晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

GIANT KILLING 第21巻の感想

GIANT KILLING(21) (モーニングKC)GIANT KILLING(21) (モーニングKC)
(2011/10/21)
ツジトモ

商品詳細を見る


ジャイアントキリングの最新刊が発売されました。
この巻も、前巻に引き続き山形vsETUの熱戦が展開されています。ちゃんと計算はしていないですけど、第19巻から始まった山形戦は、ジャイキリ史上最長の対戦になったようです。表紙のデザインは、第20巻と対になるデザインになっています。

・♯198
小森システムに変更したものの、ETUに上手く対応され攻撃のリズムがつかめない山形。山形側の飲んでいるドリンクが『DYNAMO』なのがいい。昔、若いころの達海がCMをやっていたヤツ。

・♯199
押しているうちに追加点を奪いたいETU。そんな状況の中で達海が言う「ウチに不利な点」とは? 山形は、ポジションを一列上げたメンデスがジーノに向かってドリブルを仕掛ける。そこから、フリーになった小森へパスが通る。極端な話、山形はコレを繰り返していれば勝てると思う。オマケページのジーノの「これってボクのせいじゃ… …ないよね」に腹がたつ。

・♯200
記念すべき200回目。ノールックでアウトサイドのパスを出した小森も、至近距離からの丸岡のシュートをセーブした佐野もスーパープレーだと思う。前話の達海の言葉の答えは「試合スケジュールの違い」だった。中3日でホームの山形、対し中2日でアウェイのETUはコンディション面に不安があった。

・♯201
スタミナの切れた堀田が後ろから瀬古を倒してしまい、一発レッドで退場。ETUは10人になってしまう。そして、山形のセットプレーからゴール前が混戦に。最後に押し込んだのは、ケン様!

・♯202
1コマ目、ポスト際をケアするふりをして、特に何もしていないジーノが笑える。ケンが同点ゴールを決めたことで、スタジアムを巻き込んで完全な山形ペースに。ETUは、世良に代えて殿山を投入。オマケページで審判に気づいてもらえない殿山が面白い。

・♯203
この話から、清川と石神のサイドが入れ代わる。しかし、殿山のステルス性能は恐ろしい。味方の黒田も気づかないとは。123P1コマ目で小森にチェックして足だけ見えているコマも味わい深い。達海が宮野に支持を出す前にピッチ全体を観察する流れが、とてもいい。なんか好きだ。

・♯204
ETUはベタ引きの守備。ボールを取っても攻めるのは、宮野と夏木の二人だけ。しかし小森も殿山のことを気にしすぎていてリズムを崩してしまう。オマケページで同い年の宮野を応援する椿が微笑ましい。

・♯205
ETUがガッチリ守備を固めているので、山形は得意のスピードを使った攻めが出来ない。管野に代えて高さのある米田を投入するが、いきなり競り合いに弱いことが発覚してしまうのが、妙にリアルだと思った。お前、ガタイがいいんだから、もっと体張れよと思う。

・♯206
東京居残り組の椿イジリが面白い。特に矢野。でも、確かにこのシチュエーションで椿がいれば、だいぶ展開は違っただろうな。達海が小森システムにおけるケンの重要性を説明するところは、なるほどと思った。あと、堀田はベンチの後ろから声を出しているけど、コレってルール違反だと思う。

・♯207
清川に代えてガブリエルを投入。交代するときの清川の憎まれ口がなんか良い。システムも3-4-2に変更。しかし、ガブの最初のプレーはトラップミスからピンチを招いてしまう。でも、だからといって山野さんの「監督として最低だ達海!」ってセリフはどうかと思う。あんた、いままで、達海の何を見てきたんだと。


山形vsETUの決着は次巻へ持ち越し。そして、すぐさま川崎戦が始まるのです。



ETU

          23佐野
 5石神  3杉江  2黒田  16清川
     6村越       10ジーノ
  8堀田               20世良
       18宮野   11夏木
#199の作戦ボードより。堀田が瀬古をマークするためにジーノとポジションを変えている。


          23佐野
 16清川  3杉江  2黒田  5石神
   30殿山   6村越   10ジーノ

  18宮野     11夏木
堀田退場、殿山投入後のETU。攻めるのは、前の2人のみ。殿山が小森を石神がケンをマークしている。


         23佐野
   3杉江  2黒田  5石神
17ガブ  30殿山   6村越  10ジーノ

   18宮野  11夏木 
ガブ投入後のETU。システムは3-4-2。右サイドからの突破を狙っている。



モンテディア山形


        1野村
  14村田  22大倉  4中野
 6長谷川  3メンデス  8瀬古
    11古内    5小森
   23丸岡       13米田
第21巻終了時の山形のフォーメーション。3-3-2-2という感じ。メンデスが中盤に上がり、管野に代わって米田が入った。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/10/22(土) 14:49:54|
  2. GIANT KILLING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/502-3bef9fc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad