晴耕雨マンガ

4月は『スピーシーズドメイン』『ダンジョン飯』。

アフタヌーン 3月号の感想




石黒正数先生の新連載『天国大魔境』が始まったので、今月からアフタヌーンの感想を書いていきたいと思います。全作品とはいきませんが、ボチボチと。



・天国大魔境/石黒正数
新連載巻頭カラー。2話掲載。1話目は壁に囲まれたギムナジウムのようなところで生活する少年少女の話。勘の鋭い少女ミミヒメに言われて、トキオはそれまで意識していなかった壁の外側のことに思いをはせる。2話目は災害により文明が崩壊した後の街でサバイバル生活する姉弟の話。まぁ、最初から面白くなる雰囲気がプンプンしている。小ネタとしては『開高建設』。

・来世は他人がいい/小西明日翔
大阪のヤクザの孫娘と東京のヤクザの孫息子の話。騒動自体は前半で片づけて、後半の2人のやり取りがメインという感じ。しかし、5話目にしてヒロインの腎臓がない状態だったのか。今年ブレイクするであろう有力作品。

・大上さん、だだ漏れです。/吉田丸悠
触った相手に本音を話させてしまう男子と、ハレンチ妄想が止まらない彼女の話。今回は動物園デート。ゾウのはともかく、カメのもそんなにデカかったのか。大上さんが頑張ろうとする理由が良かった。甘酸っぱい。

・宝石の国/市川春子
宝石少女たちの話。フォスたちが月に行った後の地球側の話。金剛先生が倒れている宝石たちを集め、隠された事情を話す。が『禁止された内容』のところだけ言葉が飛ぶのが、すごく不気味だった。ここからさらに、月に行く組と残留組に分裂するのかな?

・ブルーピリオド/山口つばさ
美術系スポコンストーリー。世田介の「受験絵画」という言葉を受け絵を描くことに迷いが生じた八虎は、藝大の学園祭に行くことに。そこで予備校をやめた世田介と再会し、キツイことを言われてしまう。大場先生は、見た目もふくめ良いキャラだと思う。

・プ~ねこ/北道正幸
猫4コマ。受験生関連の3本が良かった。

・波よ聞いてくれ/沙村広明
ハイテンションラジオコメディ。ミナレは、ハニートラップを華麗に撃退。瑞穂の部屋から「ぎょるっぱわああ」と悲鳴が聞こえてきてから、ちょっとだけ密室サスペンス風になるのが面白かった。そして、久連木さんと穂隠さんの会話の中でプロパガンダ番組を作ってほしいわけではなく、普通の番組を放送したいということが明らかに。動画とはたぐるものだったのか。

・イサック/真刈信二&DOUBLE-S
ヨーロッパの戦場を火縄銃が駆ける。なんとかスピノラ軍の攻撃を退け援軍の報せも届くが、その情報は敵方にも渡ってしまった。猛攻を予想したイサクは、町を焼くことを提案する。いっぽう戦場を求め続けるロレンツォは、戦争にあきたスピノラを手にかける。いろいろとややこしことになりそう。

・しったかブリリア/珈琲
相手を失望させないために知ったかぶりをする恋愛物。今回は、姫姫が心理学を用いて理助に揺さぶりをかけ、自分のところに戻ってくるようにアプローチをする。しかし、メインヒロインの名前が『みなとみらい』って、すごい判断だと思う。

・全生物に告ぐ/オオヒラ航多
人間に擬態する狂暴絶滅動物とのバトル物。我良は、史上最大のアゴをもつアンドリューサルクスの頭蓋骨を、瓦割りの要領で叩き潰して勝利。しかし、バッキーと紗雨ちゃんは拉致られてしまう。我良がバッキーの体のことを知ったらどうするか?

・小さな恋のやおよろず/千真
神様と人間のラブコメ。今回は赤点を食らった神様3人の勉強を、人間2人が教える。が、メインは小谷のアタフタ具合。虎之助や八重たちが終始マイペースを崩さないので、ひとりで空回りしている感じ。

・フラジャイル 病理医岸京一郎の所見/草水敏&恵三朗
病理医メインの医療物。謎の男からの勧めでセカンドオピニオンに来たという患者。鴻池や伍代が出てきて、前シリーズからの継続的要素が多いはずだが、前話の野球回のハイテンションぶりの印象が強すぎて、あんまり覚えていない。とりあえず伍代はひどい目に合いそう。

・トップウGP/藤島康介
少年のバイクレース物。ともにコースアウトしてしまった突風と高台。協力して一気にトップに追いつく。ベテラン作者なのでしっかり読ませるものの、バイクに興味がないのでコーナーの駆け引きの部分などは、あまりピンとこなかった。絵的にもあんまり変化がない感じ。

・マージナル・オペレーション/芝村裕吏&キムラダイスケ
少年傭兵を日本人が指揮する。順調に村を奪還していく。が、心配なのはここからで、中国軍の抵抗が予想される。その前の穏やかな日常風景といったところ。そして、アラタのところにジブリールが現れる。頬を赤らめているけど、何をする気なのやら。

・青野くんに触りたいから死にたい/椎名うみ
幽霊の彼氏との変則ラブコメ。今回は、優里と藤本の学童保育のバイトの様子。幽霊が見える?女の子の扱い方が上手い。しかし、この作品のキャラは、全員が感情むき出しでなんか怖い。473Pの「窓にいる!!」の表情とか、幽霊よりもおそろしい。

・ライフ2 ギバーテイカー/すえのぶけいこ
美少年殺人鬼とそれを追う女刑事。今回は、ルオトの犯罪パート。出会い系サイトを使い、女装して中年男を捕らえる。樹と要の話にも出てくるけど、ルオトの本当の狙いは何なんだろう?

・あたりのキッチン!/白乃雪
コミュ障女子の料理物。今回はバレンタイン回。国重さんが幼なじみの清正に、どんなチョコをあげるかで悩む。たしか、この作者さんはヨーロッパ在住だったと思うけど、そういう場合は献本って送っているのかな?

・ソフトメタルヴァンパイア/遠藤浩輝
吸血鬼と元素使いの話。昔ながらの吸血行為を行う『オールド・バイター』という吸血族が出現。確保に失敗し、このまま市街戦へと発展する模様。前半部分の、ミイカの歓迎会のシーンがホッコリして良い。

・大蜘蛛ちゃんフラッシュバック/植芝理一
父親の記憶がフラッシュバックして、母親の若いころの姿に息子ドキドキ。今回は体操服の時の、現在の短パン姿と昔のブルマ姿の違い。なので、お尻描写がたっぷり。しかし、男子が鈴木・田中・佐藤・高橋なのに、女子の名字が等々力・熊埜御堂・咄下・一と珍名ぞろいなのは、なぜなんだ?

・うつくしいものたち/富田童子
読み切り。四季大賞受賞作。井戸の底で修理業を営む醜い男。彼は、依頼主の少年が窓から落下するのを目撃。そのまま連れ帰り直すことに。少年はいわゆる球体関節人形なのだが、他の街の住民たちも同様の様子。画力は高いのだが、そのへんの設定にうまく入っていけなかった。

・BLACK‐BOX/髙橋ツトム
ハードなボクシング物。橋の上で何やら約束を交わす凌駕とレオン。この内容が、後々の展開のキーとなっていきそう。そして凌駕は日本タイトルマッチが決まる。

・金のひつじ/尾崎かおり
変わってしまった幼なじみ4人の関係性。東京に家出してきた継と空。継の父親と再会し、泊まるところを紹介されるが……。でも、このまま東京にいても問題が解決するわけでもないしなぁ……。

・バギーウィップ/大野すぐる
足が自慢の選手と作戦担当のテニス物。当初は負けを想定して挑んだ試合だったが、アラタの熱意にほだされた佐倉が徹夜で作戦を考える。負ける流れの試合かと思っていたが、まさかここで勝ちをもぎ取るとは。ただ次の試合はまともにプレーできるのか?

・恋の罪/如月芳規
中世スウェーデンを舞台にしたドロドロ恋愛物。父親の態度が完全にオクスチエンヌに傾いたことを悟ったエルネスティナは、会食の席でヘルマンとのことを打ち明ける決心をする。しかし、ショルツ夫人はチョロすぎる気がする。




次号から、木尾士目の新連載がスタート。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2018/01/26(金) 19:07:38|
  2. アフタヌーン 2018
  3. | コメント:2

コメント

天国大魔境

トキオとマル。
この漫画の主人公なのは、どっちなんだろう?
それとも、やっぱり群像劇作品なのかな?
  1. 2018/01/26(金) 22:14:03 |
  2. URL |
  3. 名無しさん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 天国大魔境

> トキオとマル。
> この漫画の主人公なのは、どっちなんだろう?
> それとも、やっぱり群像劇作品なのかな?

予告の段階で描かれていたのがこの2人なので、いちおうダブル主人公って感じですかね。ミミヒメとお姉ちゃんがヒロインでしょうか。第3話がどちらの視点で描かれるかが注目ですね。


コメントありがとうございました。




  1. 2018/01/27(土) 22:38:03 |
  2. URL |
  3. 管理人 #-
  4. [ 編集 ]

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad