FC2ブログ

晴耕雨マンガ

9月は、六道の悪女たち、ゴールデンカムイ、終末のワルキューレ。

ハルタ vol.53の感想




ハルタ第53号の感想です。今回は、センとコンジュのグラフィグが付録に。



・表紙&カバーストーリー
大槻一翔先生が担当。ビキニでハンバーガーを売り歩く女性たちが描かれています。でも、パテをひっくり返すときは、油が跳ねて大変だと思うのです。

・ヒナまつり/大武政夫
第76話。未来では、ヒナたち超能力者の組織が政府と対立し、内戦状態にあることがハルから語られる。その原因が『ロックージョン』を求めるアツシにあることも判明。でも、アツシを失脚させた黒幕は分からなかったし、現在のところ無関係っぽいけど話し合いに新田が呼ばれた理由も気になるところ。

・ダンジョン飯/九井諒子
第43話。かつて、炎竜に敗れた場所に到着したライオス達。そこでアンラッキーが重なり、アイスゴーレムとバトルすることに。ここで、イヅツミが本領を発揮する。俊敏性に優れていて、一撃で急所を仕留めるイメージか。そして料理パートでは岩場をサウナ代わりにしながら食べるのだが、そのとき「動物だから裸になっても平気だろ」と脱ぐイヅツミをかばおうとする(主にライオスから)マルシルが良かった。

・ミギとダリ/佐野菜見
第8話。ミギがワガママな性格の丸太という男の子と遊んでいるあいだに、ダリが家内を探索。しかし、部屋の様子を窺ってみると……。冷静なダリが激高し、感情が表に出やすいと言われていたミギが制止するという、逆転の構造が良かった。

・乙嫁語り/森薫
第44話(通算70話目)。今回は、スミスと会った時や再婚するときのアレコレ、そして再びスミスと会うまでのタラスの心の動きを描く。路銀のために、自分の装飾品を次々と売っていくシーンが、とても切ない。

・わかばのこと/荒木美咲
読み切り。母親が忙しい わかば は、叔父の長次郎のところで放課後を過ごしていた。本当は母親に甘えたいのに、そのことを素直に言えないわかばと、一度は挫折したバイオリンに再び挑戦する長次郎を重ねる構成が上手い。これがデビューとは、思えない。

・昴とスーさん/高橋那津子
第11話。スーさんの祖母の墓参りに行く。その中で2人の出会いが回想され、堂嶋さんの家では、スーさんの告白の様子も振り返ることに。スーさんが子供になっていなかったら、普通に「結婚が……」という話になっていたんだろうな。

・東京城址女子高生/山田果苗
第6話。今回は、あゆりの地元・杉並にある成宗城址をめぐる。家族に「城址めぐりの何が楽しいの?」と言われたことなどをキッカケに、あゆりの心に火がつき『城址散策部』設立に動く。美音の過去の一端も明らかになり、これで本格的に絆ができたってことかな。

・今日のちょーか!/戎島実里
第13話。少し離れた港に、アジを釣りに行く。いつのまにか成長した潮香と渚の姿を、三日月先生の視点で見つめるという内容。ただ、こうなってくると物語的に、次の目標を決めたほうがいい気がする。

・彼女はお義父さん/川田大智
第9話。小野君の好きな映画監督の試写会と、お義父さんのサイン会がバッティング。しかたなくあきらめようと思った小野君だが……。お義父さんが本心を語る流れが良かった。しかし、トレーニングしたとはいえ、不安定な変身でサイン会を乗り切ることができるのか?

・帰らぬ人/櫻井良太
読み切り。戦争終結から10年。帰ってこない父親を捜して、娘がミッドと呼ばれる戦地だった場所に赴く。でも、作者的には親子愛とかではなくアクションシーンとかを重点的に描きたい様子。ヘリの墜落シーンも迫力があったし。しかし(友人の物?)とはいえ、女子高生がヘリの運転をできるとは。

・ハクメイとミコチ/樫木祐人
第53話。司書さんが登場。多くの訪問者のリクエストに応えていく。古着屋のヤツとかハクヨさんとか、多くのキャラが登場して賑やかでよかった。次号は休載。アニメで忙しかったのかな。

・ぽんたとそのた/中河星良
読み切り。6度目の登場。ぽんたの飼い主のペン子が『アホでもひく風邪』に倒れたので、委員長の寿限無君がプリントを届けにくる。でも、彼は犬が苦手だった。編集部的に、このシリーズをどうしたいんだろう?

・忍ぶな!チヨちゃん/設楽清人
第13話。風邪を引いたワタル殿が、保健室に運び込まれる。タマミに背中を押され、チヨ代が看病に向かう。でも、看護婦に変装しちゃったし高熱を出しているし、元気になった後に覚えていないパターンなのでは?

・はんざきちゃんとスイトンさん/得津宏太
読み切り。かつて人々から恐れられた化け物のハンザキと、彼女(?)を退治した術者のスイトンの話。再び化け物に戻らないように欲望を抑え込んで生きているハンザキちゃんを、スイトンが村で行われているお祭りに誘う。屋台を回る2人様子が楽しそうなのがいいし、子供3人と目が合った?というところからオチへの持っていきかたも良い。

・不死の猟犬/八十八良
第48話。来島だけでなく、辺見や岩永からも暴行を受ける谷山は、すでに限界か。いっぽう警察サイドでも事件のアウトラインを捕らえた様子。捜査の手が迫った時、雄貴とカオリはどうするのか?

・欅姉妹の四季/大槻一翔
第12話。縁日で朱美が捕まえた金魚を水槽に移す。瞳がいつになくせっかちになっているのが、なんだかカワイイ。もしかして初めてペットを飼うんだろうか? いずみがお姉ちゃんしているのも新鮮。

・バララッシュ/福島聡
第4話。『オネアミスの翼』を封切当日に観るため、徹夜で並ぶ2人。そのときのアレコレ。次回は、東京にスタジオ見学に行く様子。宇部はともかく山口は実績がないだけに、変に挫折しないといいけど。

・北北西に曇と往け/入江亜季
第22話。久しぶりに、慧のところにまともな依頼が。家出して1週間になるヨウンという少年の行方を捜すことに。情報収集→尾行→建物への潜入と、立派に探偵している。お色気シーンもあったし。

・青武高校あおぞら弓道部/嵐田佐和子
第10話。天馬らが利用する弓具店の娘・いぶきは、学校では派手な外見に変装して遊びまわっていた。弓道部員たちが店に来てバレることを危惧したいぶきは、屋上での活動を中止に追い込もうとする。でも、4人目の部員になる流れだよな。

・あねおもい/福田星良
第5話。遊びに来たたかしを、不思議の国のアリス風のパーティーで出迎える一連のネタが面白すぎる。姉弟の狂気が満ちている。

・丁寧に恋して/サワミソノ
第11話。箱入り娘の都留ちゃんは、恋人の穂高君と2人きりになりたかった。というのが、修学旅行をサボろうとした理由。自分が行くために苦労した丁寧のブチ切れ具合がすごかった。491Pなんて、ちょっとホラーが入っている。しかし、2人の考えを聞き『修学旅行こそ、2人の思い出を作るのに相応しい』と考えを改め、説得する。次回から、いよいよ台湾編か。

・ひつじがいっぴき/高江洲弥
第11話。アラコータでも水の中の怜夢を救うことはできず。カギは、隣り合った母親の夢の世界にあるはずだが、そこには入ることができず。ここで、めェさんが意地を見せる。タイトルの『ひつじがいっぴき』って、この状態のめェさんのことかな?

・星明りグラフィクス/山本和音
第14話。3年生に進級した吉持。しかし、プレゼンの授業に大苦戦してしまう。パーティーに参加し、見つけ出した打開策は? パーティーで話しかけられる人を、ことごとく覚えていない流れが良かった。あと、今回はキャラの顔がおまんじゅうみたいになっていたけど、一時的な絵の変化かな?

・ストラヴァガンツァ~異彩の姫~外伝/冨明仁
第5話。今回は、ポックルの姫・チッチルが主役。“大きな女性”に憧れる彼女の奮闘ぶりを、ショート×4本で描くオムニバス構成。バリキンとルックルはスピンオフ?の主役だった時もあったけど、本編ではコレといった活躍はなかったな。

・燕のはさみ/松本水星
第12話。ツテを頼りに、英国大使館のパーティーに潜入したマダム・レオナ。しかし、そこには絶対に顔を合わせたくない男も同席していた。意識するあまり失敗を重ねてしまう。それでも、大使と接点が持てればと思ったが……。本人は失敗したと思っているけど、大使の明確なリアクションがないので、まだ分からないんじゃないかな。

・ゲームしたっていいじゃん/高橋拡那
読み切り。4度目の登場。今回は『英語を勉強』と『合コンに参加』の2本。遊花さんのキャラとゲームとそれ以外の日常が、うまくミックスできてきたような。

・U子さんの恋人/近藤聡乃
番外編その2。U子とあさこが双子だと判明。仲の悪い2人が、台所でしみじみと語るシーンが良かった。それからあさこの娘2人のキャラがとてもイイ。次回からは、本編に戻る様子。

・碧いホルスの瞳 -男装の女王の物語-/犬童千絵
第21話。シェプストは、戦いを続けてきたヌビア族の国と和平を結び交易を活性化させようとするが、課題は山積み。そして、ジェフティにハプスネブが接近する。何を狙っているのか?

・ラブ孝/緒方波子
第7話。ベランダ菜園などを駆使し、自立した生活を目指す波ちゃん。でも早々に挫折してしまう。そのことと、猫語を話すようになった牛田とのコミュニケーションを上手くリンクさせている。でも、リアルに語尾が「ニャン」の男がいたら、相当の恐怖だと思う。

・有明の月/百名哲
三部作・中編。モキュメンタリー第6弾。片桐さんが失踪し、百野が行方を捜すことになる。前編で登場した藤浪さんが受け取っていたCDから、行先の見当をつける。本人は登場しないのに、片桐さんの気持ちや考え方がグワーッと伝わってくるのがスゴイ。

・予告
次号は、まだ見ぬ春の、山岳部、ドラクラ、バードさん、キツネと熊、ニコラが掲載。柴田康平の新連載も始まります。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/04/15(日) 18:49:50|
  2. ハルタ 31号~
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad