晴耕雨マンガ

7月は、六道、岸辺露伴、ジョジョ、天国大魔境、フルット、木根さん。

別冊少年チャンピオン 12月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス』です。





・フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス/米原秀幸
新連載巻頭カラー。一気に100Pの大ボリューム。ツインソード号の船長となり、不死身とも不思議ともあだ名されるようになったココ。彼が狙っているのは『天使』だった。それを追い求める途中で知り合ったレインという女性を助けるうちに、彼女を欲するアスカマ・ニグという男と対立し、レインが天使である可能性を知ることになる。冒頭の逃走アクションやバトルシーンなど、動きのあるシーンの迫力はさすが。レイン救出だけでなく、そこから激動越えを目指すことになるのかどうか?

・AIの遺伝子 RED QUEEN/山田胡瓜
センターカラー。須堂は、人間至上主義の北ロビジアへの潜入を試みる。渡りをつけてくれるムジンナという男にダマされたかと思われたが……。そして須堂は、トンネルを潜り抜けて、北側へ到達する。ここから、本格的に新しい物語が始まるって感じかな。

・弱虫ペダル スペアバイク ふりきれカナさん!/渡辺航
本編のスピンオフである待宮編のスピンオフで、カナさんが主人公の特別編。これまでアプローチをかけてくれていた道秋君の誘いをキッパリと断る。「ヨリ戻ったんじゃー」の顔がカワイイ。次回から、新章が始まる様子。でも描かれてないキャラ、まだいたかな?

・インコンプリート アニマルズ/平沢バレンティーノ
読み切り。本編は動物ギャグで、コウモリの超音波に関するネタ。でも『整体師の助言で改名した』などの、枠外情報のほうが気になってしまった。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
センターカラー。芹澤の予告付きセカンドの頭上越えヒット、藤吉のライトへのHRにはじまり國蔵打線が大爆発。いっきょ11点をたたき出す。杉ノ森ナインは意気消沈かと思われたが……。大生、清丸、瀬戸のそれぞれの方向からの檄が良かった。でも点差は8点。挽回できるのか?

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
カナメはオオサコを締め上げ、黒幕が顧問のイエイリ先生だと突き止める。「殺るの?」と聞くときのシュカの目が怖い。そして圏外村では、レインがDゲームの本質に迫りつつあったが、そのときリュージが背後から撃たれてしまう。まぁ、レーベンズで誰か死ぬとなると……というポジションではあるが……。

・セトウツミ/此元和津也
センターカラー最終回。いつもの河原を定点カメラで描く。ちょっと変わったような、そうでもないような日常風景。あの場所ではなくても、2人のやり取りが続いていて良かった。あとは、樫村さんのモーガン・フリーマンのやつ。

・わがままハニイホリック/みなもと悠
二宮グループのメガネっ子。竹馬和葉さんはもともと、まといの幼なじみで昔はハニイのようなクラスの中心的な存在だった。では、なぜ現在のようになってしまったのか?ということが語られる。二宮もイジメじゃなくて自分の地位向上が目的だから、そんなジメジメした感じにならなかったのが良かった。

・レイリ/岩明均&室井大資
逃げながら奮戦を続けるレイリだが、ついに力尽きる。捕まえた武士たちは犯すか殺すかでモメる。レイリ本人もあきらめかけたときに援軍がやって来る。土屋と信勝、今回の件をどう評価するのか?

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。壊れた装飾の修復は、意外とあっさりと終了。時間が余ってしまったので、全員で銭湯に行くことに。そして木下や相馬が中心となり、下ネタトークがさく裂する。お肌成分も良かったけど、いつもと違う髪形なのも新鮮で良かった。あと、大根カレーの美味しさの力説から魔女コスの恵良さんがカワイすぎると思う。

・このかけがえのない地獄/アッチあい
読み切り。クラスのマドンナ小清水さんに告白するも、あっさりと玉砕してしまった宮村。しかし、小柄な体格や顔立ちを認められ、あることをお願いされる。どっちの気持ちも報われる見込みがないというのが、なんとも切ない。でも、この作品。別チャンじゃなくて女性向けの雑誌に載せたほうが良かったのでは?

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
助川が関東エロDVD採掘連絡会を割り、立憲エロ自然薯掘り起こし倶楽部を立ち上げることを表明。その初活動の場に、ゆいかも同行することに。そこで、極上のエロ自然薯を見つけたかに思われたが……。こういう寄生タイプのケベスも存在するのか。ゆいかは、究極の選択を迫られることに。

・ビキニアーマー同級生/中村ゆきひろ
読み切り。異世界で魔王を倒したビキニアーマー着用の女勇者・ミリアさんが、こちらの世界の学校に転校してくる。基本的には、勇者ゆえの怪力でトラブルを起こしてしまうケースが多く、ビキニアーマーがあまり生かされなかった印象。ワタナベ(剣)が桐山さんの股間から出てきた意味も分からない。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
2本立て。1本目はブルータスが当てにならないので、自分でシーザーを殺そうとするカシウス。2本目はシーザーがブルータスを特訓する。ブルータスが華麗なナイフ捌きを披露するところが面白かった。

・ビンゾー/古谷野孝雄
最終回。瀬津の尾行に気づいたヒロたちがうまく誘導し、ビンゾーとの1対1の状況を作る。目次コメントで「未完」と言っている通り、作者自身も不本意な幕切れなんだろうな。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
注文がっていうか、ひとこと説明の多い料理店。過去を引きずり過ぎだろ。





次号は、山口陽史、炎堂たつや、中村樹生、永原ゆうきの読み切りが載ります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/11/12(日) 15:55:21|
  2. 別チャン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad