晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

木曜日のフルット 第2巻の感想

木曜日のフルット(2) (少年チャンピオン・コミックス)木曜日のフルット(2) (少年チャンピオン・コミックス)
(2012/04/06)
石黒正数

商品詳細を見る


週刊少年チャンピオンの巻末をゆる~く彩る『木曜日のフルット』の第2巻が発売されました。感想のほうは、サクッと。

・今巻では、フルカラーの温泉回、フルットの最大の闘いが描かれた4ページの長編『魔犬の巻』、月刊チャンピオンとエレガンスイブ(の付録)に掲載された出張版、小原愼司、トニーたけざき、中村佑介、あらいけいゐち各氏によるタイトルとイラストの提供、そして第1巻で収録が見送られた幻の『多面人』の回が収録されています。第1巻にくらべて鯨井先輩、フルットともキャラとしての魅力が深まり、より内容が充実していると思います。どこからでも読み始められて、どこでやめることもできる。まさに枕元に置いておくのに最適な一冊と言えるでしょう。

・この巻だけでなく、フルット全体で個人的にベストエピソードだと思っているのが『宇宙要塞の巻』。鯨井先輩が白川先生におごってもらった「思わず『宇宙要塞』ってつけたくなる名前のタイ料理」を思い出そうとするというエピソード。頼子があげる料理名に鯨井先輩が的確な言葉をつけていくのが(ラープムーに怪鳥とか)イチイチ的確すぎて、最高に面白いです。

・また、この巻で収録を見送られたのは前巻に引き続き、リアル鯨井先輩の話と、フルットたちが合体してデンに挑む話、宝くじの話の3本です。他2本はともかく、リアル鯨井先輩の話はお蔵入りと考えていいのかも。それか、最終巻の最後に収録するとか。

・帯でフルットが「おひさしぶりすぎ!」と言っているように、第1巻が発売されたのが2010年10月のことなので、実に1年半ぶりの新刊ということになります。このペースでいくと第3巻が発売されるのは、2014年末ということになります。ブラジルで、サッカーのワールドカップが開催される年ですよ。

鯨井先輩カラス
いちばんイイと思ったタイトル下のイラストは、カラスコスプレの鯨井先輩。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/04/08(日) 21:28:07|
  2. 感想
  3. | コメント:2

コメント

みんながカラオケに行った際
頼子が歩鳥と同じ「イチゴのオムライス~」
という歌を歌ってましたね。^^
  1. 2012/04/17(火) 12:03:16 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> みんながカラオケに行った際
> 頼子が歩鳥と同じ「イチゴのオムライス~」
> という歌を歌ってましたね。^^

もう、石黒作品の中の定番の歌になりそうですね。
『木曜日のフルット の小ネタ』という別記事もありますので、そちらも参考にしてください。

コメントありがとうございました。






  1. 2012/04/18(水) 08:25:46 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad