晴耕雨マンガ

11月は、少年ラケット、ヴィンランドサガ、はじめアルゴリズム。

ネムルバカ の小ネタとか

『ネムルバカ』から、小ネタなどを集めてみました。

・ネタバレは嫌だ。
・自分で小ネタや伏線を探す楽しみを奪われたくない。

という人は注意してください。












登場人物
入巣柚実 → イリスユミ。一文字ずらすと、アラシヤマ。 = 嵐山歩鳥。作者の別作品『それでも町は廻っている』(以降、『それ町』)の主人公。(osafuneさん情報)
鯨井ルカ → クジラ イルカ。

カバー
鯨井のパーカーのマーク → 『それ町』のメイド喫茶シーサイドのマークと同じ。
鯨井のTシャツ → 手のひらに28。 = 大友克洋『AKIRA』のナンバーズのイメージ。28号はアキラ。(osafuneさん情報)
カバーしたでは作者の名前が下に移動して、2人が手をつないでいるのが分かるようになっている。(名無しさん情報)

カラーページ
入巣の着ている服 → 『AKIRA(映画版)』の金田の服をイメージしたもの。

目次
各話のタイトルが後ろ2文字のしりとりになっている(最後だけ例外で1文字)。
ネムルバカ → バカショージキ → ジキューセン → センチテ → チテジン → ジンゾウニンゲン → ゲンキデ → ムルバカ
PEAT MOTH → PEAT MOSS。園芸用の土壌改良材。(オトナファミ 2010 Aprilの作者インタビューより)

第1話
5P 冴羽女子寮 → 冴羽 獠。北条司『シティーハンター』の主人公。
11P 田口君 → 名前の由来は、俳優・ミュージシャンの田口トモロヲ。(作者のツイッターより)
15P 鯨井が見ているのは、テレビ朝日のバラエティ番組『『ぷっ』すま』。つまり、第1話は火曜日の出来事。
16P 田口の車がトヨタの初代クラウン。もしくは、オリジン。(tonさん情報)(ふぃがろさん情報)
28P 中学生のころの入巣 → 『それ町』の主人公嵐山歩鳥に似ているが、結んでいる髪が反対。
28P ゴルジ体 → 生物の細胞の中にある器官のひとつ。

第2話
32P 冬のスマタ → 韓国ドラマ『冬のソナタ』。
32P 失禁コンクリート → 鉄筋コンクリート。
32P 性夢調査 → 政務調査。
32P 性剣地獄突き → 正拳地獄突き。
32P 好色選挙法 → 公職選挙法。
32P メイドの檻 → 『それ町』で歩鳥が言ったセリフ(紺先輩が「エロDVDのタイトルみたい」と発言)。 (osafuneさん情報)
32P 一乗はるか → 作者の別作品『アガペ』の主人公。
32P ~ヌズバー → 小原慎司『菫画報』に出てきた偽AV『みゆき17歳「スカートの下からゴンヌズバー」』のパロディ。(kogawaさん情報)
32P 由良ビデオ → 作者の別作品『アガペ』の登場人物、由良象山から。
32P ミレニアム・ファイル → 海外ドラマの『ミレニアム』と『Xファイル』を合わせたもの。製作総指揮はともにクリス・カーター。
35P 山田長政 → 江戸時代にタイを中心に東南アジアで活躍した実在の人物。
37P ライブハウス ヨシオ → 『響子と父さん』には海の家よしおが登場し、『それ町』にはデーモンマスター・ヨシオというマンガが登場する。(ヨシオさん情報)
41P 居酒屋伊坂家 → いざかや いざかや。
41P 鯨井のシャツの模様 → 『それ町』のジョセフィーヌ?
49P 飯三公園 → イーサン・コーエン。映画製作のコーエン兄弟の弟のほう。
57P タヌキ山宅急便 → 『それ町』のジョセフィーヌ? もしくは作者の別作品『カウントダウン』(短編集Present For Meに収録)に出てくるタヌキ?(osafuneさん情報)

第3話
63P はすもだい → 『それ町』に出てくる駅名。
64P 缶コーヒーのメーカーがMARE → マレガラス = 作者のハンドルネーム。
68P 伊藤君 → 名前の由来はミュージシャンの伊藤ヨタロウから。(作者のツイッターより)
69P 伊藤「神話にそんな名前の女神がいる…」 → 虹の女神イリス。神々の伝令役。
77P 鯨井「飲んだら吐くな! 吐くなら飲むな!!」 → 小説家・椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ』に出てくる言葉。元々は、交通標語の『飲んだな乗るな 乗るなら飲むな』。(名無しさん情報)

