晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

週刊少年チャンピオン 49号の感想


週刊少年チャンピオン 2012年11月15日号 No.49週刊少年チャンピオン 2012年11月15日号 No.49
(2012)
不明

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、トリンドル玲奈さんです。


・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。死力を振り絞る2人。そして、トップでゴールしたのは坂道! 両手を上げて喜びをする表現する様が良かった。次回は表彰式とかで、エピローグ的な内容か。

・囚人リク/瀬口忍
いきなりリクのツメ削ぎシーンで、また指が痛い。しかもリクのほうが長くやられているということで、さらにレノマの心が追いつめられる。それでも口を割らないとことに憤る冷血看守の加藤は、今度は2人の絆を断つ作戦に出る。コイツに比べると谷村でもマシだし、山岡は成人のような清さを持っている。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
100話記念センターカラー。春巻の落とした100円玉を仁がネコババしようとする。小鉄とのり子が相手だったら、普通に譲ってもらえたんじゃないだろうか?

・いきいきごんぼ/陸井栄史
河原で見つけた廃車を、自分たちの秘密基地的に改造しようとする吏毘堂たち。ストⅡボーナスステージネタが面白かった。

・シュガーレス/細川正巳
コウタが沈められ、岳たちも数に押されて負けてしまう。しかし、気づいたところで、まさかの鹿嵐(何話ぶりの登場?)と合流して、御辻に乗り込むことに。ここからが本番か。それにしても、細川先生は鳥取の出身だったのか。水木しげる、谷口ジロー、青山剛昌の系譜に並ぶお方だったとは。

・パンダのこ/角光
リニューアルしたので、よく分からなくなっていたけど、いまは夏休みだったのか。宿題に手を付けていなかった乃仔ちゃんだが、どうしても愛愛のことが気になってしまう。こういうパターンのほうが面白い。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
鯉太郎は折れた指のまま下手投げに。田上も上手投げで対抗する。指から血を吹き出しながらも、田上を押しつぶして鯉太郎が勝つ。だが、このダメージは尾を引くことになりそう。

・名探偵マーニー/木々津克久
ロイドの後をつけていたのが、同じ学校の生徒ということに悩むマーニー。記憶を呼び出すときの演出が面白かった。あと今回は、地味にマーニーの家の問題が抱えている(いた?)問題をにおわせていたと思う。

・侵略!イカ娘/安部真弘
たけるができないという鉄棒の前回りに挑戦するイカ娘。友達の男の子にしろイカ娘にしろ、グルグル回っている様子がなんか変。

・ブラックギャラクシー6/阿部共実
出張掲載3週目。今回は、ギドラの体型の話。空灰だと『ひとりだけカロリーの高いパン』からの鬱展開もありえるだけに、BG6は気楽に読めるのがいいな。

・バイオハザード~マルハワデザイア~/カプコン&芹沢直樹
マザーは、ついにモンスター化したビンディにやられて息を引き取ってしまう。しかもクワンは、窓からゾンビの真っただ中に放り投げられてしまう。そろそろBSAAが到着してくれないと、反撃できそうもない。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
岩鬼は初球を打ってファーストゴロ。ベースカバーに入る七夕との体のぶつかり合い(見開き×3)は迫力があったが、できればホームランか三振かという勝負が見たかった。そして、一死一三塁というチャンスで、バッターは殿馬。

・秘境ハンター/佐倉遼太朗&宮谷拳豪
短期連載1回目。学校の校舎を利用した無茶なトレーニングをしていた自称『秘境ハンター』の仙道天歩が、勘違いから彼を助けようとした女子高生のチーコに、都会の中にある『秘境』を見せるという内容。まだキャラ紹介の段階なので、これからの盛り上がりに期待。

・バーサスアース/一智和智&渡辺義彦
丸型深柱は、体を回転させて移動したり打点を外したりとかなり器用な印象。しかし、ハルトも深柱の欠片をある程度自由に操れるようになっていた。矛状態にして打ち込み、玲央さんがトドメを刺す。しかし、林君のダメージは深刻な様子。戦線離脱かな。

・てんむす/稲山覚也
3回戦進出者は天子、なにわ商業の井川さん、村上マリーのほかに、秋田サンライズ高の鬼頭彩菜、三ヶ月部長、鮫島高校の黒田ナナ、そして、花ポンの7人。そして、この3回戦が決勝戦となることも発表される。やっぱり、巻きに入っているんだな。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
乾がDFライン近くまで下がっていることで市蘭は中盤で自由にパスをつなぐことができる。成田と尾上のまさかのワンツーからシュートが決まるが、オフサイドで取り消し。これで、万代のほうも自信を取り戻すことができるか。

・スポ×ちゃん!/竹下けんじろう
もんじゃ焼き屋で打ち上げ。みんなフレッシュマン部門以外にも出場していて、結果かすみが最も好成績を収めていた(型の部門とかで)。次回からは、新エピソードか。

・ガキ教室/小沢としお
須藤母の言い分を、そのまま認める晶。さらに、須藤宅を訪れ「教師をやめる」と言う。なんか、このまま終わってもおかしくないような雰囲気になって来たけど、たぶん、そうはならないだろうな。

・ラララライブ/サブ
久々に幼なじみのななみが登場。友だちの浅子&信子とともにシローとフジコの後を追うことに。今回も、あまりバンドは関係なかったが、もうこういうコメディ物だと割り切った方がいいかも。最初ギャグだったのに、バトルものになるマンガなんて山ほどあるんだし。

・鬼さんコチラ/重本ハジメ
最終回。金木が桜田に告白したことで、ナキとクラギの魂は成仏する。そのことで鬼たちは力を失って、事件は解決。でも『続きがあるかも?』みたいな終わりかたは、こういう短期連載だとあまりよくない気がする。

・弱肉強食ガチ恋バトル/竹野嘉恵
今回は、男女対抗ドッジボールを通して女ひょうの分析をしていく。そして、次回最終回。今回は、リョータとみゃーこの絡みが多かったが、こういうクラス内男女のやり取りをもっと増やしてほしかった。

・篠原こだまの愛のかたち/藤近小梅
最終回。今回は、主人公の篠原こだまの終始読者へむけたモノローグで構成されているという、変わった構成で面白かった。高校行って10時間寝てマンガを描けるなら、かなり将来有望なのではないでしょうか。再登場に期待したいです。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩の部屋に強面の男が。父親に対抗、借金取りに本命をつけるあたりが、頼子らしいと思った。



次号は『弱肉強食ガチ恋バトル』が最終回。そして、石丸なおの読み切りと、NJの短期連載(?)がスタートします。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/11/02(金) 13:08:19|
  2. チャンピオン 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad