晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

外天楼 の感想

外天楼 (KCデラックス)外天楼 (KCデラックス)
(2011/10/21)
石黒 正数

商品詳細を見る


石黒正数の最新作『外天楼』がはつばいされました。『そとてんさくら』ではなく『げてんろう』と読みます。年3回発行のミステリ文芸誌・メフィストに掲載されていたもので、08年から今年まで足かけ4年に渡る連載が1冊にまとまったものです。

・カバーと帯
本編の感想の前に、単行本の装丁の話を。カバーがザラザラした独特の手触りで、とても気持ちいいです。帯には『魔法少女まどか☆マギカ』『化物語』『さよなら絶望先生』の新房昭之監督からコメントが寄せられています。なにか、代表作が1つ抜けている気がしないでもないですが、あまり深く考えるのはやめておきます。

ここから本編の感想です。ネタバレ、大アリです。




・第1話 リサイクル
扱われるのは『日常の謎』。舞台は、近未来。有害なサイトを規制する法律のせいでエロいモノを見るのに苦労する中学生3人組が、拾ったエロ本の元の持ち主を推理します。オチの『エロ・カースト』とか「いつもの石黒短編のノリと思うほど、作品のエンディングとのギャップに驚かされます。一度読み終わってから読み直すと、この時点から伏線がタップリ仕込まれていることに気づかされます。08年に描いたネタを今年になって回収するまで、作者はどんな気持ちなんだろう? 「しめしめ」とほくそ笑んでいるのだろうか。何らかの事情で作品が発表できなくなる恐怖とかはないんだろうか?

・第2話 宇宙刑事vsディテクト
こういうのは『回想トリック』とでもいうんだろうか。悪の組織のミルダ参謀と、正義を守る宇宙刑事ズバンが戦っている現場で一般人の死体が発見され、その殺人犯を宇宙探偵ディテクトが暴くというミステリの体裁を借りたコメディという感じです(途中までは)。「11人いる!」ネタとかは、やっぱり笑ってしまう。また、第1話から10年経過していることが語られるんですけど、それも『石黒作品は、時系列がバラバラ』という先入観をからの思い込みを助けるモノになっていると思います。

・第3話 罪悪
いわゆる『叙述トリック』モノ。この話の主人公の女の子をどういう存在と捕らえるかで、印象がガラリと変わってしまう。一度読んだ後だと、セリフの端々にヒントが書かれていることに気づきます。最後の1コマは『それ町』や『フルット』と同じ作者とは思えないダークさというか、ちょっとした恐怖を感じました。

・第4話 面倒な館
いかにもミステリな『密室トリック』『館殺人』が扱われます。この話で『外天楼』の名前が初登場します。ワケありの住人が住む集合住宅・外天楼の一室で見つかった男の死体。新人刑事・桜場冴子の推理の荒唐無稽さテンションの高さが面白いのですが、ここからあの最終回につながると想像できた人は1人もいないでしょう。時系列は、1話 → 3話 → 2話 → 4話以降という感じなんですけど、その中で姿の変わらない少女がいることに、このあたりで気づいていなければいけないんだろうな。

・第5話 フェアリー殺人事件
扱われるのは『ダイイング・メッセージ』。作中の世界ではロボット技術が発達していて、観賞用の人工生命体『フェアリー』も開発されています。その存在を規制すべきか否か?という討論会場で、人工生命学の権威・鬼口獰牙が殺されます。桜場が、容疑者の名前がちょっとでもダイイング・メッセージにちなんでいったらポイントを加算していって犯人を特定しようとしたり、実際に謎を解いたのが鑑識だったり(こいつの外見もミスリードの役割を果たしている)、ミステリっぽくないテンションの高いやり取りが面白いです。ただ「芹沢博士と連絡が取れない」とか「鬼口に娘がいる」といった重要な情報が、何気ないセリフの中に隠されているのも見逃せないところです。

・第6話 容疑者Mの転身
扱われるのは『アリバイトリック』。1人の少年が鬼口を殺したと自首しますが、その供述はあいまいなものでした。この少年は、かなりのAKIRAタッチなんですけど大友克洋作品に、こういう話のものがあるのだろうか? この話では、桜場がカツ丼を取調室に持っていって自分で食べたり『故郷作戦』や『神対応』と、まだ笑えるネタがあるんですけど、ラストでロボット工学の芹沢博士の死体が外天楼で見つかったという報告が入ったことから、一気にクライマックスにむけてストーリーが加速していきます。

・第7話 鰐沼家の一族
芹沢の死から鬼口獰牙のもう1つの顔が浮かび上がり、それが第1話から登場している鰐沼アリオにつながっていることが明らかになったり、これまで散りばめられてきた伏線が次々と浮かび上がってきます。鬼口がくり返す「そういう病気なんだ」というセリフは、キリエのことを説明しているのではなく、自分のことも言っているような気がしました。しかし、鼻メガネだけで変装したつもりの鬼口はどうかと思うし、それを疑問に思わないアリオも相当なものだと思う。

・第8話 キリエ
アリオと対峙する桜場。アリオは「やることがある」と言うんですけど、これは具体的に何をしようとしていたのかが気になります。開発者を殺し資料を処分したあとは、やっぱり自分たちの存在を消すつもりだったんでしょうか? 回想の中の芹沢の言葉から、一見ストーリーとは無関係な第3話の少女や第4話で死亡していた男も、ストーリーを構成する重要な1ピースだったということに驚かされます。まあ、でも一番の驚きは、第1話からの芹沢の外見の変化なんですけど。

・最終話 アリオ
怒涛の最終回。鬼口の狂気、アリオ誕生の秘密、第5話の真相と一気に謎が明らかになっていく過程に圧倒されます。ラストの雪のシーンは、まるで映画を観ているような感覚に襲われました。やっぱり衝撃だったのは、桜場の最期。たった2ページ前では「人情派刑事路線で行けるかもしれないっス」って言っていたのに。『ザキン』という効果音と傷口から出血していないことを考えると、彼女もロボットだったんだろうか?


自分が重度の石黒正数信者だということを差し引いても、傑作と言っていいほど内容が濃くストーリー構成のレベルが高いと思います。売上ランキング1位になったり、何かの賞に輝くことはないかもしれないですが、それでも長く読まれていく作品だと思います。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/10/23(日) 16:18:10|
  2. 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/504-a7c90e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad