FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月はトクサツガガガ、スピドメ、天国大魔境、フルット。

週刊少年チャンピオン 42号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は逃亡者エリオです。






・逃亡者エリオ/細川雅巳
巻頭カラー。このタイミングで人物紹介&あらすじページを作っていることに、力の入れ具合を感じる。本筋では、第2の刺客・ヒルダが登場。デボラと対峙する。これで5人で逃げることは確実だろうけど、そうするとゴルディがクロコダインのようにならないか心配。

・弱虫ペダル/渡辺航
新たなMTB乗り・吉丸雷音が登場。小野田に今回の大会の仕組みを解説する。コイツと弓射との対決となるわけか。

・BEASTARS/板垣巴留
センターカラー。コピ・ルアクは過激な団体というわけではなく、混血種について研究している組織だった。でも、そうするとゴーシャが無駄な戦いをしたことになるけど、いいのか? そしてメロンは大学で講師をしていたが、その講義をハルが受けていた。こういう繋がり方をしてくるか。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
キャバレー内での、力剛山と龍金剛のプライベートファイト。ゴブリンの後なので、ややスケールダウンしていると感じられるのと、対決している2人の名前が似すぎていて分かりにくい。どうにかできなかったのか?

・バキ道/板垣恵介
今週も力士の顔見せ。そして板垣巴留先生との対談で、親娘ということが公式に発表されるんだけど「みなさんご存じとは思いますが…」みたいにヌルッとした流れで良かったの? ウソでも「実はお二人は親子なんです!」ってやっておいたほうが良かったんじゃないの?

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
お祭り回。縁日で無双するこむらさん。でも「浴衣がはだけて……」みたいなネタは入れなくて良かったのか?

・SHY/実樹ぶきみ
センターカラー。戦闘経験のないシャイと、スターダストの能力差は圧倒的。ボコボコにされてしまう。次回の巻頭カラーで能力を開花させ、一発入れるって流れだろうけど、シャイは今後も戦うたびにボロボロになりそう。

・魔入りました!入間くん/西修
バチコとの修行を思い出し、幻覚の魔物を排除した入間。178~179ページの見開きは、さすが主人公というカッコよさ。ただ、オロバスの存在はまだ分かっていないはずなので、次にどうするかだな。

・さちおくん/キャットタング鈴原
ドラゴンのほっぺたについたご飯粒を取ってあげる。絵の迫力とやっていることのギャップが大きすぎる。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
避難訓練。人込みで困っていた鈴を、大祐が助ける。鈴って最初から、こんなに小さかったっけ?

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。小鉄の海パンと、のり子のブルマが接着剤でくっついてしまう。最後は小鉄を全裸放置で良かったんじゃないの?

・六道の悪女たち/中村勇志
笑顔の乱奈は凶暴性を加速させ、椰子谷を圧倒する。まさか、ここまでの実力差があったとは。そして六道と野玄のイデオロギーがぶつかり合う。椰子谷の悪事に加担する野玄と、乱奈のために暴力から遠ざけようとする六道ということか。とことん、この2人を対比させてくるな。

・もういっぽん!/村岡ユウ
早苗は寝技に持ちこもうとするが……。この結果は、あまりにも残酷。ショックを引きずらないか心配なほど。あんまり疲れてもいないだろうし、小田桐3人抜きは固いか。

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
九里虎は豪快な投げ技で藤野を倒したかに思われたが……。15歳が18歳を年寄り扱いする世界か。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
バレー部だけでなく修学館全体が、スポーツを演劇ととらえる学校だと明らかに。だとしても、あんなにヒゲの濃い生徒ばかり集まる理由にはならないと思う。そしてスパイクを打ったアミルが、下平の足の上に着地してしまうというアクシデントが。これも芝居なのかどうか?

・娑婆王/暦
致命的な一撃を受けたオリバーが見たのは、片瞳の悲しそうな顔だった。意外と、このオリバー戦に尺を割くな。

・ロロッロ!/桜井のりお
美術部の出し物は応援上映。しかし、ちとせが「著作権に引っかかるのでは?」と待ったをかける。そこで代わりに上映されたのは……。そういうシーン以外の部分も、たくさんあったろうに。

・どらコン!/触媒ヒロオミ
神様なのに、テレビの占いで最下位になってしまったことを気にするウカノ。トオルとラッキーアイテム探しに出かける。キツネより龍のほうが身体が固そうだけどな。

・謀略のパンツァー/古田朋大
謀略とアンの因縁の一端が明らかに。アルミ&久美子で時間稼ぎをしたところで、真澄が到着する。これが最終決戦かな。でも、いまだにパンツァー対決のルールが分からないんだよな。

・月影の忍/灰谷音屋
読み切り。兵糧攻めで落とした城に、妖が出現。忍の鳶丸が退治を命ぜられる。ジュニオールから、ガラッと作風を変えてきた印象。絵も陰影のメリハリが効いていた。

・本気!/立原あゆみ
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。友人の六を殺された本気が、ケジメをつけに動く。っていうか、本気って主人公の名前だったのか。知らなかった。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が、新しい炊飯ジャーを購入する。今は、こういうのに手をだせるくらい金銭的余裕があるのか。













次号の50周年企画は『夕焼け番長』。縹マサキと山本真太朗の読み切りも載ります。












関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/09/19(木) 18:06:54|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する