晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 13号の感想


週刊少年チャンピオン 2012年3月8日号 NO.13週刊少年チャンピオン 2012年3月8日号 NO.13
(2012)
秋田書店

商品詳細を見る


チャンピオンの感想です。表紙は新連載の『バイオハザード』。グラビアはAKB48の仲川遥香さんです。


・バイオハザード~マルハワデザイア~/カプコン&芹沢直樹
新連載。アジア最大の名門校マルハワ学園で起こったバイオハザード。その真相を解明するために細菌学の権威・ダグ・ライトと甥のリッキー・トザワがやって来て、対バイオテロ特殊部隊のBSAAも動き出す…。という第1話。今回は、登場人物と部隊の説明という感じ。絵柄はキレイだが、全部PC上で作画しているのか人物のポーズがカクカクしているみたいなのが気になった。あと、すくなくとも最初にt-ウイルスに感染した生徒を鎖で拘束した誰かがいるってことだよな。

・弱虫ペダル/渡辺航
『エース宣言』をした今泉の覚悟の走り。これで、今泉vs福富。巻島vs東堂。坂道vs山岳とマッチアップがはっきりした。あとは御堂筋君が、どこで絡んでくるかだな。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
花丸木と桜の友達の椎名弥生のやりとり。今回は、花丸木の見事な脱ぎっぷりがあまり見られなかったのが残念。最近、脇役メインの話が多いと思う。

・囚人リク/瀬口忍
「山岡がどう動いたのか?」懲罰房の中でジリジリと考えを巡らせるレノマ。話に乗ったフリをして、そのウラをかこうとする山岡。レノマの暗号文が伝わっていく流れ。と、今回は、アツい見せ場がたっぷりだった。山岡が若いころに建築家を目指していたというのが、ニセの見取り図を描くことの伏線になっているんだな。

・りびんぐでっど!/さと
単行本発売記念カラー。きゃりーぱみゅぱみゅのコメントつき。勉強会をしていたアンリちゃんが青山家にお泊りすることに。なにかとイベントを発生させようとしている両親が面白い。もなこの感謝の感情とか、まだラブコメ路線は続いている様子。雪で寒い → 鼻水が出尽くす → もう長くはない。というもなこの思考がツボ。

・範馬刃牙/板垣恵介
部屋の中でハンマーを振り回す室伏。今回は、これにつきる。

・侵略!イカ娘/安部真弘
人外とは普通に話ができる鮎美ちゃん。なんと、犬のアレックスと会話できることがあきらかに。イカ娘の「おぬしのほうがよっぽど人外でゲソ!!」のところで終わっておいたほうがよかったような。

・クローバー/平川哲弘
あまり話が進まなかった。ケンカの終わった真木が釣りベストを着なおすのが面白かった。

・バチバチ/佐藤タカヒロ
膝をひねれない吽形は、ただ前に出ることしかできない。阿形もそれに正面から応える。見応えはたっぷりだが、ちょっとクドイ感じもある。次号で決着か。

・てんむす/稲山覚也
狐塚さんのトラウマは、一方的な思い込みだった。そして、新しく『天娘のお願い事』という設定が登場。天子は優勝できたとして、何をお願いするんだろう?

・ガキ教室/小沢としお
教室内で傍若無人な振る舞いをする真鍋と竹本の家を家庭訪問することになる晶。特にふれられていないけど、2人のあいだの地味な女子は、代わりにノートをとっているのかな?

・ドカベン/水島新司
2011年シーズンがスタート。山田の婚約者一家がドームで野球観戦。山田は、メールで約束したホームランを打つ。しかし、里中、山田、星王、殿馬、サル、岩鬼、山岡、義経、足利と変わり映えのメンバーを見て、どうにかならないものかと思う。

・空が灰色だから/阿部共実
どこかの暗闇に閉じ込められた女の子の的外れな推理。来週オールカラー+もう1本掲載なので、今週は背景を省略してみたんだと邪推する。あと『高校生の飲酒』とかいう理由で単行本の収録が見送られそう。

・琉神マブヤー/丸山哲弘
オニヒトデービルは引力を操れるが、頭が悪かった。能力をコントロールできずどんどん上昇していくマブヤーたち。そこから新必殺技の『太陽灸』を使う流れは燃えるが、ちょっと唐突な気もする。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
乾の「99回無駄に走れ」という言葉を思い出した成田にパスが通る。こういう過去の積み重ねが生きるのはいいな。

・聖闘士星矢LC外伝/手代木史織
黄泉比良坂でのマニゴルドとアヴィド最終対決。悪には、悪のポリシーがあるということか。次週からは、山羊座のエルシド編がスタート。

・シュガーレス/細川正巳
アノニムを倒したものの、岳も力尽きてしまう。九島を目指すヒュウゴは見境なし。たぶんシャケと会う前に誰かが邪魔をするはず。シロとか。

・ラッキーストライク/乾良彦
梅宮のピッチャーライナーを顔面に受けて目が腫れる健太。コントロールを乱すが、自分でまぶたを切って血を抜いて視界を確保する。その姿を見て芝岡リトルのその他のメンバーが心を入れ替える。なんだか、恒実ちゃんの恥ずかし画像とか、どうでもよくなってきたな。

・ハンザスカイ/佐渡川準
もの凄いトリッキーな動きでポイントを重ねる能登。それに青柳との練習を思い出して対抗する財前。激しい攻防だが、団体戦なので勝敗が読めてしまうのが難しいところ。

・さくらDISCORD/増田英二
芽吹兄が妹を追い込もうとする理由が明らかに。そして、立ち向かう丘。完全に主役の座をゲットしてしまっている。

・木曜日のフルット/石黒正数
ネコの縄張りとTPP問題を絡めた話。今回登場したバンクというネコは、鯨井先輩が貯金したことで生命をさずかったアイツだろ。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2012/02/24(金) 14:14:35|
  2. チャンピオン 2012
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad