晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

週刊少年チャンピオン 30号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は『弱虫ペダル』です。






・魔入りました!入間くん/西修
単行本発売記念巻頭カラー。アズ本気の投球。恐怖心の克服と、投げる練習をしていない問題点を同時に解決する見事なプレーだった。これで入間は2に位階がアップ。次回からは新章か。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
新キャラ登場。新聞部部長の吉沢かなめさんが、スクープを求めてふし研を張りこむ。っていうか、熊の時に壊れた窓ってそのままになっていたのか。早く新調しろよ。あと、壁新聞に載っていた廃部になった化学部部長も、そのうち登場しそう。

・刃牙道/板垣恵介
2発目のパンチを、武蔵は刀でガード。しかし花山は、刀が刺さったままの拳で3発目をお見舞いする。ただ、パワーファイターの代表として武蔵が上げる名前が『弁慶』っていうのは、正しいのかどうか。

・弱虫ペダル/渡辺航
今回は、さよなら青八木スペシャルといった感じ。合流前に手嶋と交わした会話が明らかとなり、青八木はリタイアする。山の入り口までは3.3キロ。最後の平坦区間は、鏑木vs銅橋か。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
地味っ娘トリオの話。静香と民子が腹痛で保健室へ。ひとり残った和江は教室で……。教室にある習字は『沢』『最高』か。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
釣り堀に居ついてしまった吸血魚の退治に来た、ロナルド&ドラルク。今回はロナルドの空回り具合とかオチのつけ方が、なんだか質の高いシットコムのよう。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
睡眠の話。『スヤスヤ』という描き文字が、タイトルの『おヤスみ』にかかるというところが、非常にテクニカル。

・Gメン/小沢としお
センターカラー。薙編のエピローグ。2年ぶりの告白を経て、五月とヨリを戻すことに。これからも、少しくだけた感じになるのかな?

・六道の悪女たち/中村勇志
鬼島を辞めてきたという雷乃は、女だということも大佐にカミングアウトし、六道らの仲間になることに。タイミングよくチーム竜宮を見つけ、事態を説明しようとしたときに……。菫兄弟にもうひと仕掛けあったとは。多分、独自に組織された別働隊のようなものなんだろうな。

・ハリガネサービス/荒達哉
ミスしても、いろんなことを試しながら手応えをつかんでいく下平。しかし、山縣先生に途中で下げられてしまう。どんなアドバイスをするのか?

・BEASTARS/板垣巴留
シシ組構成員の身体にハルの匂いを嗅ぎとったレゴシが、本能をむき出しにする。ゴウヒンはボウガンで竹を打ち出しているけど、どれくらいのダメージがあるのか分かりにくい。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
カシウスの計画で、シーザー宅で宴が行なわれることに。そこに呼んでいない面々が、続々と集まってくる。出張連載もあと2回とのこと。この宴編でフィニッシュか?

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎の十一日目の対戦相手らしい、天雷の十日目の取り組みを振り返る。相手の白鯨力は、かなり変わり者の様子。以前登場したときは『愚直に叩き上げた魂の相撲』と言われていたはずだが……。

・囚人リク/瀬口忍
“高所恐怖症”の、松尾と史郎が、互いを励まし合いながら屋上に到達。次々と仲間たちを引き上げていく。しかし、残されたリクと田中が兵士らに発見されてしまう。沢田あたりが一気に駆け下りて救出してくれないものか。

・パンキー/田中優吏
読み切り。NEXT CHAMPION奨励賞受賞作。軍隊で特殊な訓練を受けたチンパンジーのパンキーが、人間のパートナーだった男の仇のギャング、ジム・ジャックを追うというハードボイルドな内容。割と突飛な設定ながらも、それをしっかりと読ませる力があったと思う。これは続編を読んでみたい。

・AIの遺電子/山田胡瓜
須堂のことをもっと知りたいと考えるリサ。そのことを聞いた友人のサバちゃんが、AIにドラマを作らせる。いろんなお約束シチュエーションが満点のコメディ度の高い内容だった。ただ、そこからちょっと切ない感じになるラスト3ページが、とても良い。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
雪子とたぬのしんがケンカする。なんか、小中学校が合同で授業しているっていう設定が、どうでもよくなっているな。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
比嘉の情報解析が進み、徹が狙われたのは遺産目当ての養父母からの殺人依頼だったことが明らかに。これが、ウロガミ教の主な収入源の様子。そして知理を訪ねる刑事が2人。うち1人は虚人を視ることができるようだが……。敵か、味方か?

・少年ラケット/掛丸翔
どこか自分たちの限界を把握し、強くなることを諦めていた埋金&鳥飼コンビ。しかし、共通の趣味のアニメ映画を観たことをキッカケに、少し心境に変化が現れる。『卓球アイドルアニメ』みたいなものが流行っているのか。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
魯良のSNSが炎上。disコメントが韻を踏んでいることから、佐上もラップで火消しに走る。まぁインコがラップするんだから、電子世界のラッパーがいても問題ないか。よっしゃしゃっす〆


・シスターインベーダー/苦楽たべる
短期連載最終話。親が離婚してしまったので、兄妹ではなくなった一路と二美。後日、一路が目を覚ますと、今度は姉と名乗る謎の女性が……。終始、乗り切れなかった。

・木曜日のフルット/石黒正数
頼子が不安がる、謎のテナントビルに来た、鯨井先輩と白川先生。今回、サブタイトルが某ホラーそのままじゃないか。








次週は、炎堂たつやの読み切りが載ります。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/06/23(金) 16:30:30|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad