晴耕雨マンガ

7月は、六道、岸辺露伴、ジョジョ、天国大魔境、フルット、木根さん。

少年ラケット 第13巻の感想



少年たちの卓球物語。完結となる『少年ラケット』第13巻の感想です。表紙は、切なさと力強さが同居したイチロー。



・SPIN.105 地上に輝く
久々湊の過去編。見た目などからサイコキャラかと思われたが、実はおばあちゃん思いの優しい性格だと明らかに。青一色の外見にこだわっていた理由も判明する。試合では、シゲがヒジを痛めたのかと気になってしまい、ペースをつかめない。最後もアンラッキーな形で敗戦してしまう。もう少し、じっくりプレー内容を見てみたいキャラだった。そして、次はイチローの出番。

・SPIN.106 美しい男
いよいよ、勝負をかけたシングル4がスタート。序盤は、和久津がレベルの高いプレーを見せ優位に立つ。ここでイチローは左腕を解禁。逆転で、1ゲーム目を先取する。しかし、2ゲーム目開始時にイチローは、左腕に違和感を感じる。プレー途中、33Pの和久津はなんだか不気味さがあって、美形キャラの面影がなくなってしまっている。

・SPIN.107 もう1つのラッキーナンバー
橙山中戦から使い始めた左腕は、急激な負荷に耐えられず。痛みが走った状態でプレーすることを避け、封印することになったイチロー。しかし、ここまで地味に鍛えていた右手首を解放する。第7巻の特訓編は、いろんな伏線が仕込まれていたんだな。でも、いくら必要とはいえ15086回も混ぜたら、納豆の粒が破壊されていそう。そして、プレー中にモノにした右でのチキータを武器に、第2ゲームも取る。でも、和久津的には想定内の様子。

・SPIN.108 水底眩く渦を巻く
和久津が、持ち前の読みの鋭さや打球バリエーションの豊富さを生かして、2ゲームを取り返す。和久津の勝負への執着心に触発され、イチローも必死に食らいついていく。この回は内容的に、激しい読み合いが行なわれていたはずなので、そのところをもうちょっと細かく描いてほしかったが、残り話数的に仕方なかったのか。そして、マッチポイントというタイミングで、イチローは温存してきた左手を再解禁する。

・SPIN.109 運命のふたり
土壇場で解禁した左手の一打で、和久津を振り切りイチローが勝利。森原中が準決勝進出を決める。そして、ヨルゲン&べるべると会ったイチローに過去の記憶が蘇る。イチローの母・小霧も卓球選手であり、べるべる母、ヨルゲン母と一緒にプレーしていたことなどが判明していく。和久津は紫王館ランク戦編から登場していたり、かなりの強キャラ感だったが、これといった見せ場なく敗れてしまったのが残念。

・SPIN.110 輝きのその先へ
イチローの記憶は完全に戻ったとのこと。恵美おばさんや桃西のメンバーに送り出され、いよいよ紫王館との準決勝が始まる。S1は、もちろんイチローvsヨルゲン。ついに、約束を果たすとき。2人の対戦が始まる……。ロッキーvs最上も面白そうな対戦だし、S3にエントリーしている小尾がどんな選手だったかも気になる。

・SPIN.111 約束は再び
最終回。大会が終わり、墓参りに来たイチローとヨルゲン。と、お母さんたち。ジョーとロッキーがダブルスを組むことになっていたり、ヨルゲン母のアレコレとか、描くことができなかった設定をできるだけ描いたという印象。でも、それでもキレイにまとまっていると思う。マンガとしてはここで完結でも、イチローたちの物語はこれからも続いていくということを感じさせられるエンディング。

・少年ラケット 読み切り版
週刊少年チャンピオン13年51号に掲載された、パイロット版。微妙な設定の変更はあるものの、基本的には1話から4話あたりと同じような内容。このころからロッキーやジョーが、しっかりと描かれているのに感心する。あと、わっこがヒロインみたいな立ち位置にいるのがちょっと面白い。



最終巻の背表紙担当キャラが、ねこーぴおんで良かったのかどうか?







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/11/11(土) 16:26:49|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad