FC2ブログ

晴耕雨マンガ

9月は、六道の悪女たち、ゴールデンカムイ、終末のワルキューレ。

週刊少年チャンピオン 10号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は、連載25周年の『浦安鉄筋家族』です。




・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
巻頭カラー。髙橋ヒロシ先生との対談&コラボポスターや連載陣のおめでとうイラスト、歴代担当の座談会など企画記事が盛りだくさん。本編は、浦安市民最強トーナメント。ほぼ、柳一族が持って行った感じ。

・弱虫ペダル/渡辺航
残り40mのラストスパートを制して山岳賞を獲得したのは、手嶋ッ! 浦久保に続き葦木場も撃破するとは、エースキラーみたいなものじゃないか。田所が言う通り『大金星』なのだが、もう地味キャラ的なイメージはない。

・刃牙道/板垣恵介
刃牙は、フルスイングで刀を投げつける。武蔵がキャッチし両手がふさがった瞬間を狙って、飛び蹴りをお見舞いしダウンを奪う。「屠る」と宣言したわけだけど、刀でやってしまうのか? あくまで拳でなのか?

・週刊少年ハチ/増田英二
センターカラー。ハチは決意してミケに自分のネームを見せるが、その出来は散々なものだった。そこから辛辣なダメ出しを経て口論になり、2人は終電を逃してしまう。そして夜の港で改めて、いろいろと語らい合うことに。今回はハチの決意表明&ミケとの友情締結回といった感じ。早々に上級生に絡まれることになるのかな。

・BEASTARS/板垣巴留
アゴの力が衰えたことを伝えるレゴシ。ゴウヒンは、自分の仕事に強引に巻き込むことで、アゴの力が四肢に分散されていることを教える。バトル方面では噛みつき特化から、人間的な動きを使った戦い方になるって感じなのかな?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
マラソン大会。フライングのネタが最高。判定がバグっている。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
カギがかかっていたというだけでふし研部室を爆破しようとした平塚さんを、高浜さんが注意しようとする。ふし研メンバー以外のからみというのは、意外と新鮮だった。こういう、科学者キャラが媚薬を開発するのは鉄板だな。

・魔入りました!入間くん/西修
アメリに女装癖&虚言癖があると思われてしまった入間。誤解をとくために、サリバンですら「喋らない」と言う悪食の指輪の秘密を解明することに。そこで、入間の位階が関係していることが判明する。この謎を解き明かすのも、ストーリーの軸のひとつになっていくか。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
謎の洋館に呼び出されたロナルド、サテツ、ショット。気がつくと閉じ込められた部屋から、命がけの脱出を強いられる事態に。仕掛け人の吸血鬼フィアスコは趣向を凝らした仕掛けを用意するものの、ロナウドたちがポンコツすぎてうまくいかない。まぁ、呼んだ相手が悪かったよね。

・六道の悪女たち/中村勇志
登校前は飯沼、放課後は乱奈の特訓を受ける六道。飯沼の「正しい根拠に基づいた基礎トレ」ってところまでは良かったものの、実践したのはバトル漫画に出てくる常識外れの特訓だった。結果的に強くはならなかったが、耐久力とかは上がっていないかな?

・ロロッロ!/桜井のりお
2人1組で肖像画を描くことに。ちとせとイチカが組み、戌井さんは林田さんと組むことに。これはAI研究で忙しくて寝ていたってことでいいのかな。寝言ってことはないよね。

・ヒマワリ/平川哲弘
やっぱり櫻田は、蓮らのチームワークの悪さを説教。さらに、個々人の悪いポイントも指摘していく。これで5人がやる気になるのかどうか。具志堅&海老澤あたりは簡単にはいかなそう。

・魔法少女サイト/佐藤健太郎
酒木さんが潮井のヤバさを察知したことで、深くかかわらずにステッキの能力をコピーすることに成功する。ただ、彩編の展開的に、このままで終わることはなさそう。

・ハリガネサービス/荒達哉
必殺のワンハンド・マイナステンポスパイクを羽座川に拾われてしまったことで、松方にひとつの疑念が。強引な検証を経て、羽座川が事故に遭った時のように、時間が通常の数倍の長さに体感していることが明らかになる。これまでで、最も人間離れした能力だな。コレ、滞空時間の長い天井サーブとかだと、羽座川が待ちきれないんじゃ?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
激しい攻防が続くが、体格差からか王虎が押し勝ち始める。鯉太郎も反撃のブチカマシを当てるが、それを見た石川や椿の反応が……。この取り組みが最後って可能性もなくはないか。

・逆襲インフェルノ/重本ハジメ
鬼による、地獄での人間の待遇の説明。インフェリオルを解説するときの「異を呼び異を唱え~」の文句がカッコいい。そして、地獄に落ちた時に出会った2人組の助けを得て、リーダー格の鬼を撃破する。絵的なカッコよさは抜群。ここから鬼退治が始まるわけか。

・囚人リク/瀬口忍
リクが鬼堂院に、思いのたけをぶちまける。残り2話なので、当初からの目的のぶん殴るのに1話。エピローグに1話って感じかな。

・GREAT OLD ~ドラゴンの創り方~ /伊科田海
素材集めは順調に進むが、いきなり処刑人にエルスがやられてしまう。残り2人が戦闘に使える能力を持っていそうもないし、どう逃げるか? あと、みんな何らかの学問のスペシャリストだけど、オールラウンダー的な人はいないのかな?

・Gメン/小沢としお
ナイフを出されても、勝太はひるまず。逆に腕をへし折り、竹内に勝利する。篤史を助けたところで、警察が登場し、全員が連行されてしまう。それぞれの彼女が迎えにくるなか、勝太は……みたいな感じかな?

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
戦力差は圧倒的ながら、アザイの剣がシバタの角を砕く。しかし、おイチの判断は……。まだオダ軍とは勝負にならない感じか。次回は、新武将の登場かな。

・木曜日のフルット/石黒正数
ケイトが新しい美猫の登場に嫉妬の炎を燃やす。しかし、飼い主?カメラマン?はどこから撮影しているのか。あと、フルットをめぐる女性陣のさや当ても面白い。







次号は、木々津克久の読み切りが掲載。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/02/01(木) 18:27:51|
  2. チャンピオン 2018
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad