FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ヴィンランド・サガ。

カラオケ行こ! の感想





『カラオケ行こ!』の感想です。作者がコミティアで発表した同人誌に加筆修正し、描き下ろしを加えた一冊になっています。




・口絵
ダ・ヴィンチのモナリザをモチーフに、主人公のひとり・岡聡実が描かれています。『夢中さ、君に。』では、フェルメールの『真珠の耳飾りの少女』が使われていたし、この名画シリーズは続けていってほしいところ。

・カラオケ行こ!(前編)
 合唱部の部長・岡聡実(中3)は、ヤクザの成田狂児に誘われカラオケボックスへ。そこで「歌がうまくなるコツ教えてくれへん?」と頼まれる。経緯を説明する段階から作者の会話テンポの良さとか間の取り方の上手さがさく裂していて、グイグイと引き込まれる。特に狂児が十八番の『紅(X JAPAN)』を唄い始め、聡美がチャーハンを注文するあたりは早くもエンジンが全開になっている。
 狂児は曲選びに難航。聡美がほめた『タイガー&ドラゴン』とかリストアップされた曲から、なんとなく狂児の声質を想像できるのがいい。それから狂児はスタンドカラーのシャツを着ているけど、これは『女の園の星』の星先生も着用しているし、和山先生が好きなのかな? そして、聡実は中学最後の大会が迫っていたが、同時に声変わりの危機にも怯えていた。合唱には ソリ というパートがあるんだな。ソロじゃなくて。
 学校行事でイチゴ狩りに行こうとする聡実を拉致り、他のヤクザの歌唱診断もすることに。はじめは真面目にアドバイスしていたのに、最後3人はただの悪口になっているのが最高に面白すぎる。そして、お詫びに狂児がイチゴを4パック(段ボールに入っているヤツ)を買ってあげるのが、最高にエモい。あのイチゴは食卓に出すわけにもいかないので、ひとりで食べたんだろうな。

・カラオケ行こ!(後編)
 聡実の喉の調子はますます悪くなり、狂児もカラオケ大会が迫って来たので2人の練習は最後ということになる。しかし聡実は、理由を見つけ「近寄るな」と言われていた街の危険地帯に足を踏み入れてしまう。さっそく絡まれる → 狂児が助けに来るという展開だけでも最高なのに、84ページの血飛沫キャッチがカッコよすぎる。そこから聡実は感情を爆発させてしまう。声変わりの悩みもあり、いろいろと不安定になっていたんだな。
 合唱大会当日。聡実は交通事故の現場に通りかかる。警察の話では、そこに狂児がいたらしいのだが……。ここのモブは和山先生ではなく、他の人が描いているのかな?タッチが違うと思う。そして狂児の安否を確かめるため、聡実はヤクザが集まるスナックに足を運ぶ。ここで大勢の強面の大人たちに啖呵を切るのもすごいし、見事に喉を犠牲にして『紅』を唄いきるのも流石。はじめて狂児が唄ったというのもあるけど、タイトルの響き的にも、やっぱりここは『紅』じゃないと。
 そして時は経過し、聡実は高校を卒業する時期に。これまでのことを卒業文集に書くのもなかなかヘビーだけど、カラオケ大会のペナルティで聡実の名前の刺青を入れる狂児もなかなかにクレイジーだと思う。高校進学後、聡実は歌を唄っていないっぽいし、狂児もおそらくカラオケの練習をしていない。はなれていた3年間、2人がどういう気持ちでいたのか、いろいろと想像がはかどってしまう。

・描き下ろし
狂児の過去編。名前の由来や、どうしてヤクザになったのかといった経緯が描かれる。しかし、この街。カラオケボックスに反社会勢力が集まりすぎだろ。






今年は、和山先生イヤーですね。














関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2020/09/17(木) 19:49:30|
  2. 和山やま
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する