舞いに。全員がコスプレしたり、今回は目の保養回か。それから茜って、グループに所属してたのね。相手が5人組ということなので、かすみたちは紅葉ちゃんを参加させよう。

・ラララライブ/サブ
家族が寝静まった夜に、シローが歌詞を考える。音楽の神(ネイティブアメリカン)?とのやり取りは、最近では珍しくマジメだった。

・秘境ハンター/佐倉遼太朗&宮谷拳豪
今回は、メガネっ娘文学少女をある作家の蔵書室へと案内する。毎回ちがう誰かを秘境に案内する形式なのね。それから、コミケ会場で『考える人』に扮している仙道が面白かった。

・弱肉強食ガチ恋バトル/竹野嘉恵
最終回。今回は二宮があえて、姫うさの策に乗っかる作戦を実行する。個人的には、もっといろんなキャラに話の中心を割り振ってほしかった。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩の新作が掲載。『侃』。そして、今回は前回から続いているのか。




今週のNJを筆頭に、来週からフクイタクミ『ハーベストマーチ』、再来週は佐渡川準『あまねあたためる』の新連載がスタート。短期連載とか読み切りのやりくりで、現行連載陣の終了はナシかな?



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/11/09(金) 13:28:41|
  2. チャンピオン 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad