晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 29号の感想

チャンピオンの感想です。表紙は囚人リク。グラビアは紗綾さんです。


・バキ外伝 創面/板垣恵介&山内雪奈生
フルカラー袋閉じ。別チャンに続く第0話で、花山が学ランを買う様子が描かれています。

・囚人リク/瀬口忍
2週連続カラーの2週目で巻頭カラー。革命の闘士・田中一郎からの問題に頭を悩ませるリク。なんとか答えを導き出して正解をもらうが、この方法って『顔を知っている看守』だと通じないような…。今回は、天野のやさしさとか菅の一発芸が良かった。あと、あの爺さんは田中一郎の仲間のような気がする。

・弱虫ペダル/渡辺航
今泉と最終形態(スソとソデをまくり上げる)に進化した御堂筋のデッドヒート。2人はかなりスピードに乗った状態で下り坂に突入する。下り坂? 何週か前に『あとは上りだけ』みたいなことを言っていなかったっけ?

・侵略!イカ娘/安部真弘
アニメ版で早苗役の伊藤かな恵さんのグラビアとインタビュー付き。本編のほうは、イカ娘のメッセージボトルが、やたらと壮大なことになってしまう。そのキッカケになった女の子がプリキュアの影響を受けている気がする。

・バチバチBURST/佐藤タカヒロ
相撲部屋の慣習にまったくついていけない丸山君。なんか『カマボコ』とか『ハァちゃん』みたいな業界用語が多い気がする。再開のときのアンケートで、そういう要望が多かったんだろうか? 常松は、空流を内側からツブすために送られた刺客のよう。ということは、王虎とつながっているのか?

・クローバー/平川哲弘
前田がむかしの華咲にこだわる理由があきらかに。『悪には悪の救世主が必要』ってことか。しかし、掛け持ち連載を始めてからストーリーの進みが遅くなった気がする。

・範馬刃牙/板垣恵介
刃牙と勇次郎の殴り合いが続く。イベントで作者が「あと10回くらい」で終了することを明言した。残りわずかだというのに、ハッキリと終わりが決まっているわけではないんだな。

・バイオハザード~マルハワデザイア~/カプコン&芹沢直樹
印刷の関係もあるんだろうが、薄暗い地下の場面は見づらくて仕方ない。ビンディの姿が消えてリッキーの前には、情報を伝えてくれた作業員がゾンビ化して現れる。そして教授とタヒルの前にもゾンビ化したレイが。フードの女もいるし、状況も分かりにくくなってきた。

・ガキ教室/小沢としお
最後のページを見ると「小沢としお作品」を読んでいるんだなという安心感がある。シノケンたちがこのまま問題を起こすと、晶の嫌いな『自分に面倒をかけるガキ』っていうことになるけど、だからって見捨てはしないだろうし、どうするかな?

・聖闘士星矢ND/車田正美
カインとアベルの出たり消えたりがちょっと面白かった。そして瞬は獅子座のカイザーと遭遇。この時代の獅子座の聖闘士は、聖衣を纏った巨大なライオンを飼っているが、瞬は簡単に手懐けてしまう。次週は、この2人の対決か。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
名前の覚えられない地味っ娘3人組が足をつる話。ちなみに、足をつっているときに指を曲げようとすると逆に上にピーンとなって、ちょっと面白いです。

・スポ×ちゃん!/竹下けんじろう
かすみとリリイの対決は、緊張感があって良かった。リリイが菜花に負けたのは、全敗させないための温情か。なんとなく短期連載の雰囲気を感じていたけど、次週はカラーだし軌道に乗ったのかな?

・シュガーレス/細川正巳
卜部は、自分だけが置いて行かれたような焦りを感じるが、そこに正門が現れて岳とバトル。あのトーナメントは、まだ有効なんだな。

・空が灰色だから/阿部共実
スカートめくりから、1人の変態が生まれる瞬間。ヒザ裏フェチだったら、まあ、なんとか犯罪にならないように需要は満たせそう。なんとなく、第9話『夏がはじまる』を連想した。たぶん同じ学校だし。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
新潟のキャンプの様子。小次郎の加入が正式に決まり、越後獅子とジャンボの参加も判明。次週からは、いよいよ試合が始まりそう。

・りびんぐでっど!/さと
ホレ薬が異様に効いてしまい、圭太と夢のような時間を過ごすあんりちゃん。いい感じにラブコメってますね。

・秘みこさまー!/吉沢緑時
期待を大きく(?)外すスベリ回。別にこの内容だったら、邪馬台国とか卑弥呼とかいうシチュエーションはいらないじゃん。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
FKは追い風のせいで変化しきれずにわずかに外れてしまう。試合開始のときのエンド決めが、こんな形で伏線になっているとは。そして市蘭の反撃は、ふたたび『尾上が成田にクロスを入れるのか?』状態に。今回はパスするんじゃないだろうか?

・ちぐはぐラバーズ/鈴木央
まず、本当の最終回は来週ということで、ズコー。そして覚醒無心に対してアヴァロンの騎士が3人がかりで互角の戦いをしていて、あの前評判の高さは何だったのか? という感じに。爽さんも、ずいぶん素直に「はい!」って言ったな。

・てんむす/稲山覚也
メイ子の作戦によって差が広がったように思えたが、逆に遊が差を詰めていく。久しぶりに哲の『実家がそば屋』設定が生きた感じ。

・さくらDISCORD/増田英二
合宿のシメとして夏祭りに繰り出す。ノ宮がドーナツを好きなことにも理由がついたし、もう解決しなきゃいけない事柄がほとんど残っていないような…。

・ラッキーストライク/乾良彦
亀塚リトルをイチから作り上げた『あきらめの悪い』衣笠の執念の一打で、一挙に3点が入り逆転する。最後の守備で健太は、どういう投球をするか?

・ましのの/八谷美幸
最終回。まあ、あまりダラダラ長く続けるタイプの話でもないし、いい終わり時だったのかも。枠外での各キャラのコメントも良かった。次回作を期待します。

・木曜日のフルット/石黒正数
梅雨の季節でアウトローキャッツが困ること。最後のフルットは、第1話のセルフパロだな。


ましののが今週で終わり、ちぐはぐラバーズが来週で最終回。バキはあと10週で、聖闘士星矢、バイオハザードは長く続かないだろうから、大きな連載陣の入れ替えがありそう。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/06/15(金) 19:30:05|
  2. チャンピオン 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad