FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/12月はジョジョリオン、ゴールデンカムイ。

六道の悪女たち 第17巻の感想




六道の悪女たち 第17巻の感想です。椰子谷の指に結ばれた赤い糸。これまでとはちょっと意味合いが違うか。






・第143話 番長の条件
クロムサムの要求は、亞森の番長を連れてくること。ここでヨースケ(幼田)が立ち上がる。幼田が変装しているヨースケが幼田のフリをするという、なんともややこしい状況に。岡森が亞森を憎む理由と、野玄が針蔵の元番長だったことが明らかになるが、これ連載時は「乱奈がやったんじゃ……」と思ってしまったけど、違ったので良かった。

・第144話 夢の共闘
ヨースケ(幼田)は幼田に、ハルオ(飯沼)も飯沼への変装を完了させる(というか、メイクをやめて元に戻っただけ)。亞森と針蔵の歴史的な共闘の瞬間なのだが、岡森自身はそれに気づくはずもなく……って、岡森もうちょっと疑えよ。そして、ここで乱奈が登場。風乃に自分を「男にしてほしい」と頼む。六道の女装姿を見て「だったら自分は……」というところか。

・第145話 男らしさって何
人質として、何故かもてなされている桃子(六道)。この状況を利用し、クロムサムのメンバーから情報収集をする。元鬼島のメンバーなど、ここにきて強大な戦力が明らかになるが、チーム竜宮を潰したいという畑秀和のチーム。仮に椰子谷の思惑が上手く運んで行ったとしても、竜宮を相手にするのはかなり後回しになるだろうから、独自に動いていたほうが良かったのでは?と思う。

・第146話 解放される野玄
椰子谷と野玄の出会い、そして野玄がMに目覚めるキッカケなどが描かれる。周囲からのプレッシャーに負け、トイレだけが逃げ場だったというのが、昔の六道との似ていてなんだか面白い。あと、野玄はもうちょっと上の世代の伝説のヤンキーだと思っていたけど、わりと近い世代だったんだな。あと強さ的に椰子谷のお墨付きを得ているので、作中でもかなりの高レベルということか。

・第147話 想い溢れる椰子谷
椰子谷が改めて桃子(六道)に告白。つき合うことができるなら、すべてを捨て改心してもいいと言う。それを受けて六道は……。ここまでずっと敵対関係だった椰子谷にすらウソをつくことを良しとしないのは、さすが六道といったところ。というタイミングで、針蔵が到着する。それぞれがそれぞれのプライドやポリシーを賭けてぶつかることは必至。vs鬼島以来の大型抗争の開始。

・第148話 激白
一触即発のクロムサムと針蔵オールスターズ。ここで桃子(六道)への恋心を封じ込め、椰子谷が場を収めようとするが、男・六道はソレを許せず、自ら正体を明かす。椰子谷視点の変装解除途中の六道の様子が面白すぎる。それから凄む野玄に対し幼田は一歩も引かないけど、野玄はたぶん19歳。幼田も2ダブしているので18歳。見た目以上に歳は離れていないんだな。

・第149話 椰子谷の決壊
椰子谷がブチ切れて、本格開戦。デビュー作『ひざまずけ豚野郎』(みたいな言葉)を叫んでいるのが良かった。でも、その前の「せっかく普通の恋が出来たと思ったのにぃ~い~」っていうのが、ホントの気持ちなんだろうな。その椰子谷の相手は雷乃が務める様子。飯沼は椰子谷の側近の四条と、幼田は野玄と激突する。
六道 17巻

・第150話 女の背中
元鬼島ナンバー1椰子谷が、ナンバー5の雷乃を圧倒する。もともとの実力差に加え、戦いの場に身を置き続けた椰子谷と、普通の学校生活を送ろうとしていた雷乃の違いもあるか。そして、野玄と対峙する幼田は、背中で岡森に語りかける。小さくても雄弁に語る背中だよ。幼田は番長にふさわしい大きな器を持っている。

・第151話 男の中の男
幼田の考えを聞いた岡森は、自分が持っていた屋玄の幻影を振り払うために立ち上がるが、その実力差は圧倒的。野玄にボコボコにされてしまう。というタイミングで、男装した“真打ち”乱奈が登場する。開戦には間に合わなかったけど、これまでのシリーズを考えると早い到着の部類かな。あと風乃は、どこで乱奈のサイズに合う長ランを用意したのか?




・おまけ漫画
乱奈がボケまくる。『犬派と猫派』のヤツが良かった。









次巻で、クロムサムと完全決着











関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/11/09(土) 17:47:48|
  2. 六道の悪女たち
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する