晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

GIANT KILLING 第20巻の感想

GIANT KILLING(20) (モーニングKC)GIANT KILLING(20) (モーニングKC)
(2011/07/22)
ツジトモ

商品詳細を見る


ジャイアントキリングの最新刊が発売されました。

・表紙
サックラーをメインに山形とETUの選手が混在しているデザイン。これは確実に達海メインの第21巻とつながる形になるでしょう。でも、山形のユニフォームは青と白のストライプだと思っていたので、青と黄色だというのが意外だった。国見カラーか。

・♯188
ETUが攻め続けるが、赤崎の無謀なドリブルで流れが悪くなり、段々と山形ペースに。ETUのクラブハウスでテレビ観戦する居残り組の椿イジリが面白い。

・♯189
サックラーの回想。その①。運動神経はないが、幼いころからサッカーを見る目を持っていたサックラー。いわゆる少年サッカー特有の『ワーワー』状態から離れてパスをもらおうとしたり、カウンターの方法を考えていたり。なんとなく、探訪編の小学生のころの椿とダブる。そして、大学生になったサックラーはプロ1年目の達海のプレーに衝撃を受ける。

・♯190
サックラーの回想。その②。達海と自分のサッカー観に共通点を見つけ、ピッチに立ちたいという情熱が甦ったサックラーは、指導者になることを決意する。事務のアルバイトから育成のコーチ → 育成の監督 → トップチームのスタッフ → そして監督とちょっとしたサクセスストーリー。このあたりは、モウリーニョとか日本だと三浦俊也あたりを意識したのか。しかし、サックラーのサッカー技術で、よくS級のライセンスを取れたな。

・♯191
達海と対等の立場で戦えることに喜びを覚えるサックラー。山形の選手たちも、ETUの攻めに慣れてきた感じ。しかし、村越のミドルの威力は、かめはめ波くらいあるんじゃないか? それくらいの描写。

・♯192
ケン様、輝く(プレーで)。メンデスからパスを受けると、一度丸岡を経由して、佐野が反応できないバー直撃のシュート。スタジアムは完全に山形のイケイケムードにしかし、副会長はETUがゴールできない理由を後藤に聞いても仕方ないだろ。昨日今日サッカーを見始めたわけじゃあるまいに。

・♯193
試合中なのに寝るという達海。さすがに、この描写はどうかと思った。「想定内すぎてアクビが出ちゃった」ぐらいで良かったんじゃないだろうか? そして、清川のパスから世良のシュートが唐突に決まる。122Pのジーノ、堀田、村越が並んでいるコマの安定感は異常。

・♯194
世良のゴールシーンの解説を、いろんな視点から。確かに世良は立ち上がりからのETUの攻めの中でもあまり目立っていなかったし、清川は意外とロングパスの正確性がある。必然のゴールか。124Pでメンデスが大倉に注意していれば防げたのかもしれないが、瀬古とか丸岡はハイな状態だったから、やっぱり無理だったのかも。そして前半が終了。

・♯195
羽田のモノローグは、長年チームを見てきたからこそ『優勝争い』じゃなくて『上位に食い込む』なんだな。ロッカールームの赤崎は椿にジェラシーを抱いているけど、これは今後なにかの伏線になるのか? ETUとは反対に重い空気の山形の控え室。サックラーが声をかけたのは、小森。

・♯196
山形にゲームメーカーがいないと山井さんは言うが、サックラーは小森にボールを集める作戦で後半を戦う決断をする。小森はサックラーを見下していて、いわゆる不満分子だが、それでもゲームの行方を託すというところが良かった。個人的な好き嫌いで物事を判断していないというのが。(もちろん、小森の才能を認めた上での話だけど)

・♯197
椿が♯183で言っていた「ミスはするけど上手い」選手は、小森のことだった。その小森にボールを集めようとする山形だが、ETUは村越がプレスをかけたり瀬古へのパスをカットしたり、ことごとく攻撃を潰していく。山形が小森システムに移行するのを見越して先手を打っていた達海。久しぶりに、策士らしさを見た気がする。


・山形戦の決着は次巻(次々巻?)に持ち越し。ただ、初版ステッカーの女性は誰? 世良の彼女?





・ETU

      20世良      11夏木

  10ジーノ             18宮野

      8堀田      6村越

 16清川   2黒田   3杉江   5石神

           23佐野

ETU後半の布陣。赤崎に代わって宮野が右サイドに。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/07/25(月) 15:19:32|
  2. GIANT KILLING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/467-a03b6790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad