晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 29号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアは、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈さんです。






・刃牙道/板垣恵介
2週連続巻頭カラー。武蔵は、花山のピュアすぎる拳を受けて、そのまま吹っ飛ぶ。でも、このまま決着するわけがないよなぁ。

・弱虫ペダル/渡辺航
青八木の最後の走りを見て、鏑木は涙を流す。そして、総北は箱学に追いつく。このレース最後の平坦区間で、銅橋vs鏑木っていう展開かな。

・六道の悪女たち/中村勇志
いよいよ学園祭当日。六道たちはチーム竜宮が学校に来ないよう、街中を走り回って探す。飯沼、幼田&課長にくらべて戦力で劣る六道&大佐の前に姿を現したのは……。雷乃がどっちにつくかで、戦局は大きく左右されそう。あと“勝負服”の鬼島のメンバーがカッコイイ。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ドラルクの父・ドラウスがサプライズ訪問。しかし、ドラルク&ロナルドは不在だった。そこで掃除などをしようとするものの……。アンラッキーの連鎖はよくある展開だけど、へんなが来たあたりでギブアップだな。吸血鬼らしい能力を多く使ったのは良かったけど。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
衣替えして、夏服になる。でも、部室内で白衣を脱がない人が2名ほど……。『松子サマーバージョン』が面白かった。あと旭先生は、すっかり占い属性になったんだな。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
チャイム姉弟が外国人と遭遇。っていうか、この作品に『国』っていう概念があったのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
センターカラー。給食のメニューにドーナツが。沸き立つ小鉄たち。その日休んだあかねちゃんのためにドーナツを持って行く役割を、ノムさんが任されることになるが……。ウ◯コは、あかねちゃんの担当なのにね。

・AIの遺電子/山田胡瓜
パチンコ依存症のヒューマノイドが、須堂のところで治療を受けることに。いっしょに来た妻の方も、ある治療をすることになる。『人の振り見て我が振り直せ』のヒューマノイド版ということか。あと、奥さんの方は、作中で最も美人だと思う。

・囚人リク/瀬口忍
最終ゲート内に潜入したリクたち。ここから屋上伝いに動力施設に行く作戦を、田中がカッコイイポーズを連発して説明する。まずは、松尾と史郎が先陣を切ることになる。あまり見せ場のなかった2人だけに、ここで活躍できるか?

・猫神じゃらし!/福地カミオ
父の日ということで、こまりがしっぽのためにサプライズパーティーを企画する(バレバレ)。こんな形で、沙耶としっぽが協力することになろうとは。あと、こまりの手紙の内容が、ホントに良い。

・BEASTARS/板垣巴留
ハルのイメージ遺書。幼いころから、どうやって育ってきたかが明らかに。そして、脳内世界にレゴシが現れたことで、最後の悪あがきをする。いっぽう建物の外で機会をうかがっていたレゴシ&ゴウヒンのところに、シシ組構成員が現れる。ここからバトル展開か?

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
クレオパトラの2ショット石板掘り回。シーザーも掘ってもらおうとするが……。ガチコイウスとか、古代ローマっぽい名前ネタも板についてきた感じ。

・ハリガネサービス/荒達哉
仮想駿天堂チームに手も足も出ない豊瀬。ここで、野々原が檄を飛ばす。鴫澤さんコーチ編とか、合宿の前半の内容が生かされる展開が良かった。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
ボロボロの松明だが、取組後にこなさなければならない勝負が、もうひとつ残っていた。親子の縁はこれで切れたのかもしれないけど、心の距離は昔よりも近づいたんだろうな。

・魔入りました!入間くん/西修
ドッジボールが始まる。別々のチームになってしまった入間とアズが最後まで残り、直接対決することに。でも今回は、クライスメイトの能力の片鱗が分かるのが良かった。問題児クラスは全13名か。

・ヤンコと帽子/綿貫琢己
読み切り。NEXT CHAMPION奨励賞受賞作。周りからは「オシャレ」と言われているヤンコだが、着ている服は母親が買ったものばかり。というワケで意を決し、自分で帽子を選んで被ってみる。周囲の反応は……。特に大きな出来事があったわけではないが、ヤンコの中では大きな成長だったという構成が見事。背景や街並みの描きこみもスゴイ。

・Gメン/小沢としお
やっと薙が反撃に出る。ここはパンチがどうこうというよりも、言葉と気迫で圧倒したって感じかな。次回は、五月との関係修復かな。

・少年ラケット/掛丸翔
祝・連載100回。S2はロッキーが勝利する。が、今回の主な内容は藍天大のダブルスのひとり、桐木平麗のイケメンっぷりと女子人気の高さの説明。対する埋金&鳥飼は、作中屈指の地味コンビ。ここまでもほとんど注目されなかった2人だけど、ここではじめてスポットがあたるのか?

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
知理は、さなかに背負ってもらうことで一般人の認識から外れ、ウロガミ教本部に潜入。データを盗み出すことに成功する。これを受けてウロガミ教も対応に動き出す。最上以外に人間&虚人の組み合わせが2組、人間だけが2人登場。でもイスが12あるので、あと7組登場するかもしれないということか。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
クラブ編エピローグ。佐上がラップで振り返る。兼持は地元に帰ったそうだけど、転校してくればいいのに。次回から新章スタート。よっしゃっしゃす〆


・シスターインベーダー/苦楽たべる
短期連載4話目。好きなわけではないが、いちばん好意のある あさひに手紙で告白することに。しかし、あさひの名字が津軽というのは初出のはずだし、そういう不親切さみたいなのが気になってしまった。次回が最終回です。

・木曜日のフルット/石黒正数
ウッドロウとコゲツの知られざる因縁。フルットが「カンスケ一家のコゲツ!!」と言っているけど、こういうところで漫画の上手さが分かるんだな。








次週は、田中優吏の読み切りが載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/06/16(金) 14:42:44|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad