晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ゴーグル の感想

ゴーグル (KCデラックス)ゴーグル (KCデラックス)
(2012/10/23)
豊田 徹也

商品詳細を見る



“世界のトヨダ”こと、豊田徹也の単行本『ゴーグル』が発売されました。四季賞受賞作の『ゴーグル』から先月号のアフタヌーンに掲載された『海を見に行く』まで、約10年の間に発表された短編がまとめられており、前作『珈琲時間』から約2年10ヶ月ぶりの新刊ということになります。

・スライダー
空き地で失業者、フリーター、小学生の3人が野球をしているという藤子不二雄的な出だしから、ホームランで窓ガラスを割った廃屋で貧乏神と出会い、クビにした社長に復讐を果たそうとするという星新一的な展開を見せる。『アンダーカレント』や、この本の中だと『ゴーグル』のように、ちょっと重い人間関係を描いた作品があるだけに、こういうハチャメチャなコメディ物は逆に意表を突かれる。特に、落雷する場面のぼかしたタッチ → 驚く人間たちの顔 → 轟音とともに砕ける窓ガラス → 停電の中騒ぎまわる人間とたちと静かな神様の対比 という流れのテンションの上下動が面白い。作者もあとがきで書いているけど、このタイトルでこの内容を予想するのは無理。

・ミスター・ボージャングル
『アンダーカレント』『珈琲時間』にも登場した、探偵の山崎が主人公。結婚式をひかえた女性から、子どものころに家族ぐるみでお世話になった『ボーさん』という人物を探してほしいという依頼を受ける。しかし、調査を続けるうちに、ボーさんの意外な人物像が明らかになっていく。人間というのは複雑なもので、それを受け止める第三者によって違った形を見せるものだと思った。あと、足が速い女の子は『珈琲時間』の1エピソードに出てきた女の子だと思うが、ちがうだろうか?

・ゴーグル
四季賞受賞作であり、作者のデビュー作でもある作品。選考員だった谷口ジロー氏に「ほとんど完璧」と言わせるほど内容の濃い一作。作者は「コンテを描いたのが'90年代半ばくらいなので認識が相当古いと感じた」と、あとがきに書いてあるが、そうは感じられない。村田の乗っている車の形とかパチンコ屋の外観に時代を感じるが、それも特に気になるほどではない。むしろ、いまの時代のほうが『子供の心の痛み』みたいなテーマが合っている気さえする。だから最後のセリフは、流れ的には田村が言っているんだろうけど、ひろこが言っているというふうに読むと、これからに希望が持てて救われた気持ちになる。

・古書月の屋買取行
『アンダーカレント』の主人公、かなえと堀が古書店と古レコード屋を営んでいるという設定の2ページの掌編。それでも、キチッとオチがついているのがさすが。

・海を見に行く
『ゴーグル』の前日譚にあたるストーリー。ひろこの祖父が、馴染の焼鳥屋と躾の話をしているシーンが、とても印象深い。彼が、もう少し娘に対して言い聞かせるような育て方をしていたら、ひろこは虐待されていなかったかもしれない。だけど、ひろこにとっては祖父は大切な存在で…と、いろいろと考えさせられる。ゴーグルは、すでにひろこが頭に着けているが、ワークシャツを祖父が着ているのも見逃せない。

・とんかつ
銀行の検査部に務める諏訪さんが、15年前の融資の担保物件が架空だったかどうかの証言を得る代わりに老人の思い出のトンカツを探すという、美味しんぼのような話。諏訪さんのクルービューティーぶりが素晴らしいし、最後に謎のトンカツの正体が明かされる流れもイイ。『アンダーカレント』を読んだときにも思ったが、この作者の漫画を読むと映画を見た後のような充実感に満たされる。ただ、坂井さんがタクシーから死んだ息子の姿を見つけて駆け出していくシーンは、なんとも言えないさびしい感情が湧き上がってくる。


帯に『在庫一掃大放出!』とあるように、これで作品ストックがない状態に(たぶん)。この人の場合は『次の単行本はいつか?」ということより『次の作品発表はいつか?』という心配をしなければいけません。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/10/25(木) 18:55:02|
  2. 豊田徹也
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad