晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

ヤングキングアワーズ 12月号の感想

YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2012年 12月号 [雑誌]YOUNGKING OURS (ヤングキングアワーズ) 2012年 12月号 [雑誌]
(2012/10/30)
不明

商品詳細を見る


ヤングキングアワーズ11月号の感想です。表紙はアルペジオのタカオです。

・球場ラヴァーズ―私を野球につれてって―/石田敦子
巻頭カラー。タイトルもリニューアルして、新章開始。主人公は野球嫌いの太田日南子さん。東京ドームでビールの売り子をしている。自分が生きてきたのと同じ年数優勝していないチーム=広島に興味を持つ過程で、子どものころに球場で出会った『星形の傷』を手に持つ男の子と再会することになっていきそう。バイト仲間の実央や基町姉さんなど、前シリーズの人が出てきたのも良かった。

・スピリットサークル/水上悟志
家を追い出されたヴァンのその後。自分の命を狙ってきたスティールや生臭坊主のグラスらと気ままな暮らしをする。この2人は、現在のテツとダイキか。周りの友人らも、それなりに過去生で関わりを持っているということか。そして、ふたたび一人になったヴァンの家の前に捨て子が…。

・(ア)部!/吉川景都
今回は、アニマル部の活動紹介のような内容。信夫と真潮先輩はモテているが、七緒は動物からしか好かれない。タイワンリス避けに校舎の周りに唐辛子水を撒いていたけど、ニコチン水も効果があるらしい。でも、それは学校では無理か。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
U-2501に苦戦するタカオ。401は『タカオを救出に行く』か『いまのうちにコンゴウ哨戒圏を脱出するかで会議が開かれる。そこで群像が出した結論は「どちらも選ばない」ことだった。特製財布の応募台紙付きです。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『YOKO FUKAMI & MAKI UMEZAKI』です。空中で銃を構えています。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
第4回 河合荘 秋のゲーム大会が開催される。しかし、ジェンガやチェスをやっているだけなのに、よくもこれだけ下ネタっぽいセリフを織り交ぜられるものだと思う。チラッと名前が出てきた馬淵さんは、今後の登場があるかも。

・それでも町は廻っている/石黒正数
紺先輩の指輪が歩鳥を、ひいては小さな女の子を救う。1ページ目は、紺先輩が良く見る予知夢ってことか。

・AGEHA/六道紳士
『前回までのあらすじ』形式で、ループを繰り返す心記。しかし、ヘーラさんもループに入ることができるとなると、蛇目先生はかなり自由自在に世界を操れるということか。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
今回も、まだ新章の準備段階のエピソードという感じ。しばらくはジンが相手ではなく、王直属特務遊撃隊『ブシドー』がリュウマの相手ということになりそう。しかし、前章でボスが持っていて今回リュウマの女が持っている武器は『トゥールハンマ』っていう名前なのか。かっこいいな。

・エイリアンダイエット/鈴木小波
センターカラーで読み切り。教室の入り口に頭をぶつけてしまうほど背の高いデンチューが恋をしたのは、丸々と太った白川マリさん。しかし、ある日、彼女が見違えるように痩せていて…。実際のところ『痩せられるエイリアン薬』の正体とか、いろんなことは未解決のままなんだけど、それでも2人の関係が前進する様子が爽やかで良かった。

・裸者と裸者 邪悪な許しがたい異端の/打海文三&七竈アンノ
ヤクザから奪ったドラッグで金を得た椿子と桜子は、それを元手にカイトと交渉。交通の要所の利権を得ることで経済や戦争をひっくり返そうと目論むが、話し合いは決裂に。吹っ切れた(?)2人&万里+アイコは女の子だけの武装組織『パンプキンガールズ』の結成に動く。ここから本格的にストーリーが動き出すか。

・天にひびき/やまむらはじめ
秋央は、前の順番の堂嶋の派手な演奏に影響されることもなく、実力を出し切り第2位に選ばれる。成長を実感してコンクールが終わったわけだが、次は、どんなエピソードになるのか。

・ソレミテ それでも霊が見てみたい/小野寺浩二&石黒正数
今回は、八王子のもうひとつの心霊スポット『道了堂跡』に行く。明らかに周囲と違う空気、ラップ現象、霊障とあっても結果ノーカウントというのは、ちょっと納得いかないような。ポイント制とか導入してみればどうだろう? あと、筆谷編集長は今回も送迎だけでした。

・カラメルキッチュ遊撃隊/大石まさる
この時代では、夏休みは7,8,9の3ヶ月。そのあいだにメルの実家の農園で、職業実習が行われる。そこに他の町からやって来た3人組(それぞれ、カラン、メル、イラに似ている)が連れてきたのは、まさかのキッチュ。以前に2体になったことの謎解きも兼ねていたが、こんなタイミングでキッチュの正体(?)を明かすということは、この後には大きな展開が待っているのか?

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
工一パパのパンク修理の腕前にホレてしまって、自分でパンクさせてまでお店に通う女子高生のユッコ。事情を明かした後のワカバママとの会話が良かった。しかし、412ページ最後のコマのアオバの視線は、とても小学生とは思えない。

・アリョーシャ!/近藤るるる
今回は、かなり説明が多かった印象。とりあえずミーチャ率いるカラマーゾフと、アリョーシャをはじめとるす米英連合が対立していく形になるか。アリョーシャがベッドで寝ずに目覚まし時計が鳴る前に起きるシーンと、龍之介の乱太郎コスプレが面白かった。

・スプライトシュピーゲル/冲方丁&中嶋ヤマト
今回は、かなり事態が動いた印象。乙はモリサンの刀を受け継ぎ、ハインツとともにタワーを目指す。そして雛は戻ってきた冬真と行動を共にし、鳳はトーゴーとのバトルになりそう。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
フランスとイギリスが対立していく中で、クーデターの黒幕としてアンギャン公が浮上する。『国外にいる王族』という難しい状況にも関わらず、ナポレオンは処刑を決行する。その汚れ役をネイではなくダヴーにまかせるのが良かった。ただ、アンギャン公の飼い犬がラストに殺されてしまうのは悲しい。こういうのは、無条件に泣けてしまう。

・ドリフターズ/平野耕太
今回は、黒王側の話。青銅竜を配下に収める様子が描かれ、黒王の能力が『生命の増殖』だと明らかに。どうも、言動とかが悪役のソレには思えなくなってきた。あと、最後に寝込んでいたジャンヌが気になる。


来月から大井昌和の新連載『興国臨界 オービタリア』がスタートします。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/11/01(木) 13:27:20|
  2. アワーズ 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad