晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 25号の感想

チャンピオンの感想です。今週も金曜に購入することができました。流通は戻ったようですね。

・聖闘士聖矢LC外伝/手代木史織
カムバック新連載。ロストキャンバスに登場した黄金聖闘士たちを主人公にした短編シリーズになる模様で、1人目は魚座のアルバフィカ。全何巻になるか分からないけど、単行本の表紙は合わせると黄金聖闘士が集まった一枚絵になるようにしてほしい。

・範馬刃牙/板垣恵介
冒頭の『ピンチ力』が勉強になった。つまり、工具のペンチはピンチということか。

・弱虫ペダル/渡辺航
引き続き広島の待宮のターン。「ホシ」とか「モッてる」とか、レース前から駆け引きは始まっているということか。でも、御堂筋くんに簡単にやられちゃえばいいのに。

・囚人リク/瀬口忍
なかなかヘビーなレノマの幼少時代の回想。ラストの谷村からレノマのピンチが想像される。仲間になる → 弱体化のパターンを崩してほしい。

・バチバチ/佐藤タカヒロ
鯉太郎も渡部も、勝敗以上に課題を感じているのが良かった。蒼希狼とロシア人の取り組みをはさんで、石川vs天雷の対決。これは、どっちが勝つか予想がつかないな。

・てんむす/稲山覚也
デブ2人とガングロのタエちゃんはともかく、メガネッ娘の桃香は名字が元中日の選手(福留)だけに、かなりの実力者と予想される。とりあえず『喰』い道部だと、なぜいけないのか?ということと、部長が持ってきた風呂敷の中身がポイントになるか。あと、平成20年度の話なんだな。

・りびんぐでっど!/さと
今回は、特にゾンビっぽさは生かされてないけど、それでもテンポがあって面白かった。

・ましのの/八谷美幸
今回はジャンピング・ストリップにつきる。てんむす → りびんぐでっど! → ましののの流れは、作為的なものだろうか?

・クローバー/平川哲弘
ボウズの星寅男と真木の出会いの回想。でも、これだと真木は覚えていなくても仕方ないか。

・ドカベン/水島新司
飯島がリンスカムの真似をする。でも、ドカベンの世界でリンスカムは…と思ったが、2010年シーズンならもう活躍していたか。

・ANGEL VOICE/古谷野孝雄
試合はPK戦に突入。しかし、結構サッカーを見ているが、先攻がこんなに有利だとは知らなかった。成田が4人目にいるのがポイントか。

・ナンバデッドエンド/小沢としお
最後のページの猛の姿は、かなりショッキング。今回登場した刑事の植木さん(藤田まこと似)がキーパーソンになりそう。

・モメンタム/濱口裕司
菊苗がダンクに行くシーンはいい感じなのだが、その前にスクリーンをかけた田中のキャラがまったく立ってないので、なんか乗りきれない。

・スーパーバイトJ/沼田純
西森先生がイケメンすぎる。コジマさんの「知らねーよ!」っていうツッコミが非常にツボだった。

・キガタガキタ/西条真二
先週で影との対決は終わりだと思っていたが、今週は影の反撃。そして、ズタボロの鬼形の前に現れたのがアノ人なら、最終回が近いということか?

・王様日記/森田将文
最終回。気にしていなかったが、タイトルとラストの盛り上がりを絡めてきたのは上手いと思った。あと、コマの外の登場キャラたちのコメントも良かった。

・木曜日のフルット/石黒正数
作者の日記で狙ったネタでないことはわかっているが、それでもタイムリーすぎた。

・次週からブラックジャック創作秘話が4週連続掲載。そして、NJが『イカ娘フェラーリ』をレポート。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/05/20(金) 21:45:51|
  2. チャンピオン 2011
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/438-9326aaf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad