晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

Fellows! vol.6 & Swimsuits Fellows!2009 の感想

Fellows! 2009-AUGUST volume 6 (BEAM COMIX)Fellows! 2009-AUGUST volume 6 (BEAM COMIX)
(2009/08/12)
睦月 のぞみほか

商品詳細を見る


Fellows!の最新号とSwimsuits Fellows!2009 が同時発売されました。

・表紙
セーラー服のまま金魚が泳ぐ水に潜る少女が、とっても涼しげで夏らしい。道路標識があったりして水没した都市なのかも。

・兎の角/睦月のぞみ
新連載。まだ登場人物の紹介といったところ。とにかくデカい鈴だけが印象に残った。あと、転校してきた真白が学ランを着てるのがポイントなのかもと思ったり。

・ジゼル・アランシリーズ/笠井スイ
2話目。今回は、面白かった。こういうふうに、身の回りの小さな事件を大げさに解決していって欲しい。

・真昼に深夜子/宮田紘次
3話目。やっと、話の枠組みに乗っ取ったエピソードという感じ。読後感もさわやか。でも、いきなりスパッと終わりそうな気がしないでもない。

・ノラ猫の恋/長野香子
5話目。いつのまにか、ななの顔もカワイく性格もヒロインぽくになってしまっている。ソフトクリームをなめるところとか。はじめのころのクセのある感じに戻して欲しい。

・乱と灰色の世界/入江亜季
5話目。前話から展開が繋がっているのにビックリ。大人乱に恋した凰太郎と子供乱が気になる日比が登場。母親のことは置いておいて変則的三角関係が中心になるのか?

・玲ロウ舘健在なりや/冨明仁
2話目。ただ女の子ふたりが着替えているだけなの話なのにオモシロい。玄太がベッドの下にいるところで大爆笑。

・ふうらい姉妹/長崎ライチ
4話目。トビラの溶接工と夕日の警告のネタが、クリーンヒット。

・ウワガキ/八十八良
2話目。絶対、妹の咲子の人気が爆発する。SF的なことは置いておいてドタバタ学校ラブコメをしてくれればイイと思う。

・たまりば/しおやてるこ
6話目。ハルオがちゃんと仕事していたというのが、意外。美和パイが学校の男子たちから『乳神様』呼ばわりされているって、どんだけ大きいんだ。

・乙嫁語り/森薫
7話目。外国人の研究家の名前がスミスっていうのは、初出か。アミルの元の部族がまたやって来て荒っぽい展開に。アミルさんが口にしたカラヒガとアテルイというのは姉妹の名前か。今回は、なんとか兄のアゼルあたりが上手く収めたとしても、きっとその後にヌマジが出て来るんだろう。いまのカルルクに対処する力があるのか?

・イモムシのおよめさん/吉元ますめ
新人読み切り。新人祭りの中ではイチバンかも。以前は、予告イラストを担当していた人。お昼のメロドラマみたいなのを妖精とイモムシでやっているというのが、なんだかシュール。でも、イモムシの彼は、そのうち蝶になるのでは?

・演劇部5分前/百名哲
4話目。演劇経験者の矢野さんが加入しただけで、腹式呼吸の練習をしたり一気に文科系部活モノに。いったい、いままではなんだったのか?

・傾城小僧桔梗丸/楠美マユラ
新人読み切り。最初にでてきた岡っ引きの乗っている空飛ぶパトカーが、その後まったく生かされていないのがスゴい。

・彼方の街 退屈な夏/吉田覚
新人読み切り。太目のボールペンかサインペンのような独特な線が好き。エピソードはよくあるパターンだけど、嫌いじゃない。再登場に期待。

・蝋燭姫/鈴木健也
6話目。フルゥの思がまったく報われない。のが痛々しい。スェイら新たに現われたドズルグ騎士団も助けに来たわけじゃなさうだし。今後、どうなってしまうのか?

・ブラステッド/室井大資
5話目。組の事務所を襲撃したグループのひとりを『顔』が捕まえる。ということは、次回は、物凄い拷問シーンが待っているとということか。

・健全ロボダイミダラー/なかま亜咲
5話目。今回は、人間側がメインなので、それほどでも。主人公の真玉橋の他にHi-ERo粒子を持つ人が、まだ3人いることが明らかに。そいつら全員ペンギン側に行っちゃえばいいのに。

・セイタカアワダチソウと私/緒方波子
新人読み切り。ニート男と、ひきこもる部屋に生えた会話する植物の話。絵はまだまだの部分もあるけど全体的にはイイ感じ。もっと広い世界も描けるのでは。

・魔法少女メルリン/嵐田佐和子
新人読み切り。いきなり2本だて。メルリンは本当に魔法が使えるのかとか、少女と呼んでイイ年齢なのかとかどうでもイイ。断固レギュラー化を期待します。

・電人ボルタ/佐々木一浩
最終回。今回のエピソード自体はキレイにまとまっているけど、前回の急展開が気になって、やっぱりスッキリしない。

・ふたりの港/空木哲生
読み切り。動物の死を扱った話なのに、湿っぽくなりすぎていないのがイイ。あと、やっぱりこの作者は、若い女の子を出しといたほうがイイ。

予告
表紙イラストを担当している碧風羽の読みきりに期待。原鮎美の連載も始まるが、秋にサーフィンモノ?



Swimsuits Fellows! 2009 (BEAM COMIX)Swimsuits Fellows! 2009 (BEAM COMIX)
(2009/08/12)
森 薫入江 亜季

商品詳細を見る


・表紙
宮田紘次が担当しているんだけど、ここは素直に森薫とか、エロ方面から木静謙二あたりを使ったほうが表紙買いの層を期待できたのかも。

POLTER POSTER/高橋那津子
浸透圧/碧風羽
昔買った水着/森薫
水着を買う日/こざき亜衣
妖怪退治の仕方/真田順子
Paint it Black/高田健一
でこぼこgirlish/原鮎美
Birthday/安住だいち
海辺の君/小暮さきこ
川あそび/荒井翔子
真夏の亡霊チキンレース/吉田覚
渋谷でタンキニ/高田築
牛腸さんには目の毒/吉元ますめ
北進して/空木哲生
脳内スイカ割り/柳生鳩
あたりが、水着の女の子が可愛かったり、シチュエーションがよかったり、ストーリー運びが上手かったり、全部当てはまったりするとすると思います。

・株式会社ミヅノスポーツ/澤江啓太
この本のコンセンプトからは思いっきり外れてるんだろうけど、イチバン面白かった。自社製品の宣伝のために「成人男性12人で1着の水着(ワンピース)を着用する」ギネス記録に挑戦するという、色気もクソもない話。男たちが「ギャーギャー。食い込む!」とか、叫ぶ様で大笑いした。

やっぱり、全編水着というのはムリがあったかも。夏休み全体に範囲を広げて浴衣とか、法被+サラシで御輿を担ぐとか、白いワンピースに麦わら帽子とか、短パン+キャミソールだけで、暑い中グダグダ寝ているだけとか、うっかり服を全部洗濯しちゃって干してあったのも夕立にあって、露出度の高い服を着て出掛けなきゃならないとか、色んなバリエーションが出来たと思うんですけどね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/08/15(土) 09:28:08|
  2. Fellows!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/298-6b78ef86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad