晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

週刊少年チャンピオン 30号の感想

チャンピオンの感想です。表紙はノースリーブス。なんか、月1ペースでグラビアやっている気がする。

・バチバチ/佐藤タカヒロ
いままで「バカー」と言っているイメージしかなかった蒼希狼だけど、今回のモンゴル回想編でバックボーンがしっかりした感じ。次の鯉太郎との取り組みが楽しみ。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
フグオが、のり子の背中を直でかくのが、なんかエロかった。

・弱虫ペダル/渡辺航
待宮の操る集団は、京都伏見の2人を飲み込み、さらに加速。総北&箱学の8人は、この集団をバラけさせないといけないと思うんだけど、そういう戦術は自転車レースにあるんだろうか?

・スーパーバイトJ/沼田純
いつもどうりのヨシノさん。サザエの下ネタ → あわれみの目 → 汗だくのページを読んでいると、なんか絵が上手くなったように感じた。次回は、週チャンマスコットガールとコラボだ。すごいぞ、NJ。

・囚人リク/瀬口忍
連載が進むと背が縮むキャラはよくいるが、史郎は逆に大きくなった感じ。2人まとめてブレーンバスターとか、4人を便器にねじ込んだのは面白かった。とても、レノマにキック1発でKOされたとは思えない。

・てんむす/稲山覚也
花ぽん再登場よりも、2回戦の対戦相手の紹介がメインの内容。3年1人、2年2人、1年1人と人数があっているので、それぞれの対戦相手は決まりか。単行本のアンケートで『全国グルメめぐり』みたいな項目があったから、次は相手高のホームでの試合が見たい。

・シュガーレス/細川雅巳
九島に乗り込んだ兼光。パンチ1発で3人をぶっ飛ばす。その前に立ちはだかる岳と卜部。今回は、ただの気絶じゃすまなさそう。文字通り星になるんじゃないか。

・りびんぐでっど!/さと
さすがに、今回のサブタイで『オブ・ザ・デッド』は無理があるだろう。なんか、独特のノリがクセになってきた。

・クローバー/平川哲弘
最初のバスの絵が上手すぎる。やっぱり日常パートのほうが面白い。

・ドカベン/水島新司
打球の行方だけで1話使えるのはスゴいと思う。いい意味で。

・英雄企画ハーフマン/哲弘
集中連載。変身ヒーローになりたい中2男子 犬井一狼。幼なじみでお金もちの猫宮琥恵ちゃんが、悪の組織と変身マシーンを作って夢を叶えてあげようという話。いつもどうりの哲弘節で悪くはないけど、連載としてネタが持つのか心配。

・ナンバデッドエンド/小沢としお
シンヤの行方を探すためにヤクザの梶原の手を借りることにする剛。なんか、だんだん人生の袋小路に向かっているような。

・ましのの/八谷美幸
なんか、いちいちツッコミをいれるのも面倒なほどバカバカしい。トイレのドアが引くタイプなんだから、ロッカー置いてあっても、開けられるだろ。

・モメンタム/濱口裕司
味方も含めて、ゲームはすべて南の術中だった。バスケットカウントワンスローで逆転するのも良かった。でも、次の対戦相手がアレキということは…。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
髪の毛が抜けたマイちゃんが可哀想すぎる。ナンバとこれは、展開がヘビーすぎる。

・私立アサシン学園/佐藤健太郎
新人まんが賞受賞作の読み切りシリーズ第1弾。暗殺者養成学校の話。サンデーとかガンガンに載っていそうな雰囲気。コマの繋がりが分かりにくいところとかあったけど、チュナ先生のオッパイが大きかったので、だいたい許せる。

・木曜日のフルット/石黒正数
今回、題字・イラストを書いたのは、小原愼司。鯨井先輩はカワイイけど、フルットは…。次回は大物と思わせて、ツナミノユウと予想してみる。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/06/24(金) 12:27:45|
  2. チャンピオン 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/456-dc047a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad