FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/11月は六道、終末のワルキューレ、ヴィンランドサガ。

ダンジョン飯 第7巻の感想



『ダンジョン飯』第7巻の感想です。表紙はイヅツミ。これまでと違って、縦位置のカメラが新鮮。



・第43話 アイスゴーレム
かつて、炎竜に敗れた場所に到着したライオス達(43話かけて、第1話冒頭の地点まで戻って来たってことか)。そこでアンラッキーが重なり、アイスゴーレムとバトルすることに。ここで、イヅツミが本領を発揮する。俊敏性に優れていて、一撃で急所を仕留めるシノビ・アサシン的な戦闘スタイルか。そして料理パートでは岩場をサウナ代わりにしながら食べるのだが、そのとき「動物だから裸になっても平気だろ」と脱ぐイヅツミを(ライオスのモンスター欲から)マルシルたちがかばおうとするのが良かった。センシもアイアンクローしているし。
マルシル 金貨ぶつけ
金貨をぶつけられるマルシルかわいい。

・第44話 バロメッツ
好き嫌いが激しくワガママな性格のイヅツミ。自分が先走っておきながら、戦闘への参加も気まぐれ。勝手に洞窟内に逃げ込んだところを、マルシルが追いかける。打ち解けるための説得が、結果的に自分の首を絞めることになってしまうのが面白い。あとライオスは、ダイアウルフを追い払うために『獣のマネをしての威嚇』をしているけど、もはや得意技になりつつある。でも、主人公がそんなことでいいんだろうか? あとは、バロメッツの実から出てきた幼い羊が、なんだか特別グロく感じてしまった。イヅツミがガッつくのは、カニの味が猫の舌的に気に入ったというところか。
マルシル 魔物食語り
魔物食を語るマルシル。すっかり染まっている。

・第45話 卵
地上に戻ったシュロー&カブルー一行は、カナリアと呼ばれる西方エルフの迷宮制圧部隊が、島主と会談の場を設けていることを知る。ここでカブルーが、迷宮への不必要な介入を避けるために説得を試みる。ここまではヒール的なイメージの強いカブルーだったけど、迷宮から飛び出したモンスターに故郷を潰されたという過去があったのか。くわえて、その事態を引き起こしたエルフにも良い感情は持っていない様子。そしてライオスは、以前(第34話)から霊が見えていたことが発覚。イヅツミにも感知できていることが分かり、コンタクトを取ろうとするのだが……。
マルシル 卵混乱
魂を卵に例えたことを悩むマルシル。

・第46話 黄金郷
ゴーストに誘われて、ライオス達はモンスターと共存する村にたどり着く。ここは、狂乱の魔術師によって時の流れから切り離された黄金城城下町といったところか。そして、デルガルの孫にあたるヤアドから、予言によってライオスが未来の国王になる可能性が告げられる。このあたりのことはカブルーからも言われていたし、どういう結論を出すのか。でも、この村に残ってモンスターを愛でているほうが、はた目から見ると幸せな気もする。それから、結界の影響によって大人しくなり、マルシルに懐いているイヅツミがカワイイ。
マルシル ドレスアップ
マルシル、最先端のファッション。

・第47話 グリフィン
狂乱の魔術師・シスルの能力を抑えるためには、ダンジョン深部に眠る『有翼の獅子』の力を借りなければならない。という情報をヤアドから得て、ライオス達は再びダンジョン内に戻る。古代ドワーフの貯水庫でグリフィンの襲撃を受けるが、センシが異様な拒否反応を見せる。後の展開を見ると、センシが言い訳に使おうとしたキノコなど、張られた伏線も見事。あと、この巻で魔物食を食べない唯一の話。
マルシル から喜び
ぬか喜びするマルシルかわいい。

・第48話 使い魔
マルシルが即席で使い魔を作り、グリフィンに早贄にされたセンシを捜し救出しようとする。助ける可能性を高めるために、最終的にはスカイフィッシュを生み出すことに。戦闘で使われたのは、ジョジョ以来か。マルシルの作るモンスターのデザインに遺憾の意を表明するライオスとか、チルチャックが子持ちと判明したり、使い魔操縦中のマルシルの面白アクションなど、いろいろと衝撃の多いこの巻随一のコメディ回。
マルシル 三つ編み切り
使い魔を作るために、三つ編みを切るマルシル。

・第49話 グリフィンのスープ
センシの過去語り。まだ若い(36歳)センシが参加していた鉱夫パーティーが、黄金城を偶然発見。そのまま探索に入るものの、迷宮から脱出不能になってしまう。次々と仲間が死んでいくなか、リーダーのギリンが用意した『グリフィンのスープ』は、本当にグリフィンの肉を使ったものだったのか……? イヅツミですら大人しくしているのに、ライオスの空気の読まなさ加減が凄かったが、見事に真相を解明したのはお見事。まるでモンスター食探偵だな。これで一件落着。ハッピーエンドという雰囲気だったが、ラストで混乱を生む原因となったキノコのチェンジリングの輪に足を踏み入れてしまう……。
マルシル 現実から目を背ける
現実から目を背けるマルシル。


・モンスターよもやま話 ‐7‐
イヅツミが毛玉(召喚獣を作るために使った、マルシルの髪の毛)を吐き出すヤツが良かった。







次巻、ライオス達は一体どんな姿になっているのか!?











関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2019/04/15(月) 18:39:36|
  2. 九井諒子
  3. | コメント:2

コメント

いつものように表紙では武器ではなく調理器具だけど
イヅツミの左手に持つバーベキュー串。
紫玉ねぎのような野菜が見えるけど猫に与えても大丈夫なのかな

まぁこの娘は食べんか
  1. 2019/04/15(月) 21:00:23 |
  2. URL |
  3. ツナカユリコ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> いつものように表紙では武器ではなく調理器具だけど
> イヅツミの左手に持つバーベキュー串。
> 紫玉ねぎのような野菜が見えるけど猫に与えても大丈夫なのかな
>
> まぁこの娘は食べんか


センシがそのあたりはケアしているでしょうし大丈夫じゃないでしょうか。タイミング的に、村でもらった物ですかね。



コメントありがとうございました。






  1. 2019/04/16(火) 14:29:58 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する