晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 20号の感想


週刊少年チャンピオン 2012年4月26日号 NO.20週刊少年チャンピオン 2012年4月26日号 NO.20
(2012)
秋田書店

商品詳細を見る



チャンピオンの感想です。表紙はクローバー。グラビアは、ドラマ版のヒロインの有村架純さんです。


・クローバー/平川哲弘
2話掲載+袋とじでドラマのストーリーダイジェストの3倍祭り。内容は、イージス竹下さんの真木への釣りのアドバイスが、トモキへの恋のアドバイスにもなっていて面白かった。でも、このままハッピーエンドというわけにはいかないんだろうな。

・ドラマ クローバー撮影現場レポート/沼田純
帰ってきたNJのドラマ版クローバーの撮影現場レポート。そして『スーパーバイトJ』の第3巻が、7月に発売決定。なんだよ、やればできるじゃないかチャンピオン!

・スポ×ちゃん!/竹下けんじろう
センターカラーで新連載+2話掲載。金髪ハーフの宮本さんが黒髪剣道少女の佐々木さんを『スポーツチャンバラ部』に誘い、入部をかけてスポーツチャンバラ対決をするという内容。細かい説明をほぼ省いた構成で、つかみとしては悪くないと思う。あとは、どんどんキャラを増やしてニギヤカにしていく感じか。あと、宮本さんの一撃がブライアン・ホークのよう。

・弱虫ペダル/渡辺航
山岳と御堂筋君の対決が続く。山岳の特殊能力は『自然の力を利用すること』か。そして、2人はトップに近づきつつある。そこに坂道も加わりそう。そうすると、なんとなく福富さんが逆に場違いのような気がする。

・範馬刃牙/板垣恵介
結局、いまどっちが優勢なのか分からなくなってきた。アオリを信じるとボチボチ決着っぽいけど、次週ぜんぜん違うところに話が飛んでいても不思議ではない。

・シュガーレス/細川正巳
幕間のエピソード。なぜか同じ病室に放り込まれたマリモと正門と宮華と、あと2人。九島でケンカをしても教師が出てこないのは、まぁイイとして、病室で暴れても医者も看護師も出てこないことにちょっと違和感。いちおうマリモvsシロと岳vs正門の準決勝は生きている模様。

・ガキ教室/小沢としお
シノケン、ガリベンみたいな雰囲気だったけど野球部なんだな。まあ、説明係として入れられたという感じか。ピロアキのグローブが盗まれる問題が発生するが、松田が犯人と思わせての、実は土井が…パターンか。菊地さんが酔っていても鋭い発言をする感じで。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
オファーがこないので、勝手に3倍祭り。いろんなものが3倍になる。国会議員のアレも3倍になる。なんか、頼めば5倍祭りくらいはできそう。

・ちぐはぐラバーズ/鈴木央
アヴァロンでのお茶会で、モルガンと無心の関係を誤解してしまう爽さん。無心は、爽さんを守りたいと思いながらも泣かせてしまったことから、強くなるためにアヴァロンの門を叩く。なんだか、ジャンプっぽい展開。タイトルの『ちぐはぐ』をこういう意味で使ってくるとは意外だった。退学を言い渡されたガラハドの行動がポイントかな。

・侵略!イカ娘/安部真弘
大賑わいのビーチで置き引き犯を捕まえる悟郎。なんか、イカ娘はいいように使われて終わってしまった。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
やはり、乾のPKは失敗。市蘭イレブンは気落ちするだろうが、数的優位に立っていることを忘れないでほしい。

・空が灰色だから/阿部共実
はじめは、失恋した高2男子を友人の男子1人と女子1人でなぐさめているけど「きっぱり忘れるべき」「1回であきらめるべきではない」と違う意見を言ったところから、どんどん会話がすれ違っていく。そして、最後には不思議な三角関係が完成してしまった。読み終わったあと、最初のページに戻ると「どうして、こうなった!?」と思う。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
小次郎勧誘編。小次郎が6年ぶりに投げた硬球のスピードは137キロ。それでも、鉄五郎は「プロ決定」と言う。その心は?

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
エルシドとフェルサーの対決。観衆の熱気を喰らう夢神ボペトール、次元を切り裂く斬桜鬼がエルシドを追い詰めていく。次週で決着か。

・てんむす/稲山覚也
集中を高め食べ進めていた立浪部長だが、さらに高い集中力で食べる赤西部長の鬼の形相を見て集中が切れてしまう。結末は尾張大付属の勝利。これで結日高側は、かなりキツくなった。天子は熱い食べ物に苦手意識を持っているし、二子と遊で2勝。総量対決に持ち込むか?

・りびんぐでっど!/さと
引き続き、あいすちゃんの話。もなこの日常を追跡する。だけど、結果的には青山君が世話をする人が、また増えたという感じ。ツボだったセリフは「アンブレラ社よりひどいわ」。

・ハンザスカイ/佐渡川準
優勝した御門。いままで感じたことのない喜びに戸惑う半座が良かった。

・さくらDISCORD/増田英二
引き続き、さくら同士の水合戦。今回は住吉も青春してしまっているので、なんだかみんな暑苦しい。次週は、島がノ宮に告白。

・ましのの/八谷美幸
ましのと室井さんの過去の思い出。(このマンガの中では)いい話で終われそうだったのに、野村さんが台無しに。本当に婦女子の欲求は底なしやで。

・琉神マブヤー/丸山哲弘
今度は、女マジムンのヒメハブデービルが登場。女性を攻撃できないマブヤーとガナシーを倒し、マジムンのトップを名乗る。そこに反発するマングーチュとのあいだに歯車的砂嵐の小宇宙が巻き起こる。これは、あおいちゃんが3人目のヒーローになるのかな?

・ハツゴチ!!/金井大紀
読み切り。公衆トイレで暮らす男の話を描いた人。今回は『初給料で母親にごちそうする』という、それだけの内容。8ページしかないし、こういう構成で良かったんだと思う。あとは、人物の描き方がもっと上手くなれば。

・ラッキーストライク/乾良彦
千葉マイケルは、サイドスローで打たせて取るタイプの投手。ブンブン振り回す亀塚にとっては最悪の相性か。おそらく新堂から荒川南ナインには健太の弱点が伝えられているだろうから、打ち込まれることになりそう。

・木曜日のフルット/石黒正数
闇の商人が登場。のぞき穴と吹き出しの使い方が最高に上手い。マンガだからできる見せ方だと思う。


来週は、囚人リクが連載再開で巻頭カラー。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/13(金) 16:02:27|
  2. チャンピオン 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad