晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 39号の感想



チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈さんです。






・BEASTARS/板垣巴留
巻頭カラー。ジュノは、レゴシをステージに上げたり、いっしょにロウソクに火を灯そうとしたり、既成事実を作って仲を確かなものにしようとする。しかし、レゴシは……。隕石祭はこれで終わりだとしても、学園生活の波風は当分収まらなさそう。

・BEAST COMPLEX/板垣巴留
板垣巴留2倍祭り、その②。BEASTARSの原型となったオムニバス作品の、最新エピソード。歴史ある料理番組の新しい先生として、大きな体のイリエワニのベニーが就くことに。彼の無神経な言動に、長年アシスタントを務めてきたガゼルのルナは、激しい抵抗感を示す。そして本番。2人は、ついに激しい口論を交わすことに。BEASTARSのほうがウジウジした感じだったので、ストレートに感情をぶつけ合っている様子が良かった。

・弱虫ペダル/渡辺航
まだ平坦区間を走っている京伏。先頭で引くことを強いられた水田は、御堂筋に不満をぶつける。しかし、小鞠との2人だけで、総北&箱学に勝てるもんなのかね?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
連載100回記念センターカラー。作者へのインタビューや、キャラ紹介記事あり。退治人ギルド、吸対、吸血鬼らが、新横の温泉に慰安にやって来る。ほぼオールスターのにぎやかな感じが最高。あと、前髪が下りたドラルクは、かなり貴重なのでは?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
校則に厳しい、ひずき先生。ビッグベルが、網の目をかいくぐろうとする。なんなんだ、無敵判定って。

・六道の悪女たち/中村勇志
飯沼と朱井の因縁が明らかに。仲間だと思われた友人たちに裏切られた過去を考えると、子分に収まった角山って意外とスゴイ奴なのかも。そして、六道への脅しの道具に使われた課長が、怒りの拳を振り上げる。ここか!? ここが、課長の見せ場になるのか!?

・囚人リク/瀬口忍
リクの言葉通り、いったん殺して制御システムをシャットダウンさせようとするレノマ。しかし、心臓を蹴りつけるのはOKなのに首を絞めるのはNGという価値観が、いまいち分からない。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。流れるプールで、国会議員が粗相をした物体の直撃を受けてしまったあかねちゃん。入院した本人は、熱中症で倒れたと思い込む。フグオのことを「バンバン・ビガロ似」と言っているのが面白い。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎が感じたのは足首の違和感ではなく、これまでに感じたことのない四股の感触だった様子。身体を酷使しすぎて、余計な力が入っていない感じなのかな? そして、田上が稲虎に四股名を改めていたことも判明。どれくらいで、サウエでネタにされるのか。

・おタエさんは今日もたべたい/天山まや
ルビは、紅を捜して田舎町へ。そこで出会った上尾アイさんに、おタエさんのことを説明する。これ、ほとんどルビの自制心頼みなんじゃないか。というところで、第3の紐の少女が登場。人間側の音無音子がいきなりルビにプロポーズする。全員が食欲というわけではないのかな?

・ハリガネサービス/荒達哉
『ヨシノ』と書かれたシューズが自分のものではないと言う扇。下平は家に帰ってから、親の話などでおおよそのことを把握する。家を訪ねて謝ろうとするが、バレークラブの時とは別の顔を見てしまうことに……。こういう展開を、読者が望んでいるのかどうか。

・AIの遺電子/山田胡瓜
最終回。須堂は、中東風の寺院にいる中年男性に移植された、母親のコピー人格と会う。262Pからのモノローグが、かなり切ない。そして『AIの遺電子 RED QUEEN』と改題し、別チャンに移籍しての連載継続が発表されました。今回のような、外国での母親探しが中心となりそう。

・魔入りました!入間くん/西修
サリバンお爺ちゃんが取り調べを受けている最中も、入間は師団披露の準備を進める。それぞれのやりたいことから、花火を打ち上げることを企画する。本番では、各キャラの家族もポイントになりそう。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
大祐の部屋で勉強会をやることになるが、早々に千晶と鈴が離脱。ことね先輩と2人きりで、ビミョーな空気になってしまう。一回、鈴と結だけの話を描いてほしい。

・Gメン/小沢としお
ひさしぶりの兄弟の会話…とはならず、広樹が不満をブチまけ梅の話を聞こうとしない。そして、母親も呼び出そうとする。重い話が続くな。

・出陣★昆虫武将チョウソカベ!/森田将文
実は始まっていた、チョウソカベの天下取りへの道。しかし、ことごとく頓挫していく。ラストのセリフ的に今後は、現代と戦国時代のギャップを生かしたギャグっぽい内容になっていくのかな。

・JINBA/浦田カズヒロ
新潟2歳ステークスがスタート。ジンバは、負ければ馬肉にされるかもしれないクルルのことが気になってしまう。しかし、レースではいきなりクルルが飛び出す。サラは逃げ馬は潰れると予想しているが……。馬肉うんぬんも芝居だったりして。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
葵が、ついに幽霊を見ることのできる薬の開発に成功。ナナと久しぶりの会話を果たす。感動エピソードが2つ続いたけど、もしかして……。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
一度は倒された岩の虚人・ガロックだが、再び『黒いヤツ』を溜めたさなかの攻撃で粉々になる。血を使っているらしいこの攻撃、どれくらい使用できるものなのか? そして、いよいよ最上と激突する。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
HEIKE MC vs MC禅&サウエのビーフが勃発。バトル漫画さながらの、激しい攻防が繰り広げられる。個人的には、HEIKE MCのパートナーの女DJが大変好み。よっしゃしゃっす〆


・少年ラケット/掛丸翔
土壇場で解禁した左手の一打で、和久津を振り切りイチローが勝利。森原が準決勝進出を決める。そして、ヨルゲン&べるべると会ったイチローに過去の記憶の断片が蘇る。イチローの母・小霧も卓球選手であり、べるべる母、ヨルゲン母と一緒にプレーしていたことが判明する。いよいよ、クライマックスかな。

・木曜日のフルット/石黒正数
鯨井先輩が、帰省した時の話。母親の言動がどこかおかしい理由は……。働けと言われるのと、結婚しろと言われるの、どっちがマシなのか?








次号は『HOTEL R.I.P』と『疵面』の出張掲載が。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/08/25(金) 15:56:31|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad