晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

それ町 時系列時間順 Ver.2

※更新終了※
公式ガイドブック廻覧板で時系列表が公開されたので、更新を終了します。また、予想の正誤はもうひとつの時系列記事を参考にしてください。


時系列シャッフルをおこなっている『それでも町は廻っている』の各話を時間経過順に並べ替えてみました。
もうひとつある時系列のエントリーとの矛盾、間違い、疑問などがありましたらどんどんご指摘ください。
歩鳥や真田などが小学校のころの回想などは、省略。

1年目
・4月
83(前半) - 48回想=12巻C - 68 - 90 - 1 - 36 - 16
歩鳥は、タケルたちの缶ケリに付き添い、尾谷高校に入学。月見そばの話をキッカケに辰野、針原と仲良くなる。ジョセフィーヌを予防注射に連れて行き、シーサイドでバイトを始め、宇宙人の落とし物を見つけ、ユキコの忘れ物を取りに小学校に行き、タケルと夜の散歩をする。
・5月
60 - 2 - 83(後半) - 3 
歩鳥は本の中で謎解き、メイド長に頼まれたお使いを間違える。辰野はシーサイドでバイトを始め、静さんが歩鳥発祥の都市伝説の謎を解いた。
・6月
4 - 5
歩鳥は森秋から頼まれた絵の謎を解き、真田と学校をさぼって遊んだ。
・7月
未収録 - 9巻C - 51 - 6 - 86 - 116
歩鳥は辰野がハメてしまった鍋と食器を証拠隠滅しようとし、ユキコに潜水方法を教え、野球部の応援をし、友人らとプールで遊んだ。辰野は歩鳥に試写会のチケットを渡して、真田と2人きりになり、水泳の補習の後トイレに閉じ込められた。真田は城嶋先輩らと遊ぶ。
・8月
97 - 7
歩鳥は辰野と海で漂流しかけ、テレビで木星の地面を見た。
・9月
100 - 8
歩鳥は、ジョセフィーヌを使ってクンクン捜査。はじめてタッツンと呼び、内藤歯科の看板にキズをつける。
・10月
22 - 101
歩鳥が1人で店番。手作りパスタをふるまう。浅井は、学園祭で海老洲を助ける。
・11月
なし
・12月
46 - 112 - 9 - 23 - 10=91
歩鳥は占いカプセルの謎を解き、タケルとエビを海に逃がし、数学の補習を受け、ユキコのサンタの夢を守り、初詣で甘酒に酔った。タケルとユキコは河川敷に火事を見に行った。
・1月 
11
歩鳥が紺先輩と出会う。
・2月
38(回想) - 47 - 12
歩鳥は紺先輩とお弁当を食べ、ユキコとヒーローショーを観に行き、商店街の温泉旅行に行った。
・3月
13 - 14
小説の落選通知を受け取った歩鳥は、ごみ収集車に轢かれて生死の境をさまよう。

2年目
・4月
15 - 71 - 82 - 37
歩鳥は、入院中にサングラス少年の謎を解き、退院した後は紺先輩とスケートに行き、タッツンのオタクカミングアウトを受け、紺先輩から俳優のサインをもらい、自分の記憶力に驚く。
・5月
43 - 69 - 30 - 17 - 104
歩鳥はフリマに出店し、勘違いからタッツンを失恋させかけ、島辺博人に会い、紺先輩のお見舞いに行き、針原さんから紺先輩が卓球を始めた理由を聞いた。
・6月
18 - 38 - 115
歩鳥は、宇宙人と遭遇し、紺先輩の両親と会う。紺先輩は、迷い九官鳥の飼い主を捜して奔走する。
・7月
19=96前半 - 85 - 29
歩鳥は数学の補習を受け、絵のモデルになり、紺先輩の別荘に行き、埋蔵金探しに行った。
・8月
84 - 74 - 62 - 39 - 50=63 - 40 - 106 - 3巻C=49 - 75 - [静さんアフリカへ]
歩鳥はドングリ騒動に巻き込まれ、徹夜で小説を読んで夢と現実が分からなくなり、北陸の親戚の家に行き、花火でジョセフィーヌの家が燃え、紺先輩と図書館と海に行き、タッツンたちのドッキリにひっかかった。ユキコは不思議な空間に迷い込み、姉の観察日記をつける。
・9月
20 - 96(後半) - 31 - 52 - 42=41 
歩鳥はタッツンの誕生パーティーをし、絵画展に自分がモデルになった絵を探しに行き、真田とミシンそばの謎を解き、紺先輩を秋まつりに誘い、台風の日に家に泊めた。タケルはモマンの謎解き。
・10月
21(前半) - 32 - 77 - 21(後半) - 27 - 28 - 87 - 70 - 88 - 64 - [紺先輩部活終了?]
歩鳥は、体育祭でパン食い競争に参加し、学園祭でバンド演奏し、メイ丼を作り、謎の霧に遭遇し、子供の手がドアに挟まるのを防ぎ、紺先輩とコバンを救出した。静さんはべちこ焼の謎を追い、タッツンは針原さんと卓球勝負。ツッコミじいさんは町をさまよう。
・11月
53 - 54 - 24 - 55 - 119
宇宙人からは食料が届き、歩鳥はHPに届いたメールの謎にせまり、紺先輩に壮大な悩みを打ち明ける。針原さんにはラブレターが届き、タケルは山本君とカード対決。城嶋は、仔犬の里親探し。
・12月
33 - 25 - 94 - 102 - 78
歩鳥は遅刻の件で呼び出され、紺先輩にあこがれのミュージシャンがシーサイドにいることを教え、静さん&紺先輩と廃村探訪し、タッツンと推理合戦をする。タケルは、エビちゃんとデート。
・1月
34 - 66 - 56 - 79 - 45 - 89 - 35
歩鳥は餅で戸をくっつけ、タッツンの弟をひきこもりから救い、雪女と出会った。松田は放火犯を捕まえ、ユキコは自分の部屋をほしがり、タケルはエビちゃんにお見舞いに来てもらい、交換日記に残されたメッセージの謎を解く。
・2月
80 - 57 - 58 - 92 - 44(前半)
歩鳥は謎の円盤を調べ、商店街のスキー旅行に行き、髪を切るのに失敗し、タッツンの悩みを解決する。真田は、バレンタインで歩鳥を好きになったきっかけを思い出す。
・3月
44(後半) - 113 - 120 - 93 - 67 - 121
歩鳥は中学のクラス会に行き、室伏涼ちんと森秋邸で赤い絵を見て、静さんの助手的ポジションに。タッツンは自分の変化に気づき、タケルは、わけもわからず嫉妬する。紺先輩は進路が決まって引っ越す。

3年目
・4月
103 - 59 - 110 - 61
歩鳥は闇鍋でメイド長の誕生日を祝い、針原さんとミュージカルを見て、山本君と食玩探しをし、映研の撮影に協力した。
・5月
72 - 114
歩鳥はアルバムから嘘つきりっちゃんのことを思い出し、修学旅行に行く。浅井と海老洲がつき合う。
・6月
81 - 105
歩鳥は真田と釣りデートし、呪いのビデオの謎を解いた。
・7月
98 - 73 - 117
歩鳥は家庭科の課題で悪乗り作文を書き、涼ちんと遊び、森秋のマンションから花火を見ようとした。
・8月
107
歩鳥は、真田と深夜の小学校に忍び込んでびしょ濡れになった。
・9月
118 - 95 - 76 - 108 - 99
歩鳥はユキコの初恋の手助けをしようとし、ユキコの剣道の応援に行き、母親の代行をし、静さんに脚本を読んでもらう。タケルは、エビちゃんとの仲を深める。静さんは、高校生の頃のことを思い出す。
・10月
109
歩鳥は、福沢さんの彼氏について調べる。
・11月
65
歩鳥はラーメン屋の閉店を惜しむ。
・12月
111
歩鳥は、秋に見た怖い夢のことを思い出す。
・1月
なし
・2月
なし
・3月
なし


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/01(日) 20:23:44|
  2. 時系列/小ネタ
  3. | コメント:13

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/08/04(土) 20:02:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

非公開コメントさんへ

ご指摘ありがとうございます。
訂正します。
  1. 2012/08/05(日) 16:26:41 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

M1A2Bさんへの返答

・P46で靴の裏が見えたりするように、歩鳥のスニーカーが古いほうのものとわかります。よって一年時ということに。
・P49-P50、冬服を着た歩鳥が通学でスニーカーではなくローファーを履いています。
100%確信はありませんが、2年の10月以降の歩鳥は、通学時にローファーではなく、スニーカーを履いているように思います。
これも時系列を意識させるヒントのひとつかと思います。


2年目の9~10月に分類されている話を調べてみました。
クツが見えないもの、私服のもの、時期が特定されているものを除くと
・9月
第64話『サインはB!』→スニーカー
第31話『一はいのミシンそば』→メイド服にスニーカー※休日
第42話『学校迷宮案内』→メイド服にローファー
・9~10月
第21話『迷路楽団』→制服時はスニーカー、メイド服時はローファー
・10月
第87話『陰謀は霧の中』→メイド服にスニーカー※平日
という感じでした。どうやら『迷路楽団』に分岐点がありそうです。となると『サインはB!』が9月ではなく10月以降ということになりそうですね。ちなみに前後の月を見ても、9月以前はローファー、10月以降はスニーカーという傾向で間違いないようです。

P196 夏服と冬服の制服を着ている生徒が混在しているので、移行期間かと。
でも、冬服を着ている男子がいるのが1コマしかないんですよね。ミスの可能性も考えて、やっぱり6月でいいんじゃないでしょうか?


M1A2Bさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。





  1. 2014/10/08(水) 11:52:20 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

27、28話の時系列

こんにちは。
いつも楽しく読ませていただいております。
長文になってしまいすみません。
3巻27話、28話の時系列についてです。

このふたつの話の季節ですが、秋(歩鳥たちが冬服の制服なので10月)の可能性もあるのでは?と考えています。
(草木が茂り、温かそうなので第一印象では私も春だと思ってました。)


以下、その理由です
・単行本未収録話(14巻収録見込み)の「お姉さんと一緒」は、作中では春ですが、雑誌掲載は冬(12月)です。それ町の話の季節と雑誌掲載の時期が、必ずしも一致しないため。
・P180とP186、善治の台詞「10年以上フワフワさまよってんだ」「もう10年以上経ってるのに」から。善治が死んだ時期は、歩鳥が小学1年(7歳)の8〜10月ごろだと思うので。※
・P169、歩鳥が紺先輩の音感についてもうらやんでいること。春よりも、学園祭でバンドを組んだりした後と考えたほうが自然かと。

以下、「春」と仮定すると不自然なところ
・善治は、歩鳥が小学1年の5月以前(26話の少女探偵誕生よりも前)に死んだことになる。※
・170P、歩鳥が「すぐたたく」と言っているが、今のところ、その年の1月〜5月に紺先輩が歩鳥をたたいている描写がないこと。
・184P、タケルが同じクラスになったばかりのエビちゃんを意識するのが少し早すぎること。

※6巻の46話、占い機の中の紙「じいちゃんがなおりますように」から、紙を仕込んだ時点で善治が生きていることがわかります。
そして、同じ機械の紙「はん人はおまえだ」から、
仕込んだ時期は、歩鳥が静からミステリの影響を受けた後(26話以降)と考えられます。
  1. 2015/03/07(土) 15:16:46 |
  2. URL |
  3. M1A2B #0zwy.6sw
  4. [ 編集 ]

Re: 27、28話の時系列

> こんにちは。
> いつも楽しく読ませていただいております。

ありがとうございます。

> 3巻27話、28話の時系列についてです。
> このふたつの話の季節ですが、秋(歩鳥たちが冬服の制服なので10月)の可能性もあるのでは?と考えています。

27、28話は、紺先輩+内藤歯科の看板で2年目。服装から春or秋と分かるものの、ここからの絞り込みが難しいんですよね。
M1A2Bさんのおっしゃる通り、紺先輩の音感への言及、タケルがエビちゃんを意識する時期に加え、
歩鳥が紺先輩宅にノックせず入っていくのは、看病に行った17話(2年目5月)より後でなくてはならないですし、安根さんのシャツの模様が紅葉風なので、秋ということでいいんだと思います。
学園祭後の10月あたりが濃厚でしょうか。


M1A2Bさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。





  1. 2015/03/07(土) 19:24:34 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

時系列について幾つか異論があります。

管理人さんは、歩鳥と紺先輩は1月に出会い、2月に二度目(弁当)、とお考えです。
でも、2月に校舎屋上で弁当を使おうという人がいるとは思えません。
紺先輩は「晴れてるとけっこう良い」と言いますが、2月は晴れていても屋上は無理でしょう(日当たりの良い木陰とかならまだしも)。
また最初の出会いのとき、歩鳥はメイド服だけで、上に何もまとってはいませんでした(例えば102話では歩鳥はコートを羽織って河合荘に行きました)。
翌朝下駄箱前で出会ったとき、猫少年…はコート?の前を開けていました(ついでに制服が男服みたいに右前合せ)。
また二度目(弁当)の出会いの折も、ジャンバーやコート、マフラーや手袋などが劇中に見当たりません。
ですから初冬か晩冬に出会ったものと思われます。
しかし熱海で貫一お宮像を紺先輩へのお土産に買ったり、事故で死にかけた歩鳥の見舞いに来た紺先輩がちょっと涙目だったりするのを見ると、晩冬の出会いでは時間的に合いません。
なので、出会いは12月初旬で、二度目はその少し後、と思うのです。

12話の熱海旅行の話は、真田が15歳なので2月にあるらしい彼の誕生日以前であることは確かです。
しかし商店街がクリスマス前に旅行するはずはなく、クリスマス後なら町内会会長の挨拶は忘年会であり、1月なら新年会。
なので2月でしょう。
しかしそれにしては皆さん薄着に見えます。
なので2月終りに旅行、真田君の誕生日はその直後の2月の26、27、28日辺り、漫画であることを考慮すると29日ではないでしょうか。

そして大事件、歩鳥の事故です。
紺先輩の初来店は部活をサボったものの制服姿なので学校のある日。
この日、彼女はコートやカーディガン、マフラーや手袋などを着用していないようでした。
それから二週間で原稿を書き上げた歩鳥が応募した直後に紺先輩と歩いているとき、二人は制服姿でした(学校のある日)。
それから一週間後に落選通知を貰い事故にあったときも、歩鳥は制服を着ていました(学校のある日)。
入院している歩鳥を見舞った紺先輩も制服。
部活の後なら針原さんも一緒に来たでしょうから、これもやはり学校のある日だと思います。
この事故のせいでばあちゃんの誕生会が吹っ飛び、代りに歩鳥の退院祝いをしたらしい(103話)。
ばあちゃんの誕生日は4月で、しかしその後まだスケートリンクが営業しているので、ばあちゃんの誕生日が下旬とは考えにくいです。
事故が3月15日だと紺先輩が終業式直前の19日あるいは当日20日に見舞いに来たということになりますが、するとシーサイド復帰が25日で、退院祝いがばあちゃんの誕生会を飛ばすにはちょっと早い。
すると事故が終業式辺りで、紺先輩は春休みの部活前にお見舞いに来た、ということでしょう(タッツンに遅れたのはその日に試合でもあったのでしょうか)。
これだと推理大賞の締切が3月15日で、熱海旅行のすぐ後の2月27日か28日(ひょっとしたら29日)に紺先輩が来店、歩鳥は3月12日か13日に発送し、終業式から帰った20日に事故に遭い、二日ほど意識不明、入院四日目(23日)にタッツンらがお見舞い、五日目(24日)に紺先輩、六日目(25日)に退屈して「毎日スキヤキは飽きる」、七日目(26日)は雨、八日目(27日)に解決、九日目(28日)退院、そして一日空けて30日にシーサイド復帰で「10日振りのお店はどう?」
すると退院祝いが4月1日か2日になりそうで、ばあちゃんの誕生日はどんぴしゃか3日4日5日のあたりでしょうか。

コメントを分けます。
  1. 2015/07/02(木) 02:03:13 |
  2. URL |
  3. また縞パンかよ! #1GgEGXH2
  4. [ 編集 ]

連投失礼。

二年目の夏
クリーニング屋がグアム旅行を自慢しに現れた40話は7月末か8月1日2日の出来事。
なぜなら74話でユキコが3日に姉を尾行しており、朝のシーサイドにアロハ姿でグアムを懐かしむクリーニング屋の姿があるので(3日は歩鳥がバイトに入らないので同日のことではない)。
つまり尾行する前夜か前々夜、ジョセフィーヌの小屋が焼けました。
だからジョセフィーヌは室内におり、それをユキコが観察しています(通常時でも真夏の間はジョセフィーヌは室内にいるようですが)。
なお、84話でユキコが幽霊商店街に紛れ込んだのも8月2日の可能性があります。
というのもユキコが首から提げている恐らくはラジオ体操の出席カードと思われるものに13個の丸がついているので。
39話でタケルがラジオ体操に行くためにユキコを起しているので、二人が通っているのは間違いありません。
しかし、不思議な体験をしてこんがらがっているユキコと、風鈴について得意気に語っているユキコとは、同日ほぼ同時刻の出来事としては繋がらない気がします。
なので、この地域では土日にはラジオ体操がないとすれば、二日か四日先の話となります。
まああの不思議な行方不明の翌日だからこそ、歩鳥が静ねーちゃんに妹を見ていてくれるよう頼んだと読むことも出来ますが。
で、4日(あるいは6日あるいは8日)にどんぐり騒動。
多分この後数日内に紺先輩を図書館に連れて行く日(106話)と静ねーちゃんに鰻をご馳走になる日(39話)があるのでしょう。
そしてお盆に綾鳥家への帰省(妹が婿を取ったんですね)。
うなぎと図書館は帰省のあとかもしれません。
そして歩鳥はドッキリを仕掛けられ(75話)、翌日静ねーちゃんはアフリカに旅立ちます(ねーちゃん、付き合いがいいですね)。
そして月末に49話と3巻巻頭カラーの話があるのでしょう。
雨に降り込められた海の家ががらがらなんて、お盆前にはちょっと考えにくいです。
それに紺先輩も「部活ももうすぐ終りかぁ……」と慨嘆していますし。

9月22日の秋祭りの日には紺先輩は指輪をしていました(初登場の11話でもちゃんと指輪があり、作者は88話のネタを既に意識していたようで感服)。
そしてこのときが歩鳥の母親に初対面のようで、あがっています。
台風来襲で嵐山家に避難したのは、だからその後。
21話でバンドやろうぜと誘った紺先輩の右手指には指輪があるので、これは台風以前のことです。
しかし10月の体育祭やコンサートの際の指輪の有無は不明(運動するときには外しているようですが)。
鰻に似た何かの87話では指輪が無く、また嵐山家の物干が壊れているので台風直後と分かります。
子供が三人、それも小学生が二人もいる家が、物干が壊れたままで放って置けるはずがないので、台風後数日以内の話でしょう。
とはいえ台風が来たのが9月か10月かは定かではありません。
東京都現代絵画展を見に行った際の指輪の有無は不明ですが、画面からは夏の日差しがうかがえるので、秋祭りの前と思われます。
31話ミシンそばは、自転車の二人乗りを注意した松田巡査が上着を着用しない夏服姿なのでこの9月の話かと思われますが、実は彼の姿が時系列を乱します。

島辺博人が来店した30話やミシンそばの31話は、松田巡査や矢車巡査長(?)が上着を着ていないので、夏服の6月から9月の間の話と思われます。
しかし48話で八百菊から苺を強奪した歩鳥は夏服の松田に出会います。
その折松田は「春だからって調子に乗ってしでかすなよ」と言っており、6月にこの台詞はないでしょうから、この地区の警官は5月から夏服なのかもしれません。
と思いたいですが、まず5月のこと(多分母の日)と思われる3話ではちゃんと上着着ていました。
100話のクンクン捜査でも、真田や歩鳥が秋晴れを喜んでいるので10月か11月の感じですが、松田巡査は上着を着ていません。
ラーメン大名行列閉店の65話でも、冬服の歩鳥と真田との前に現れた松田は上着を着ない夏の姿でした。
59話は3月か4月なのに、迷子を交番に届けた際、立番らしい警官は上着を着ていません。
逆に8話では秋祭り前なのに松田は上着を着用(合服か冬服かは分かりませんが)。
この話では歩鳥に追いかけられる中学生二人も学ラン着ていました。
21話では9月なのに尾谷高生みんな冬服を着ています。
つまりそれ町世界では、季節の変わり目を制服の衣更で判断することは無理なようです。

8月8日と日付の確定している97話ですが、この話は浅井が歩鳥たちとプールで遊んだ86話の後です。
なぜなら、86話で荒井クリーニングが羊がしゃぼん玉遊びをしているエプロンを作り、97話でそれをつけた荒井が海へ行こうという歩鳥・俊子・ばあちゃんのところにやって来て、菊池に「海へ行くぜ 車出しな!!」とやったので。
このエプロンの故に、6巻43話のフリマは一年目のGWでないことが確定します。

エプロンといえば、ばあちゃんはずっと「KABO」エプロンを使っていましたが、メイド服になって要らなくなったので歩鳥にあげました。
歩鳥はこのエプロンを揚げ物作る際に着用したりしましたが、大して料理もしないので、無駄にせぬよう6話の美術の時間に使ったのでしょう。
なお、ばあちゃんはその後元の喫茶店に戻した際に「Un palmo」エプロンを新規に購入した模様です。
111話の歩鳥のいない世界ではシーサイドがメイド喫茶にならなかったので、ばあちゃんは「KABO」エプロンを使い続けていました。


長文乱筆、まことに失礼しました。
15巻以降も情報が更新されるのを楽しみにしています。
  1. 2015/07/02(木) 02:03:59 |
  2. URL |
  3. また縞パンかよ! #1GgEGXH2
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

いちどにまとめて返事を書こうと思いましたが、検証などに時間がかかるので返事を分けたいと思います。

> 時系列について幾つか異論があります。
長くなるので、かいつまんで返答します。

> 管理人さんは、歩鳥と紺先輩は1月に出会い、2月に二度目(弁当)、とお考えです。
11話は歩鳥と紺先輩の出会いなので、1年目。雪が降りコートを着ているので冬。までしか確かなことは言えません。ここからは状況証拠のようなものですが、それ町は当初2巻終了予定だったそうで、初期は時系列シャッフルを行っていませんでした。なので、順番通り(10話は12/31、12話は2月ということは確定)に1月ではないかと思いました。また、以前『季刊エス』にタイムテーブルを管理している紙の写真が掲載されたことがあるのですが、そこの1年目1月の枠に何か重要なことを示すような線があったので、これが『紺先輩との出会い』なのではと推測しました。
確かに12月に前倒しても矛盾は生じないので何とも言えませんが、もっと確固たる情報がでるまでは、現状維持ということにしたいと思います。

> 12話の熱海旅行の話は、真田が15歳なので2月にあるらしい彼の誕生日以前であることは確かです。
> なので2月終りに旅行、真田君の誕生日はその直後の2月の26、27、28日辺り、漫画であることを考慮すると29日ではないでしょうか。

真田の誕生日は、アニメ化時に配布された小冊子にて16日と明かされています。なので、2月上旬に旅行に行ったと思われます。

> そして大事件、歩鳥の事故です。
まずメイド長の誕生日は4月6日と、アニメ化時に配布された小冊子にて明らかにされています。
これを、縞パンさんが推測した日程に当てはめると
3/6 紺先輩、初来店。歩鳥小説を書きはじめる。
3/20 小説をミステリ画報に送る
3/27 事故に遭う
3/28 意識不明
3/29 意識不明
3/30 意識を取り戻す
3/31 タッツンらの見舞い
4/1 紺先輩のお見舞い
4/2 病院に飽きる
4/3 雨
4/4 グラサン小僧の覗きを解決
4/5 シーサイド復帰(15話ラスト)
4/6 退院祝い(メイド長誕生日)
という感じですかね。事故から退院までがまるっと春休みとカブっているみたいです。すると歩鳥と紺先輩が制服を着ていた理由も気になるところですけど、補習とか部活とかでしょうね。
まぁ、数日のズレはあると思いますけど。

二年目の夏
クリーニング屋がグアム旅行を自慢しに現れた40話は7月末か8月1日2日の出来事。
なぜなら74話でユキコが3日に姉を尾行しており、朝のシーサイドにアロハ姿でグアムを懐かしむクリーニング屋の姿があるので(3日は歩鳥がバイトに入らないので同日のことではない)。
つまり尾行する前夜か前々夜、ジョセフィーヌの小屋が焼けました。
なお、84話でユキコが幽霊商店街に紛れ込んだのも8月2日の可能性があります。
というのもユキコが首から提げている恐らくはラジオ体操の出席カードと思われるものに13個の丸がついているので。

整理すると
7月末 40:嵐山家 火事になる
8/2 84:夕闇の町
8/3 74:アネの日記
8/4 62:踊る大捜査網
という感じですか。夕闇の町の時期を、ユキコのラジオ体操だけに頼っていいかが心もとないですね。ユキコのことだけに、タケルといっしょと言ってもキチンと毎日通っているのかどうか。

そして月末に49話と3巻巻頭カラーの話があるのでしょう。
雨に降り込められた海の家ががらがらなんて、お盆前にはちょっと考えにくいです。
それに紺先輩も「部活ももうすぐ終りかぁ……」と慨嘆していますし。

自分は7月に配置していましたけど、確かに8月下旬の方がシックリきますね。


残りのコメントへの返事と、本文への反映は後日に。





  1. 2015/07/03(金) 20:34:23 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

9月22日の秋祭りの日には紺先輩は指輪をしていました(初登場の11話でもちゃんと指輪があり、作者は88話のネタを既に意識していたようで感服)。
そしてこのときが歩鳥の母親に初対面のようで、あがっています。
台風来襲で嵐山家に避難したのは、だからその後。

整理しますと
9/22 52:秋まつり
?/? 21:迷路楽団(前半)
?/? 41:大嵐の夜に(指輪無くす)
?/? 87:陰謀は霧の中
10/? 77:巣
10/? 21:迷路楽団(後半)
という感じですかね。学園祭&体育祭が10月のどの時期に行われているかによって、それに付随する話の次期も移動する感じですかね。台風が9月なのか10月なのかの決め手は見つからないですね。

つまりそれ町世界では、季節の変わり目を制服の衣更で判断することは無理なようです。
松田の方は、現実の警察の規則に沿っているわけではなく、寒かったら着て暑かったら脱ぐスタイルと考えていいんじゃないでしょうか。2年目1月の66話『燃えよ歩鳥』で矢車さんは、外では上着を着ていて交番内では脱いでいます。

21話では9月なのに尾谷高生みんな冬服を着ています。
でも、尾谷校の制服の方は、タイムテーブル管理用紙にもはっきりと6~9月が夏服とあったので、21話は10月と考えていいのかもしれません。そうすると、↑の予想もズレて
21(前半)、41、87、が10月前半。77、21(後半)が10月後半という感じでしょうか。

8月8日と日付の確定している97話ですが、この話は浅井が歩鳥たちとプールで遊んだ86話の後です。
確かにそうですね。クリーニング屋の新エプロンは、特定する時期が狭いのであまり気にしていなかったんですけど、しっかり機能していますね。

長文乱筆、まことに失礼しました。
15巻以降も情報が更新されるのを楽しみにしています



また縞パンかよ! さん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。







  1. 2015/07/04(土) 04:58:27 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

ドングリ騒動とユキコの不思議な空間

ユキコが不思議な空間に迷い込む際にゲーム機を置き忘れ、それを探すためにタケルがドングリ捜査を始めたものと思ってましたが、違ったでしょうか?
  1. 2017/02/19(日) 22:04:26 |
  2. URL |
  3. ドングリ #-
  4. [ 編集 ]

Re: ドングリ騒動とユキコの不思議な空間

> ユキコが不思議な空間に迷い込む際にゲーム機を置き忘れ、それを探すためにタケルがドングリ捜査を始めたものと思ってましたが、違ったでしょうか?

その認識であっています。どっちも歩鳥高2の夏の話です。
  1. 2017/02/20(月) 19:43:52 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ドングリ騒動とユキコの不思議な空間

・8月
>84 - 74 - 62 - 39 - 50=63 - 40 - 106 - 3巻C=49 - 75

失礼しました。物語の番号順ではちゃんとそのようになってたのですね。

>歩鳥はドングリ騒動に巻き込まれ、徹夜で小説を読んで夢と
>現実が分からなくなり、北陸の親戚の家に行き、花火でジョセ
>フィーヌの家が燃え、紺先輩と図書館と海に行き、タッツンた
>ちのドッキリにひっかかった。ユキコは不思議な空間に迷い込>み、姉の観察日記をつける。

エピソードの方は時系列というより、人物別にまとめているということですね。
  1. 2017/02/21(火) 03:09:17 |
  2. URL |
  3. ドングリ #-
  4. [ 編集 ]

Re: Re: ドングリ騒動とユキコの不思議な空間

> ・8月
> >84 - 74 - 62 - 39 - 50=63 - 40 - 106 - 3巻C=49 - 75
>
> 失礼しました。物語の番号順ではちゃんとそのようになってたのですね。
>
> >歩鳥はドングリ騒動に巻き込まれ、徹夜で小説を読んで夢と
> >現実が分からなくなり、北陸の親戚の家に行き、花火でジョセ
> >フィーヌの家が燃え、紺先輩と図書館と海に行き、タッツンた
> >ちのドッキリにひっかかった。ユキコは不思議な空間に迷い込>み、姉の観察日記をつける。
>
> エピソードの方は時系列というより、人物別にまとめているということですね。

そういうことです。分かりにくくてスイマセン。こっちの記事は15巻までしかまとめていないので、もうひとつの時系列記事か、廻覧板を参考にしてください。


ドングリさん、コメントありがとうございました。






  1. 2017/02/21(火) 13:00:37 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad