FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月はトクサツガガガ、スピドメ、天国大魔境、フルット。

どのマンガが多くの賞にランクインしたかのランキング 2019

先日、マンガ大賞2019の結果が発表され、2018年を対象にした漫画賞が出そろったことになります。そこで、今回は『どの作品が多くの賞にランクインしたかをランキング』してみました。
対象は今年から拡大して…
・次にくるマンガ大賞 2018(次に)
・このマンガがすごい! 2019(すごい)
・THE BEST MANGA 2019 このマンガを読め!(読め)
・俺マン2018(俺マン)
・全国書店員が選んだおすすめコミック2019(書店員)
・マンガ大賞 2019(大賞)
・第2回マンガ新聞大賞(新聞)
・第9回ananマンガ大賞(anan)
・ブロスコミックアワード2018(ブロス)
の9つでやっていきたいと思います。

1:10位以内にランクインした賞の数
2:↑が同じ場合は、10位以下にランキングされた賞の数が多い方が上位
3:それも同じ場合は、1でランクインした順位の平均が低い方が上位
というレギュレーションです。
※ブロスは大賞を1位、神9を2~10位にし、+α枠を11位という扱いに。ananは大賞を1位、準大賞を同率5位という扱いにしています。


第10位
呪術廻戦/芥見下々/集英社/3


次に6位 俺マン1位 書店員1位
呪いにまつわる世界を描くダークファンタジー。『彼方のアストラ』『おじさまと猫』『ルーザーズ~日本初の青年漫画誌の誕生~』の3作品とランクイン数で並ぶものの、平均順位の差で滑り込みで10位に。俺マンと書店員の2冠がモノを言った。

第9位
凪のお暇/コナリミサト/秋田書店/3+2


すごい3位 ブロス8位 大賞10位 読め13位 俺マン31位
空気を読むことに疲れたOLが人生をリセットする。2年連続マンガ大賞でトップ10入りと、高く評価されている。秋田書店の連続アニメ化の次の弾はこれじゃないの?(実写化のほうが向いているか)

第8位
金剛寺さんは面倒臭い/とよ田みのる/小学館/3+2


すごい2位 俺マン8位 大賞7位  読め13位 ブロス11位
カタブツ女子と鬼の男子による最前線のラブコメ! 作品全体の熱量がハンパない。ちなみに9~7位は平均順位の差でついた結果だが、これは本筋とは大きく関わりのないことである!

第7位
来世は他人がいい/小西明日翔/講談社/3+2


次に1位 すごい9位 新聞1位 読め33位 書店員11位
ヤクザの家に生まれた男女による仁義なき恋愛物。昨年猛威を振るったアフタヌーン勢の一角。2016年には『春の呪い』が当ランキングの8位を獲得。2作続けての高評価となった。

第6位
終末のワルキューレ/アジチカ・梅村真也・フクイタクミ/徳間書店/4


すごい5位 書店員5位 ブロス2位 新聞7位
世界中の神々vs偉人・武人の人類の存亡をかけた13vs13のタイマン勝負。心の中の小5魂が熱くなる。昨年までのレギュレーションだと、ブロスと新聞がなかったのでランク外だった。

第5位
違国日記/ヤマシタトモコ/祥伝社/4


すごい4位 読め5位 俺マン3位 大賞4位
両親を亡くした女子高生を叔母が引き取るところから始まる、歳の差同居ストーリー。『HER』『ドントクライ、ガール』『BUTTER!!!』などに続き、ヒットメーカーとしての力を見せつけた。

第4位
極主夫道/おおのこうすけ/新潮社/4+1


次に3位 すごい8位 書店員2位 ブロス3位 俺マン28位
最凶ヤクザが主夫に華麗な転身を果たす。様々な家事を極道のノリでこなしていく。ほかにPixivコミックランキングで総合1位を獲得。Web発作品としてはトップの成績を残した。

第3位
ブルーピリオド/山口つばさ/講談社/4+2


すごい4位 俺マン5位 新聞3位 大賞3位 次に15位 読め13位
リア充男子が藝大受験に挑む、熱血美術ストーリー。実際の美大生の絵を作中に取り入れたり、意欲的な画面作りが目を引く。最近、プライベートではご結婚をされたそうで、幸せ続きでなによりです。

第2位
メタモルフォーゼの縁側/鶴谷香央理/KADOKAWA/5+1


すごい1位 読め1位 俺マン2位 ブロス1位 大賞8位 次に18位
75歳の老婦人と10代の書店員がBLを通じて友情をはぐくむ。3つの賞で1位を獲得。俺マンでは僅差の2位とランキングを席巻し、文化庁メディア芸術祭の新人賞も獲得した。2018年を代表する一作。

第1位
ミステリと言う勿れ/田村由美/小学館/7


すごい2位 読め8位 俺マン9位 書店員9位 ブロス4位 新聞8位 大賞2位
天然パーマの大学生が飄々とした『語り』で謎を解いていく。1位になった賞はなく、トップ5に入ったのも3つだけ、それでも次に以外で10位以内に入り、幅広く支持された結果、見事トップに輝く。




あとは
地獄楽/賀来ゆうじ/集英社

書店員4位 新聞4位 次に11位 すごい16位 俺マン41位

アクタージュ/マツキタツヤ・宇佐崎しろ/集英社

次に5位 書店員3位 すごい35位 俺マン12位

ここは今から倫理です。/雨瀬シオリ/集英社

次に7位 すごい12位 読め39位 俺マン22位

の3作品が、10位以下のランクインが多く『隠れ人気作』といった感じです。




ランキングを見て2018年は、女性作家が躍進したかなと思ったけど、過去のランキングを見ても大体男女比が半々だったので、そんなことはなかった。あと、講談社と小学館の2つをのぞいて、各出版社が1作ずつのランクインというのも、バランスが良くて興味深い。








関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/03/23(土) 17:28:00|
  2. 企画記事
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する