晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

Fellows! vol.9 の感想

Fellows! 2010-FEBRUARY volume 9 (BEAM COMIX)Fellows! 2010-FEBRUARY volume 9 (BEAM COMIX)
(2010/02/15)
久慈光久ほか

商品詳細を見る


Fellows!の最新号が発売されました。『この素晴らしき重量感』『諸作家こぞりて決死のボリュームアップ』『晩冬の大増ページ特集号』『史上最厚1156頁』と、ノリノリの文句が帯に並ぶようにもはや手で持って読むのは不可能と言える重さ。雑誌というよりもカタログとか辞典に近くなっています。

・表紙
2月だからバレンタインにちなんだものかな~とのん気に思っていたら、顔にキズがありアゴヒゲにヨダレがついた鎧姿の男でビビる。怖すぎる。巻頭の狼の口にちなんだものか。

・狼の口 ヴォルフスムント/久慈光久
第4話。いつもは巻末を締めるポジションだったが、今回は巻頭に抜擢。毎回、いろんな拷問の道具や方法が出てきて感心する。次回はハンスとエヴァが村人から酷い目にあわされるのか(特にエヴァ)、それともヴォルフラムが現れて村人を皆殺しにするのか?どちらにしても、タダではすまなそう。

・ジゼル・アランシリーズ/笠井スイ
第5話。これまでジゼルに助けてもらった人たちが協力していたのが良かった。次回は、いよいよジゼルの過去のことが分かりそうで楽しみ。

・瑪瑙之竜/長澤真
第3話。個人的にかなり満足度の高い作品になってきている。今回は女ったらしのアルが主人公。能力が手品だということは身体能力は自前のものなのか? 順番的に次回はゼインが主役かな?

・健全ロボ ダイミダラー/なかま亜咲
第8話。新たなHiーERo粒子を持つ女の子が登場。でも、本筋のロボットバトルよりも、こんな感じのバカなラブコメをもっと見たい。あとはペンギンがいさえすれば。

・たまりば/しおやてるこ
第9話。小杉と顔合わせしたり、サチと別れそうになったり、ハルオの周りがいつになくシリアス。男たちもカバンにしょむたんをつけている。ハルオがいるのが丸子橋の下ということが判明。ということは『それ町』と舞台が近いということか。

・乱と灰色の世界/入江亜季
第8話。乱の魔法修行が始まるのかと思ったら、いろんなキャラが出てきてにぎやかな話。今後の展開の仕込みがされていたような。

・ふうらい姉妹/長崎ライチ
第9話。トビラの肉まん食い競争。肉まんがくくりつけられているのが電気のヒモなので食いつくたびに点いたり消えたりするのかと思うと笑える。

・グッドアフタヌーン・ティータイム/新居美智代
第8話。ご主人が急な外出で不在の間にネコのエサをネットで注文する話。入浴以外の話もおもしろい。次回は入浴に水道水を使うそうだが、ご主人のいる時にカルキを抜いてもらえばいいのでは?

・ウワガキ/八十八良
第5話。カバディに目を奪われがちですが、ポイントは前後の千秋と小秋の会話ですね。

・乙嫁語り/森薫
第10話。ティレケと刺繍の話。相変わらずタカLOVEなところがかわいい。次回から真章でスミスが主人公ということは、アミルとカルルクがいっしょに旅に出る?

・野ばら/高田築
第4話。前回はホラーで今回はちょいエロ。いろんな引き出しがあるなと感心する。でも、やっぱりしょむたんがいないとなぁ…。

・蝋燭姫/鈴木健也
第9話。後半に絵が荒れているというか雑なところが。前もラフな絵のときがあったし残念。

・演劇部5分前/百名哲
第7話。ワシさんの顔が変わってしまっている。星野樹絵留は、次回から当たり前のようにいなくなっていると思う。矢野とアッコだけで話を進めてほしい。

・鳥目さんの恋/澤江啓太
読み切り。鳥語が分かる鳥目さんの恋の話。この人は、だいたい設定の時点で勝っている気がする。鳥目さんがいつも被っている野球帽が広島なのがよい。

・魔法少女メルリン/嵐田佐和子
読み切り3回目。そろそろ何を持って魔法少女を名乗っているのかをはっきりさせておきたい。

・玲瓏舘健在なりや/冨明仁
第5話。宙人くんの同級生のアイドルが無駄にかわいい。あと部屋に鈴っぽい女教師のフィギアがあるのが細かい。いつまでたっても玲瓏舘の住人を把握しきれない。

・うさぎのヨシオ/近藤聡乃
第9話。序盤のヨシオの悩みが、絵柄とまったくあっていないヘビーさ。

・コーポ田中の序列/吉田覚
読み切り。絵とかストーリーの持っていきかたは嫌いじゃないんだけど、なにか足りない気がする。ただ、巨乳は100点です。

・飛んでもガール/大武政夫
読み切り。前回が好評だったので、急いで無理矢理描いたみたいな気がする。あまりストーリーが練れていないような。

・町火消し/空木哲生
前後編の前編。これまでてちがって、なかなかヘビーな題材。後編で、どういう展開をみせるのか気になる。

・予告
福島聡、吉元ますめの新連載や新居美智代と森薫の読み切りなど楽しみなラインナップ。しかも、まさかの二冊分冊発売。作家の振り分けによって売り上げに差が出たらどうするんだろう? だったら、月刊化すればいいような気も…。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/02/18(木) 12:23:23|
  2. Fellows!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/335-758a8547
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad