晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

竜のかわいい七つの子 の感想

九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)九井諒子作品集 竜のかわいい七つの子 (ビームコミックス)
(2012/10/15)
九井諒子

商品詳細を見る


九井諒子、約1年半ぶりの単行本『竜のかわいい七つの子』が発売されています。コミックナタリーでカバーイラストの製作過程などが公開されていますので、よろしければそちらもご覧いただけると、より深く作品世界を知ることができるかと思います。
コミックナタリーの特集

・竜の小塔
人と竜の話。戦争中の山国と海国を隔てる関所の塔の上に竜(見た目はグリフォン)が巣を作ってしまったため、休戦状態&物資不足に。山国には塩がなく、海国では野菜が育たない。竜の巣の下を唯一通過することができる海国の戦士サナンと、山国の少女ユルカを中心に話が展開していきます。戦争中の暗いムードのエピソードを丁寧に積み重ねているから、竜の巣立ちのシーンの盛り上がりにつながっていると思う。フェローズではじめて読んだときは、衝撃を受けました。

・人魚禁猟区
人と人魚の話。『人魚に人権はあるのか!?』ということが社会問題になっている日本の田舎町が舞台。主人公の準は、通学路の脇に倒れていた人魚を助けたことから、友人の浜君とのあいだに気まずい空気が流れることに。なぜか山の上の学校に行きたがる人魚を助けようとする準と、親が人魚を車でひき殺してしまったことからいわれのない中傷を受ける浜君。言葉が通じても考えの違いがあるが、言葉の通じない人魚とでも分かり合えることがある。というところからの人魚の行動は、かなりショッキングだった。ただ、それでも準が前向きな答えを見つけてくれたのが良かった。

・わたしのかみさま
人と神様の話。カバーでメインをつとめている、つくも神が見える女の子の雪枝が主人公。マンション工事のために居場所がなくなってしまった野山の神(魚の姿をしている)を水槽で守ることに。特に、上手くいかない中学受験に雪枝がナイーブになっている描写が素晴らしかった。「頑張ってもだめだったら ぜんぶ無駄になっちゃうの?」「もし全部だめだったとしても 私はちゃんと私になれる?」のあたり。あと、本編後のオマケイラストで水槽を洗っている雪枝が、なんかカワイイ。

・狼は嘘をつかない
人と人の話。まず前半に、WWS(狼男症候群)という病気の子供を持った母親の育児エッセイマンガ(梅谷ゆかりの『我が家のワン!ぱく息子』)があって、後半で、その成長した息子の苦悩を描くという構成が良かった。狼男という部分に気を取られがちだけど、それを除いた親子関係の問題は現実にもよくあることだし『思っていることを素直に口にしてみる』っていう解決方法も、実際に使えるもの。こういう、日常の問題とファンタジーの融合具合が、やっぱり作者の持ち味だなと再認識させられる。

・金なし白祿
人と絵の話。いい意味で裏切られた作品。都で一番の絵描きの高川百録は、詐欺にあい一文無しになってしまった。そこで、完成させた絵の生き物は生命を持ってしまうので、あえて描かなかった片目を入れて飛び出してきた虎や竜を捕まえて、高値で売ろうと考える。しかし、その捕まえる役目は贋作の武士(ニセモノなのでペラッペラ)なので上手くいかない。はじめは凸凹コンビの珍道中みたいな感じなのだが、竜に目を描いてからはグッとシリアス方面にシフトしていく。特に贋作武士が雨に濡れて溶けかけながらも、なんとか百録のために医者を探そうとするところは不意の展開に感動してしまった。

・子がかわいいと竜が鳴く
人と竜の話。描き下ろしの一作で、コミックナタリーの特集ページ内で読むことが可能になっています。病床の王のために竜のウロコを探すシュン王子と、その道案内をすることになったヨウという女の話。ヨウは恨みをモチベーションにしているという、九井作品にしては珍しいキャラ。その正体を現し始める竹林~断崖のシーンは妙な緊張感があってよかった。この話の後日談というか、子竜とのその後みたいな話も読んでみたい。あとシュン王子も、そのクソ真面目なバカ正直さを曲げなかったのが良かった。

・犬谷家の人々
人と人の話。代々超能力を使える家系の犬谷家。双子のありさとゆりかが能力に目覚めた記念のパーティーを開くことになったが、その場に大学生探偵の銅田一耕助が現れて…。ミステリのフォーマットを逆手に取ったコメディテイストの強い一作。超能力を隠そうとして行動が不自然になってしまう犬谷家の面々と、なんでも殺人事件に結びつけてしまう探偵脳の銅田一君のズレたやり取りが面白かった。特に、父親の「雨で屋上から足をすべらせたのかー」のセリフの横に書き文字で「すべらせたのかー」とダメを押しているところ。



前作からの路線を進化させた『竜の小塔』や『わたしのかみさま』のほかにも『狼は嘘をつかない』『犬谷家の人々』のようなテクニカルな構成のものもしっかりと描き上げてしまうという、作者の力量の深さを感じさせられました。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/10/17(水) 12:00:37|
  2. 九井諒子
  3. | コメント:2

コメント

テレビドラマで見てみたい

犬谷家の人々は、「トリック」みたいな
特撮もチープな感じにしてテレビドラマで
見てみたい気もしました^^

金無し白禄では、父子の愛情があの武士によって蘇って、
なおかつ白禄があの武士にも同じように愛情を感じるのが
とても良かったです。個人的に一番好きなお話。
  1. 2013/03/28(木) 00:43:36 |
  2. URL |
  3. tomtanaka #FR6wCi5I
  4. [ 編集 ]

Re: テレビドラマで見てみたい

> 犬谷家の人々は、「トリック」みたいな
> 特撮もチープな感じにしてテレビドラマで
> 見てみたい気もしました^^

実際にTV化するなら、世にも奇妙な物語の1エピソードという感じでしょうか。

> 金無し白禄では、父子の愛情があの武士によって蘇って、
> なおかつ白禄があの武士にも同じように愛情を感じるのが
> とても良かったです。個人的に一番好きなお話。

自分も、この話がいちばん好きです。個人的な『エピソード・オブ・ザ・イヤー2012』を獲得したほどです。


tomtanakaさん、コメントありがとうございました。




  1. 2013/03/29(金) 12:37:41 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad