FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/8月は六道の悪女たち。

週刊少年チャンピオン 29号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、モーニング娘。'19の牧野真莉愛さんです。






・バキ道/板垣恵介
巻頭カラー。実力に疑問を呈した宿禰に、渋川が実力の一端を垣間見せる。6人だとキリが悪いので、もう1人追加参戦があるかな。

・ゆうえんち ‐バキ外伝‐/板垣恵介・夢枕獏
岩合文太郎という少年が、ゴウモンとあだ名されイジメられる様子。彼が成長してゆうえんちに参加しているのか、それともただ一人の友人というのがゴブリン春日あたりなのか。

・さちおくん/キャットタング鈴原
さちおくんが、犯罪は嫌いだということをハッキリと意思表明する。ホッコリオチだけど、今回は2ページを持て余しているような。

・弱虫ペダル/渡辺航
センタカラー。ウイリーや悪路を登っていくMTBの姿に、衝撃を受ける小野田。しかし、サスペンションを知らないものかね?「動いた!!――」じゃないだろ。

・あっぱれ!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
シャンプーキャップを被って、雨の街に飛び出す小鉄。そこで鈴ちゃんと出会う。超低速ドラゴンスープレックスが良かった。

・六道の悪女たち/中村勇志
人質として、もてなされている六道。クロムサムのメンバーから情報収集をする。元鬼島のメンバーが在籍しているなど、ここにきて強大な戦力が明らかになる。椰子谷vs雷乃は確実として、野玄は六道と幼田のどっちとやるのか? あと乱奈もいるし、クロムサム側の頭数が足りていないような。

・ロロッロ!/桜井のりお
ポリスが拾った子猫の飼い主を探して、会長の家へ。しかし、来客中なのに致そうとするなんて、会長と旧部長の関係性が発展しすぎじゃない?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
センターカラー。プール掃除に借り出されるふし研。和香の薬剤の影響で、プールがツルツル状態になってしまう。和香は、トビラでだけメガネを外すルールか?

・BEASTARS/板垣巴留
レゴシの母親・レアノがどうやって育ってきたかという回想。美しいオオカミとして生きてきたが、あるとき、背中に鱗が見つかる。レゴシ、すごい経緯で生まれたんだな。あと、早く体に戻らなくてもいいの?

・WORST外伝 グリコ/髙橋ヒロシ・鈴木リュータ
九里虎勝利。全中戦争を制覇する。しかし、決勝の舞台をチームの売名に利用したとして、リボンにヘイトが集まるが……。このまま花火を見てシメでもいいと思うが、単行本も重版したそうだし、まだ続くのかな。

・足芸少女こむらさん/灰刃ねむみ
花火羅ルルヱさんが登場。持ち前のバレエと根性で、こむらさんに対抗しようとする。このヒキだと、まさかの三角関係に突入か?

・魔入りました!入間くん/西修
講師陣が集まって、1日目の総括&弟子自慢。まぁ『初日0Pで優勝したヤツはいない』とかは、フラグだよなぁ。キレるバチコが良かった。

・もういっぽん!/村岡ユウ
3戦目でもエンジン全開の未知に押されるなっちゃん。OBたちが博多南ではなく、なっちゃんの応援をするのが良かった。引き分けで決着っていうのもあり得るのか。

・謀略のパンツァー/古田朋大
本命の動物園を前に、初日のホテルで獣のパンツァーが仕掛けてくる。パンツァー感についていけなくなってきた。

・ハリガネサービスACE/荒達哉
ランニングフローターを対角線に打ち込むことで、松山の陣形を揺さぶる下平。現在18点だから、このまま1セット取っちゃうか。

・美少女戦士とパパ/吉田達弥
読み切り。死んだ父親が妖精に転生。娘を美少女戦士にスカウトする。クリーチャーのデザインが良かったのに、あまり動かなかったのが残念。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
要と位置を入れ替えた清春の攻撃。さらに、小雨らの援護を受けて王を追い詰めていく。このまま決着かな?

・0 前編/荒井俊太郎
短期連載第3話。化物が現れるという『第零中』に向かった徹夜。そこにいたのは、外からの番長をひとりで狩り続けていた男だった。13ページ目の腕のない徹夜は、戦意を削がれた的な解釈でいいの?

・ヒマワリ/平川哲弘
本番直前のルミエール。次回が最終回だけど、そのステージの様子が描かれるのか? 終わった後で、それぞれの家族と話して……みたいな流れかもしれない。

・鮫神鉄拳ジャッポ/綿貫琢己
読み切り。NEXT CHAMPION新人大賞受賞作。治安が最悪で銃の使用が当たり前の国。主人公のジャッポは尊敬する父親の言葉を守り、銃に頼らない強い男になろうとしていた。絵や話の構成などレベルが高く、しっかりと面白い。攻撃の跡が背中側に現れるところが最高。今回は『対銃』という軸がしっかりしていたけど、連載になるとちょっと苦しいと思う。

・月とスッポン/柳沢きみお
チャンピオン50周年記念読み切りリバイバル掲載。ダメな主人公の新一が、美少女ヒロインの世界ちゃんからひとり立ちしようと奮闘する。現代でも通じるテーマ、ストーリー運びだと思う。インタビューに応えられていないということは、引退したってことなのかな。

・木曜日のフルット/石黒正数
なぜネズミを追いかけてしまうのか? という根本的な疑問について考えるフルットたち。カートゥーン感の強いオチ。









次号の50周年企画は『浦安鉄筋家族』。触媒ヒロオミの新連載が始まります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/06/20(木) 17:46:52|
  2. チャンピオン 2019
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する