晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

Fellows! vol.3の感想

Fellows! 2009-FEBRUARY volume 3 (BEAM COMIX)Fellows! 2009-FEBRUARY volume 3 (BEAM COMIX)
(2009/02/14)
福島 聡ほか

商品詳細を見る



・表紙
今回は、バレンタイン発売らしくチョコレートを持った少女。でも、周りには楽器を持った軍人たち。このミスマッチが、なかなか不思議な雰囲気を出しています。

・ロングロングアゴー/福島聡
新連載。最後に明らかになる半井亜矢の名前。巻末の読者コーナーによると、ビーム本誌で終了した『機動旅団八福神』の完結編とのこと。そっちを読んでいなくても楽しめる内容になるのかどうかが心配。

・ノラ猫の恋/長野香子
2話目。失踪した男を待つ娘とオカマ。そこに会社の後輩も合流。まだ話の枠組みの段階という感じ。面白くなりそうなので、もう少しペースをあげて欲しいところ。

・乙嫁語り/森薫
3話目。鞍の上に立つアミル。歌をほめられて馬を走らせてしまうアミル。ザクロにむさぼりつくアミル。キツネを仕留めるアミル。裸で寝ようとカルルクを誘うアミル。アミル大活躍でした。書き込み量もたっぷりで、大変満足。ラストでは、1話で出ていたアミルの元の部族の使者が登場。次話は、ちょっと重たい話になりそう。うまくすれ違ってくれるといいんだけど…。

・演劇部5分前/百名哲
新連載。見開きのトビラを見る限り、いま演劇部にいる3人以外に9人いる。みんな入部するわけではないとしても、全員が登場するのに、どれだけ時間がかかるのか?テンションが空回りしている感じ。

・乱と灰色の世界/入江亜季
2話目。大きな力を持った母親、静が登場。町中をスイーツまみれにして、すぐに帰ってしまう。後を追おうとする乱。母親が務めている役目か、もしくわ住んでいる村自体が、灰色の世界ということになるのか?

・ブラステッド/室井大資
2話目。前話ラストにつながる暴力パート。レーザーポインタやワイヤー付きナイフはともかく、義手の仕込み銃はやり過ぎだと思った。

・ふうらい姉妹/長崎ライチ
新連載。ちょうどいい脱力具合。濃い作品が多いので、気楽に読める。

・電人ボルタ/佐々木一浩
3話目。ボルタの腕の謎よりも、素恵のエロさが中心になりつつある。左肩の天秤のタトゥーが気になった。

・奉姫/木静謙二
読み切り。あえてアクションシーンを省略して、食べるシーンと武器商人とのやり取りに終始するという構成。このまま連載しちゃってもいいんじゃないかと思った。

・仏頂面のバニー/笠井スイ
読み切り。笑わないバニーを、どうやって笑わせるか。バニーの可愛らしさとオチのつきかたが抜群。連載を構想中だというので楽しみ。

・たまりば/しおやてるこ
3話目。ハルオと美和パイの恋模様とかどうでもいいが、テンポとかノリがイイ感じ。気楽に読める。息抜きその2という感じ。

・彼女と彼/冨明仁
3話目。まさかの最終回。急な展開からすると、打ち切りっぽい。微妙にすれ違いながらちょっとずつ近づいていってでも離れて…、っていうのを読みたかったのに残念。次の作品を期待します。

・狼の口~ヴォルフスムント~/久慈光久
新連載。若い騎士と貴族の娘が反目しあいながらも関所を抜ける話かと思いきや、その逆でビックリ。定番の勧進帳的な芝居をするも、いともあっさりと見破られてしまう。隔号掲載ということだか、今後はどういう展開にするのか。毎回関所破りを見破って首をはねるのか?宿の女が関わって関所抜けを思いとどまらせたりするのか?

・予告
ついに岩原裕二の連載予告が。タイトルは『アレックス・ブラック』。ダークヒーロー物っぽい。キーワードが『女の尻』というところは、読む前から同意してしまう。でも、シリーズ連載ってことは、毎号載らないの?はやくも、4月が待ち遠しいです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2009/02/17(火) 10:04:07|
  2. Fellows!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ohtanouen.blog96.fc2.com/tb.php/223-29c6c718
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad