FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/11月は六道、終末のワルキューレ、ヴィンランドサガ。

アフタヌーン 6月号の感想




アフタヌーンの感想です。表紙は『来世は他人がいい』です。





・プ~ねこ/北道正幸
連載15年&単行本発売記念巻頭カラー。風助は見つけられたけど、ツイッターでの企画のほうは、全部見つけられない。

・来世は他人がいい/小西明日翔
霧島の自分への感情が好意なのか執着なのか気になる吉乃だが、実はどちらでもないと気づいてしまう。いっぽう霧島は、むかしつき合っていた汐田菜緒と再会。彼女が出演するイベントに、吉乃の都合を合わせようとする。霧島の吉乃への気持ちは揺るがないと思っていただけに、ちょっと意外な展開。

・ブルーピリオド/山口つばさ
アクシデントに見舞われた八虎を助けたのは、世田介と桑名さんだった。なんとか試験会場にたどり着き、ヌードモデルの課題に取り組む。しかし、体調は回復せず……。大葉先生の言う『飛び道具』とは何なのか? あと、桜庭さんが美大受験をあきらめるシーンが切ない。

・はしっこアンサンブル/木尾士目
合唱の名門校である西ヶ淵高校と合同練習をすることに。しかし、そこには晃の中学時代の同級生である貞本の姿もあった。まぁ、これが好影響を及ぼすとは考えにくいし、となりには昂星もいるし、ただでは済まなそう。

・おおきく振りかぶって/ひぐちアサ
沖が見逃しの三振でゲームセット。西浦は初戦で敗退してしまう。が、最後の一球の判定は崎玉の三年も気になっていた。両校がファミレスに集まり『ストライク』の定義について話し合う。これは次回も続くようで、なかなか興味深い内容になりそう。

・猫が西向きゃ/漆原友紀
自分の行きたい場所にワープしてしまう路地のフローが発生。そこに、特にしたいことがなく行きたい場所のない希歩が迷い込んでしまう。ヒロタとの会話シーンの空気感が良かった。ジョジョの幽霊の小径とか、それ町のユキコが迷子になる話とか、路地マンガに外れなしだな。

・天国大魔境/石黒正数
天国パート。ついにタラオが亡くなってしまう。火葬された後に残ったモノは……。これで子供たちと人食いが素直につながるのかどうか。それから学者がアンズの靴の裏を見たのは、侵入犯を捜しているからか。魔境パート。2人の次の目的地が、人を永遠に生かし続ける医者がいるという不滅教団と定まる。あと、元号と西暦で時期を特定させないというのが上手い。

・ワンダンス/珈琲
ダンスの練習や宮尾部長の熱い想いの一端も語られるが、個人的にはグループでの会話に入っていけないカボのモノローグが印象的だった。光莉以外のクラスメイトとの関係も良好なようでなにより。

・イサック/真刈信二&DOUBLE-S
戦闘開始を告げる矢をイサックが撃ち落としたことで、マジャール弓騎兵の戦意をそぐことに成功する。そして、ヴォルフシュタットでプリンツの兄・フリードリヒ五世と会うことになる。さらに、敵はヴァレンシュタインの軍と判明。対立構図がハッキリしたな。

・ヴィンランド・サガ/幸村誠
前回の借りを返すため、トルケルとの決闘に臨むことになるトルフィン。しかし、ここでグズリーズが待ったをかける。女ならではの強さってことか。そして、この告白を聞いたシグやんはどうするのか? それからトールズの墓は、あんな状態なのか。アイスランドのほうには墓標はないのかな?

・波よ聞いてくれ/沙村広明
引きこもり相談。開始早々に暴力に打って出るのがミナレらしくて最高。なんか父と妹は死んだ感じになっているけど、意外と生きている気がする。あの家族のテンションだと誤解を与えそう。それから「牛乳より役立つ人間なんてこの世にいない」は、名言だと思う。

・乾と巽~ザバイカル戦記~/安彦良和
センターカラー。冬の夜に酒を買いに出された幼い乾は、そこで開拓団長の植芝と出会う。実の父より、こっちのほうから多くのことを学んでいそう。そして時間は戻り、乾はウラジオストックに行くことに。やっと乾と巽が出会うのか。

・青野くんに触りたいから死にたい/椎名うみ
蒼太が仲良くしている謎の存在の正体を確かめるため、大翔の家へ。しかし、中に入る前に襲撃を受けてしまう。大翔、優里と続けて引きずられるシーンが不気味すぎる。そして黒青野の協力を取りつける。次回は、かなりの大騒動になりそう。

・トップウGP/藤島康介
真音から高台に交代。しかし、石橋チームの2番手に差を詰められ、プレッシャーをかけられることに。これ、今回はしのげたとしても、何回かはマッチアップすることになるんだろうから、どこかで対抗策を見つけたいな。

・フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/草水敏・恵三朗
作山さんに新しい薬を使うかどうかの話し合い。説明する岸先生、それを受け止める作山さん、自分の無力さを痛感する稲垣先生と、3人の感情の揺らめきが良かった。次回予告を見るに、検査結果によって作山家内に軋轢が生まれるのかな? あと中熊先生は白帯?で黒帯の稲垣先生を圧倒したのか。

・マージナル・オペレーション/芝村裕吏・キムラダイスケ
ヘリの中間基地を発見。包囲し攻撃を加える。順調に作戦が進んでいるかに思われたが、ジブリールの近くで大きな着弾が。敵の混乱具合から罠があったとは考えにくいし、偶然の反撃か?

・ああっ就活の女神さまっ/青木U平・よしづきくみち・藤島康介
いまさら、エントリーシートの書き方を皆藤さんに聞く。でも、これを言っちゃったら、どこにも面接できないのでは? あと皆藤さんも、このままだと就職できなさそう。

・スキップとローファー/高松美咲
クラスマッチ当日。美津未も奮闘するものの、志摩が多くの女子の注目を集める。そのことを受けて美津未は、志摩と出会った時のことを思い出す。本筋とは全然関係ないけど、バレーのブロックをしているところの村重さんが超カワイイ。

・おあいにくさま!/近由子
決死の告白を拒絶されたことで、今までとは違う意味で倉田とギクシャクしてしまう。その隙を突くように、宮川さんが村本にアプローチをかけてくる。作者近況は新日のことしか書いていないけど、単行本の宣伝もしたほうがいいと思う。

・宝石の国/市川春子
砕かれたフォスは、それぞれがバラバラに保管することに。あくまでも交渉を望んでいたユークレースとジェードがカギになるかな。月のシーンでは、カレーを食べて目から光を出すアレキが面白すぎた。

・概念ドロボウ/田中一行
運ドロボウ編決着。幸運も万能ではなく、また運に頼りすぎていたってことか。でも一番の決め手は犬飼が極悪人ではなかったってところかな。そしてウロの足には何かが埋め込まれていた様子。アオリには『制約』とあるけど、なんなんだ?

・ないものねだり/三浦風
読み切り。四季大賞受賞作。気になる子をイラストにして、ツイッターに投稿していた崎山。ふとしたことから、同じ高校のインディバンドのジャケットも手掛けることになる。身バレしてからのアカウント炎上の流れは「現代……」って感じだった。でも、少しラストがあっさりしすぎているような。

・大上さん、だだ漏れです。/吉田丸悠
多胡くんの映画撮影に協力することに。かねてより微妙な空気だったところに、柳沼君と根津さんの急接近?もあり、大上さんの心のダムが決壊してしまう。ここに多胡くんも絡んで、四角関係になるかな。

・大蜘蛛ちゃんフラッシュバック/植芝理一
綾さんが締め切り前に体調不良に。そこで部誌のマンガを高く評価していた一を助っ人として呼ぶことに。しかし、その前に一は実に実質的な告白をしているし……。しかも、このタイミングで次号休載とは。

・恋の罪/如月芳規
愛する人をオクスチエンヌに奪われた、サンダーシュ大佐とショルツ夫人が会談する。ショルツ夫人には勝算があるみたいだけど、この2人の力を合わせても、オクスチエンヌに届くのかどうか?









次号から、無限の住人のスピンオフがスタート。












関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/04/26(金) 19:56:23|
  2. アフタヌーン 2019
  3. | コメント:2

コメント

天国大魔境

天国パート。
タラオを励まそうと子供たちが音楽とダンスをしてる部分、なんとなく天岩戸開きを思わせるね。
でも、アメノタヂカラオに相当する怪力はタラオ自身なので……

大魔境パート。
ヒルコから採取したという不死身の肉塊が腐っていた理由って、なんだろう?
ヒルコの核から切り離された部分は不死ではないのか?
それとも、魚型ヒルコへのマルタッチの影響が肉片にも遠隔的に効果が出たのか?

>あと、元号と西暦で時期を特定させないというのが上手い。
春樹が姉の体に移植される原因の事件が5年前で、大天災から10年目の2034年。
学園内の生徒での最初の死者であるアスラの没年がT12年で、タラオ死去の現在(天栄17年)という事は、同じく5年前。
……そうなると、大天災が起きたのは2024年の天栄2年。

天国大魔境の世界では令和は5~6年で終わり!?
もしくは、平成(もしくはそれに相当する元号)が現実より5年ほど長くて、令和の代わりに天栄なのか?
  1. 2019/04/27(土) 02:10:07 |
  2. URL |
  3. いつもの名無し #-
  4. [ 編集 ]

Re: 天国大魔境

> 天国パート。
> タラオを励まそうと子供たちが音楽とダンスをしてる部分、なんとなく天岩戸開きを思わせるね。
> でも、アメノタヂカラオに相当する怪力はタラオ自身なので……

日本神話をモチーフにしながらも、そのままなぞるわけではない。って感じなんでしょうか。

> 大魔境パート。
> ヒルコから採取したという不死身の肉塊が腐っていた理由って、なんだろう?
> ヒルコの核から切り離された部分は不死ではないのか?
> それとも、魚型ヒルコへのマルタッチの影響が肉片にも遠隔的に効果が出たのか?

マルタッチで殺された後は「グズグズ」になっていたので、マルタッチのダメージ=核を潰されたら肉体全体がダメになるんじゃないでしょうか。

> >あと、元号と西暦で時期を特定させないというのが上手い。
> 春樹が姉の体に移植される原因の事件が5年前で、大天災から10年目の2034年。
> 学園内の生徒での最初の死者であるアスラの没年がT12年で、タラオ死去の現在(天栄17年)という事は、同じく5年前。
> ……そうなると、大天災が起きたのは2024年の天栄2年。
>
> 天国大魔境の世界では令和は5~6年で終わり!?
> もしくは、平成(もしくはそれに相当する元号)が現実より5年ほど長くて、令和の代わりに天栄なのか?

そもそも2つのパートが同じ時期とも限りませんし、天栄も施設内だけで使われている元号かもしれないですしね。そのあたりは上手くはぐらかしているなと。





コメントありがとうございました。











  1. 2019/04/27(土) 18:46:51 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する