FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月はトクサツガガガ、スピドメ、天国大魔境、フルット。

うなじ保険 の感想




平方イコルスン『うなじ保険』の感想です。前の作品集『駄目な石』からは、約3年半ぶりの発売となります。



・装丁
『成程』からはじまり『スペシャル』でも白基調の表紙デザインだったので、緑がベースに使われているのは新鮮な印象。あと『駄目な石』にくらべて吹き出し内の文字が大きくなって読みやすくなっています。

・内容など
楽園本誌に掲載された15本、およびweb増刊に掲載された12本の計27本のショートストーリーが収録されています。『成程』『駄目な石』では、楽園連載陣などのゲスト寄稿がありましたが、今回はナシ。他の楽園系の単行本を買っていないので分からないですが、方針の変更があったのかも。

・カップル尾行
いつか来る自分が交際するときに万全の備えを期すため、他のカップルを尾行調査することを日々の生業としている、阿和&鳴見コンビをメインとした話が9本掲載されており(全体の1/3)、これが縦軸の役割を果たして単行本全体をまとめている印象。相対的な恋愛強者の姫カットの子や、様々なスキルを持つ堀江が加わることによって、ちょっとした日常モノみたいな雰囲気にもなっています。おそらく、次の作品集にも登場してくるはず。

・オカルト
今回はオカルト関連というか幽霊が登場する話も多く、もうひとつの軸を形成している印象。なかでも『断然』は、校内でお祓い用の棒を持ち歩いている星村さんの正体についてアレコレ言う部分に大半が割かれ、真相が判明するのにわずか1/3ページしか使っていないという構成の妙も味わえます。

・強引
そして、ベストエピソードを選ぶとするなら『強引』となるでしょうか。ある女性がスマホらしき道具に施された呪い?の力を使って、恨みのある男性を爆死させるという内容。イコルスン作品らしく、女性の動機や殺害方法など多くは語られないので想像で補完しなければならない部分が多く、余計に不気味な雰囲気を増長させている印象。仲介業者らしき女も、目の感じや歯を見せて笑うところなど、他の作品の登場人物とは一線を画すオーラを醸し出している。再登場を期待したいところ。


個人的な好みは『設置』の目やにを取ってもらおうとする子。





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/10/01(月) 14:24:02|
  2. 平方イコルスン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する