FC2ブログ

晴耕雨マンガ

天国大魔境の小ネタ募集中/10月はトクサツガガガ、スピドメ、天国大魔境、フルット。

天国大魔境 第1巻の感想




新しい冒険の始まり。石黒正数最新作『天国大魔境』第1巻の感想です。




・第1話 トキオ
高い壁と天井に囲まれた施設。いわゆるギムナジウムのようなところで暮らす少年・トキオ。タブレットの画面に表示された文字や、クラスメイトのミミヒメの言葉から『外の世界』を強く意識するようになる。勘の鋭いミミヒメや、身体能力の高いタカ、絵の上手いコナなど、子供たちは特別な才能を持っている様子。この巻で明かされることはなかったけど、トキオはどんな能力を持っているのか? こちら側の話を便宜上『天国パート』と呼びます。

・第2話 マル
一転して、舞台は荒廃した街並みに。ビルは崩れかけ道路はヒビ割れ、サルの姿も見える始末。さらに夜になると異形の化物が……。そんな廃墟を進むマルと、彼が「おねーちゃん」と呼ぶキルコ。民家に上がり込み、食料をあさる。そして、襲ってきた強盗の類を『当たった部分をえぐり取る光線銃』で撃退する。作者はインタビューで否定していたけど、やっぱり『AKIRA』っぽい雰囲気がある。2人は、目的地である『天国』(と呼ばれる場所)の情報を聞き出そうとする。こちらは『魔境パート』と呼びます。

・第3話 キルコ
魔境パート。前話で撃退した強盗の根城に行き『トマト天国』と呼ばれる場所の情報をゲットする。さりげないセリフで、文明崩壊から15年経っていることが判明。それほどの時間が経過しながら、まるで復興の兆しがないことから日本の大部分が被害を被った何かがあったと思われる。天災か人災か……。
天国パート。トキオは、頭のいいタラオの話を聞き、外への興味を深める。しかし、周囲の人間関係の微妙な変化にも、頭を悩ませる。そして、機械いじりが好きでミミヒメのことが気になるシロのところに、ミミヒメの裸の画像が送られてくる。この犯人は? そして、トキオのいる施設ではトマトが育てられているが……?

・第4話 ヒルコ ①
魔境パート。かなりの距離を移動してきた2人は、奇跡的に営業している宿を見つける。第2話の段階では、道路の案内標識から東京西部あたりにいたと思うけど、遠くに富士山が見えるところまで来ている様子。湘南辺り? この場所に出現するという“人喰い”または“ヒルコ”と呼ばれる化物退治を宿屋の女将に申し出るが……。あと、ボロボロの民宿に泊まるのに12万円も払って「安すぎない?」と言っている金銭感覚も見逃せない。

・第5話 ヒルコ ②
引き続き、魔境パート。ヒルコが振り回す厄介な触手だが、キルコの光線銃『キル光線』で順調に削り取っていく。あと一撃というところで女将さんが……。殺されるシーンのグロさは石黒作品らしからぬインパクトがあるし、そこにいたるまでの流れも、この世界では常識がブッ壊れているんだなということを感じさせられて、ちょっと気持ちが沈む。それだけに、最後で電池を置いていくマルの行動に救われる。

・第6話 タカ
天国パート。施設管理用のロボット(立方体のルンバみたいなヤツ)を足場代わりにし、タカが柱を登っていく。もうすぐ天井に届くかというところで、急にロボットが停止し落下してしまう。これは単純にロボットの性能限界だったのか? それとも、別の理由があるのか? そして、コナの描いた赤ちゃんの絵を見たクク(第3話では木に張り付いている)は「本当の赤ちゃんには顔が無い」と言う。その真意は?
魔境パート。大きな断層に足止めを食らった2人。イカダを手作りして、ワニがいるかもしれない川を急いで渡る。出発のためにビルを降りるのに1ページ使ったり、なにか伏線が仕込まれている気もするが分からない。マルの能力がヒルコ限定というのが、判明したくらい。

・第7話 トマト天国
魔境パート。2人は『トマト天国』こと、草壁農園に到着。多くの人が集まり農業を営むコミュニティだが、当然ここがマルの目指していた『天国』ではなかった。ここから様々な情報が開示される。マルは天国にいる『同じ顔をしたやつ』に薬を打つことを指示されていたことが明らかに。でも、これは毒の可能性が高そう。そして、農園内の荷物にキル光線銃と同じマークがあったことから、2人は東京に戻ることに。その船上でマルは勢い余って告白するが、そこでキルコが衝撃のカミングアウトをする。でも、そんな大掛かりな手術が、文明崩壊後にできるものなんだろうか?



マルとキルコは、東京に戻ってからも『天国』探しを続けるのか? そしてトキオは施設の外側へと行けるのか?
あと、カバー下とかあとがきとか、オマケ要素がなかったのが少し残念。







関連記事
スポンサーサイト



テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/07/25(水) 18:28:11|
  2. 感想
  3. | コメント:8

コメント

なんとなく同作者の短編集
「ポジティブ先生」収録の「種」みたいな世界を彷彿としました

トマトだし草壁だし
  1. 2018/07/25(水) 21:32:26 |
  2. URL |
  3. ツナカユリコ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> なんとなく同作者の短編集
> 「ポジティブ先生」収録の「種」みたいな世界を彷彿としました
>
> トマトだし草壁だし


このあたりは、コミックナタリーのインタビューでも触れていますね。草壁の見た目は変わっていますけどね。


ツナカユリコさん、コメントありがとうございました。







  1. 2018/07/26(木) 19:38:54 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

3話と7話

コミックスで読み返してみると、タラオとマルのガードの先代が同じ病気みたいだね。
タラオが隔離されていたりしてない所をみると伝染病とかでは無さそうだけど・・・・・・、免疫系の病気とかかな?
  1. 2018/07/26(木) 23:46:50 |
  2. URL |
  3. いつもの名無し #-
  4. [ 編集 ]

Re: 3話と7話

> コミックスで読み返してみると、タラオとマルのガードの先代が同じ病気みたいだね。
> タラオが隔離されていたりしてない所をみると伝染病とかでは無さそうだけど・・・・・・、免疫系の病気とかかな?


いまのところ、この病気だけが2つのパートに登場している要素ですかね。タラオも治療中心の生活のようですから、重い病気には変わりない感じですかね。


コメントありがとうございました。







  1. 2018/07/27(金) 16:39:38 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

第2話47ページ
食人についての会話
→脈絡なく始まる会話であることから、何かしらの意味を有していると考えられる

第4話114ページ
「イノシシか何かの肉」
第5話159ページ
「もしかしたらお女将さんが息子に客を食わせていた」
→あくまでも推測でしかないが、女将さんは客を睡眠薬で眠らせ、殺し、その肉を息子に食べさせていた?
女将さんの格安経営、無駄に多いシャンプーボトルの理由はこの辺りにありそう。
「イノシシか何かの肉」とぼかした表現であることから、キルコとマルは殺された客の肉を口にした?

第6話176ページ2コマ目
「天国」に動物が生息している、畜産が行われている描写は今のところ確認できないが、食事として肉が出されている
第6話178ページ
「本当の赤ちゃんには顔がない」
→「天国」では赤ん坊の人肉が食事として提供されている?

我ながらこじつけ臭い気もしますが、それっぽい描写を集めるとこんな感じの推測ができるかな、と思いました。

  1. 2018/09/05(水) 00:48:54 |
  2. URL |
  3. よー #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 第2話47ページ
> 食人についての会話
> →脈絡なく始まる会話であることから、何かしらの意味を有していると考えられる

外天楼のことを考えると、なんらかのタブー要素をブチ込んできてもおかしくはないですね。

> 第4話114ページ
> 「イノシシか何かの肉」
> 第5話159ページ
> 「もしかしたらお女将さんが息子に客を食わせていた」
> →あくまでも推測でしかないが、女将さんは客を睡眠薬で眠らせ、殺し、その肉を息子に食べさせていた?
> 女将さんの格安経営、無駄に多いシャンプーボトルの理由はこの辺りにありそう。
> 「イノシシか何かの肉」とぼかした表現であることから、キルコとマルは殺された客の肉を口にした?

このあたりはもうスポットが当たることもないでしょうし、読者の想像に任せて…パターンですかね。本当にイノシシの肉で、近所からかき集めてきたシャンプーかもしれないわけですし。真相がハッキリするとすれば、マルたちがもう一度イノシシの肉を食べたときですね。

> 第6話176ページ2コマ目
> 「天国」に動物が生息している、畜産が行われている描写は今のところ確認できないが、食事として肉が出されている
> 第6話178ページ
> 「本当の赤ちゃんには顔がない」
> →「天国」では赤ん坊の人肉が食事として提供されている?
>
> 我ながらこじつけ臭い気もしますが、それっぽい描写を集めるとこんな感じの推測ができるかな、と思いました。

これは、トキオたちの施設がどこか?というほかにいつか?ということが明らかにならないとハッキリしなさそうですね。文明崩壊前なら普通に外部から搬入されているでしょうし、マルたちと同じ時間軸なら、それこそ人工肉の製造プラントがあるかもしれないですしね。



よーさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。










  1. 2018/09/05(水) 19:16:47 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして。
草壁は婿養子に入った高井の息子かと想像しています。妻の名が桃子で、「種」の草壁の娘の名前です。草壁は容姿が変わったのではなく、本人らしき人も登場してますね。種を見つけたのは俺だとか言ってました。
しかし面白い作品ですね。続きが気になって仕方ないです。
  1. 2018/09/30(日) 03:27:39 |
  2. URL |
  3. くろいぬ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> はじめまして。
はじめまして。

> 草壁は婿養子に入った高井の息子かと想像しています。妻の名が桃子で、「種」の草壁の娘の名前です。草壁は容姿が変わったのではなく、本人らしき人も登場してますね。種を見つけたのは俺だとか言ってました。
> しかし面白い作品ですね。続きが気になって仕方ないです。

直接『種』とつながっているわけではないでしょうけどね。でも、こういう仕掛けが石黒作品の魅力のひとつでもありますよね。




くろいぬさん、コメントありがとうございました。
本文に反映させていただきました。











  1. 2018/09/30(日) 21:16:39 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する