第4話
92P 童出茂 佳 → どうでもよし。
93P 鳴枝守人 → ナルシスト。(tonさん情報)
93P 沃 アルエ → よくある絵。
106P 鯨井が渡した十得ナイフ → ビクトリノックス社の物だと思われる。
107P 深夜バスのとなりの席に作者の自画像キャラ。
110P 得ナイフで音漏れの大きいヘッドフォンのコードを切ろうとする入巣 → ドラマ『古畑任三郎』で、古畑が同じような状況の今泉のヘッドフォンのコードを切ってしまうシーンがある。(sakiさん情報)

第5話
115P レストラン ハチノス → 『それ町』第29話に『民宿はちのす』が登場する。
115P カピバラステーキ → 地上最大のネズミ。『それ町』ではスポーツブランド名になっている。
130P 伊藤のつけているオモチャのベルト → 『それ町』第47話に登場した鬼面ライガー オメガのベルトと同じデザイン。

第6話
145P 泯比沙子 → 『それ町』第17話でCDが登場している。
145P 電炎超斧 → 田園調布。
145P ゴージャス金子 → 番外編に登場する素顔は、美形。
147P 入巣が飲んでいるみそかめのメーカーがMARE → マレガラス = 作者のハンドルネーム。
147P 茶葉王 → チャパ王。鳥山明『DRAGON BALL』で、孫悟空に天下一武道会の予選で2回負ける武道家。
150P シーサイドカレー → 『それ町』のメイド喫茶シーサイドの名物。
153P OTレコーズ → 大手レコード。
154P 入巣のどてら → 作者の別作品『それでも町は廻っている』で、嵐山歩鳥も似たデザインの物を着用している。
158P 荒比屋土倍 → アラビア ドバイ。とりあえず、お金があるということ。
158P 荒比屋の頭の形がエリンギ。
158P 蝶一龍 → 超一流。

第7話
175P こしひかれ福井産 → コメの銘柄のコシヒカリ。福井県は作者の出身地であり、コシヒカリが開発された。別作品『響子と父さん』でも登場する。(タロウさん情報で訂正)
180P 九龍茶 → 烏龍茶。
184P 仲中野マンション → なかなかのマンション。
186P 中吊り広告のなげなわマン → 作者の短編作品の登場人物。
186P NINJA 空蝉 → 作者の他作品にも登場する缶コーヒー。空蝉は『空蝉の術』とAという仮の姿の鯨井先輩がかかっている。(Rさん情報)
189P 客席に仲崎がいる。
194P ギターの形がA。
200P 1コマ目、入巣のとなりの女の鼻毛が出ている。
206P 入巣の新しいルームメイト → 作者の別作品『それでも町は廻っている』に主人公の嵐山歩鳥の同学年の友人として登場する福沢さん。

サブマリン
3P NUMA MUSIC STUDIO → 沼レコード。日本のインディーズレーベル(だと思う)。 
5P NAUSEA → アメリカのパンクバンド。
5P ゴージャス金子 → 第6話では、ライブ時の奇抜なメイク姿が雑誌に掲載されている。
12P シンクタンク → 様々な分野に関する政策立案・政策提言をする研究機関。
19P 掲示板に作者のメッセージが。








関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/02/04(木) 16:07:04|
  2. 時系列/小ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

コメント

既出ならごめんなさい。響子と父さんの3話で海の家の名前が海の家よしおで、ネムルバカの2話でライブハウスの名前もライブハウスヨシオでした。つながりはなさそうなので小ネタではないかもですが……
  1. 2010/03/17(水) 14:47:47 |
  2. URL |
  3. ヨシオ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 既出ならごめんなさい。響子と父さんの3話で海の家の名前が海の家よしおで、ネムルバカの2話でライブハウスの名前もライブハウスヨシオでした。つながりはなさそうなので小ネタではないかもですが……

いえいえ、これも立派な小ネタですね。
それ町とネムルバカで、ハチノスとカピバラが出たように、『ヨシオ』は
それ町 → デーモンマスター・ヨシオ
ネムルバカ → ライブハウス ヨシオ
響子と父さん → 海の家よしお
と、3作品に使われています。関係者か友人の名前なんでしょうか、ヨシオ。

コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。


  1. 2010/03/18(木) 12:40:55 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

タヌキ

2話の、タヌキ山宅急便のタヌキの絵は、短編集 「present for me」の、映画研究部の話(カウントダウン、だっけ?)に登場するタヌキです。
  1. 2010/07/17(土) 19:50:25 |
  2. URL |
  3. osafune #-
  4. [ 編集 ]

Re: タヌキ

> 2話の、タヌキ山宅急便のタヌキの絵は、短編集 「present for me」の、映画研究部の話(カウントダウン、だっけ?)に登場するタヌキです。

まあ、その2匹とジョセフィーヌはいっしょと考えていいんじゃないでしょうか?
歩鳥やタッツンも読みきり作品からの流用だそうですから、タヌキっぽい動物のルーツはカウントダウンのタヌキということで。

コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。

  1. 2010/07/18(日) 14:50:35 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

32P

ビデオ上段に「~ヌズバー」というタイトルが見えます。菫画報で「ゴンヌズバー」が偽AVのタイトルになっていたので、この場面ではそれをふまえていると思われます。(この言葉自体の起源は諸説ありそうですが。)
・菫画報4巻 第26報「制服制服 セーラー服」60P
『みゆき17歳「スカートの下からゴンヌズバー」』
  1. 2010/07/22(木) 22:39:11 |
  2. URL |
  3. kogawa #l/VZmCVM
  4. [ 編集 ]

Re: 32P

> ビデオ上段に「~ヌズバー」というタイトルが見えます。菫画報で「ゴンヌズバー」が偽AVのタイトルになっていたので、この場面ではそれをふまえていると思われます。(この言葉自体の起源は諸説ありそうですが。)
> ・菫画報4巻 第26報「制服制服 セーラー服」60P
> 『みゆき17歳「スカートの下からゴンヌズバー」』

ゴンヌズバーは、大槻ケンヂがラジオだかエッセイだかで使っていた表現だったと思います。
あとビデオメーカーが『由良ビデオ』でこっちはアガペからのネタですね。

コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。


  1. 2010/07/24(土) 10:59:22 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

紺双葉は、「それ町」では、伝介と桐絵と別居しているが
「探偵綺譚」の紺双葉の表札には伝助と春香の名前がある。

そして「ネムルバカ」の鯨井ルカの本名は岩崎春香。
(鯨井は母親の旧姓、ルカは春香のハ「ルカ」)
くじら・いるかは気付きませんでした。
それでいくと、「木曜日のフルット」の鯨井早菜(くじらい・さな)
も、クジラ・勇魚(いさな:鯨の意味)ですね。

何が言いたいかというと、スターシステムかもしれないけど、
3者が似ているのは、遠縁ながら血縁関係があるせいかも?
  1. 2010/12/10(金) 10:30:27 |
  2. URL |
  3. 黒卵 #WtNWbfGY
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 紺双葉は、「それ町」では、伝介と桐絵と別居しているが
> 「探偵綺譚」の紺双葉の表札には伝助と春香の名前がある。

表札にある名前は、伝助 花子 双葉 になっていますよ?(16P)

> そして「ネムルバカ」の鯨井ルカの本名は岩崎春香。
> (鯨井は母親の旧姓、ルカは春香のハ「ルカ」)

これは『響子と父さん』のほうの小ネタに書いてます。ネムルバカのほうは、先輩の苗字が鯨井でも岩崎でも成立しますからね。

> くじら・いるかは気付きませんでした。
> それでいくと、「木曜日のフルット」の鯨井早菜(くじらい・さな)
> も、クジラ・勇魚(いさな:鯨の意味)ですね。

これは『木曜日のフルット 第1巻の感想』の下段の方に書いてあります。

> 何が言いたいかというと、スターシステムかもしれないけど、
> 3者が似ているのは、遠縁ながら血縁関係があるせいかも?

明確につながりのある『ネムルバカ』←→『響子と父さん』以外は、スターシステムというか作者のお遊びぐらいに考えたほうがいいかもしれません。作品内に必ず鯨井(or紺)っぽいキャラや名前を入れるという、お約束みたいな。


コメントありがとうございました。
  1. 2010/12/11(土) 11:32:38 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

こちらのおかげでそれ町にハマり、石黒氏の他作品も読みだしました。
気付いたのを少し。

・田口の車は初代クラウン風。
・93p 鳴枝守人→ナルシスト?
  1. 2011/01/22(土) 20:53:12 |
  2. URL |
  3. ton #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> こちらのおかげでそれ町にハマり、石黒氏の他作品も読みだしました。
うれしいですが「ありがとうございます」と答えるのもちょっとちがうような、不思議な感じです。

> 気付いたのを少し。
> ・田口の車は初代クラウン風。
> ・93p 鳴枝守人→ナルシスト?
両方とも、そうとうりですね。ただ、ただの大学生の田口がレトロで高級な車(に変なナビをつけて)乗っているというのも変な気がするので、他のモデルがあるのかもしれないですね。

コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。




  1. 2011/01/24(月) 14:09:23 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

田口のクラウン

はじめまして!
自分もどっちなんだろうと思っていたんですが 思い出しました
初代クラウンをリスペクトして限定出荷された車で
トヨタ オリジン ってのがありますね

大学生では初代クラウンは乗りこなせないでしょうからね
かなりのエンスーって事になりますわな

自分もアニメ放送で「それ町」を知り 単行本関係本収集にはまった者です
これからも頑張ってください!

GO ROUND&ROUND IN THE TOWN! これもBGMに最高!
  1. 2011/02/12(土) 14:38:40 |
  2. URL |
  3. ふぃがろ #kLFuwRt.
  4. [ 編集 ]

Re: 田口のクラウン

> はじめまして!

はじめまして。

> 自分もどっちなんだろうと思っていたんですが 思い出しました
> 初代クラウンをリスペクトして限定出荷された車で
> トヨタ オリジン ってのがありますね
>
> 大学生では初代クラウンは乗りこなせないでしょうからね
> かなりのエンスーって事になりますわな
>
> 自分もアニメ放送で「それ町」を知り 単行本関係本収集にはまった者です
> これからも頑張ってください!
>
> GO ROUND&ROUND IN THE TOWN! これもBGMに最高!

たしかにオリジンはカーナビが標準装備なようなので、こっちのほうが正解っぽいですが、2000年に約1000台のみの限定販売だったそうです。どっちにしても、田口は入手が難しいクルマに乗っているってことですね。親が金持ちなんですかね?

コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。



  1. 2011/02/13(日) 11:01:27 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

はじめました。

カバーとカバー下で作者名の位置が違う、というのは小ネタになるでしょうか?
カバー下では作者名が下に移動していて二人が手を繋いでいるのが分かるようになる、という。
  1. 2012/02/26(日) 02:14:51 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> はじめました。
はじめました。

> カバーとカバー下で作者名の位置が違う、というのは小ネタになるでしょうか?
> カバー下では作者名が下に移動していて二人が手を繋いでいるのが分かるようになる、という。

ホントですね。『ネムルバカ』が発売されたのが08年ですから、もう4年前なんですね。それでも、新しい発見があるのはスゴイことですね。

コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。



  1. 2012/02/26(日) 17:58:24 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして、コメント失礼します。
ドラマ古畑任三郎の再放送を見ていたら、「深夜バスの中で音漏れしている人のイヤホンを十徳ナイフで切る」というシーンが出てきました。ネムルバカの4話を思い出したのですが、これが元ネタでしょうか?
  1. 2016/03/09(水) 01:58:37 |
  2. URL |
  3. saki #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> はじめまして、コメント失礼します。
はじめまして。

> ドラマ古畑任三郎の再放送を見ていたら、「深夜バスの中で音漏れしている人のイヤホンを十徳ナイフで切る」というシーンが出てきました。ネムルバカの4話を思い出したのですが、これが元ネタでしょうか?
『ニューヨークでの出来事』という回で、古畑が音漏れの大きい今泉のヘッドフォンのコードを切る場面があることを確認しました。これが96年の放送で、ネムルバカが06~08年の連載なので、元ネタと考えてもいいと思います。また古畑任三郎のほうでは、十得ナイフではなく『キャンピングナイフ』と言っていました。


sakiさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。







  1. 2016/03/09(水) 09:24:43 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして、最近石黒先生のファンになったばかりで、
石黒作品を読む際のガイドとして、こちらのサイトには大変お世話になっています。
ひとつ気づいたネタがあるのでご報告を

77ページの「飲んだら吐くな!吐くなら飲むな!!」は
作家・椎名誠が仲間と下宿生活していた頃
仲間たちと作った標語が元ネタと思われます。
私小説「哀愁の町に霧が降るのだ」等に登場しています。
  1. 2017/09/10(日) 21:21:21 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> はじめまして、最近石黒先生のファンになったばかりで、
> 石黒作品を読む際のガイドとして、こちらのサイトには大変お世話になっています。
> ひとつ気づいたネタがあるのでご報告を

はじめまして。ありがとうございます。

> 77ページの「飲んだら吐くな!吐くなら飲むな!!」は
> 作家・椎名誠が仲間と下宿生活していた頃
> 仲間たちと作った標語が元ネタと思われます。
> 私小説「哀愁の町に霧が降るのだ」等に登場しています。

世代的に読んでそうですよね、椎名誠。大元は交通標語の『飲んだら乗るな 飲むなら乗るな』でしょうか。


コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。








  1. 2017/09/11(月) 16:30:25 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/334-6404d867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad