晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

別冊少年チャンピオン 7月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『美しい犬』です。




・美しい犬/ハジメ&オオイシヒロト
2号連続巻頭カラー。前号ラストのシルエットは、やっぱりカオリさんだった。既婚者であることをカミングアウトし、森澤にもちょっかいを出そうとする。が、それを拒絶されたことで、置き忘れた森澤のスマホから、例の犬の動画をLINE上に拡散する。これで社会的な死を迎えたわけだし、このまま引きこもりの流れかな。発売された単行本が『上巻』ということは、このままクライマックスに流れ込みそう。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
早乙女博士とパラレル竜馬の会話や、敷島さんから竜馬らへのレクチャーの形で、ゲッターエンペラーや平行宇宙、皇帝の欠片のことなどを説明する。そして、ドラゴン型の不進化体が出現する。かなり強敵の雰囲気。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
ブチギレ井尾谷が番場に殴りかかろうとするものの、待宮の説得で思いとどまり、ともにサンドバックになる。これで2人のあいだに強い絆が芽生えたという感じかな。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
國蔵戦を前にして、いてもたってもいられなくなった大生は、思い出の神社へと向かう。そこには、少年野球時代の盟友・西宮と藤吉がいた。そこから、國蔵の選手紹介へ。いまのところは、強力な打者がそろっているいう印象だけど、きっと投手もすごいのがいるんだろうな。

・セトウツミ/此元和津也
今回は、内海の姉・優さんが登場。あらかじめイヤホン越しに通話中だったハツ美ちゃんの指示を受けて、瀬戸が内海について聞いていく。今回はギャグというよりも、これまでのネタを生かした構成の妙で魅せるといった感じ。最終的には内海を救う方向に進んでいくのかな?

・サンセットローズ/米原秀幸
センターカラー。覚醒リリーがガイギョを倒していくものの、限界を越えてしまう。そこに救援に駆けつけたブラッシュ → バグロス登場の流れがアツすぎる。これを受けて、フィソステギアは電撃放出形態に。目次コメントによると、残り2回とのこと。もうクライマックスだな。

・レイリ/岩明均&室井大資
全員で討って出て潔く散ろうという軍議に、レイリが物申す。『将』と『兵』の違いを説明する演説が見事だった。そしてレイリは、忍び込んできた細い山道『犬戻り猿戻り』からの脱出隊を援護することに。丹波守とは、ここでお別れになるのかな。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
新章スタート。イベントが終わっての現状報告もそこそこに、カナメはGMが人間なので彼が作った『ダーウィンズゲーム』のアプリ自体が大きな手掛かりだということを伝える。プログラムを解析し、手がかりを見つけようというのか。いっぽう反レーベンズ派は、中国のランキング1位・龍涛を招集する。島では休みだったシュカとかの活躍を見てみたところ。

・みつどもえ/桜井のりお
修学旅行編完結2本立てセンターカラー。1本目は、SSSや佐藤ですらウザがる宮下の力。ホントにこの5人で行動してたの? 2本目は帰って来てからの吉岡家のあれこれ。クリエイター気取りのふたばが面白い。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
人目につかない山中の洞穴の中で暮らす貴衣たち。レイルが祭壇を完成させたことで、いよいよ子作りの覚悟が求められることに。というタイミングで、忍たちが黒呂木に見つかってしまう。隕石の落下ですべてが無に帰すかと思われたが……。そんなすぐに効果が現れるものなの? 本番一発着床完了なの?

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
センターカラー2本立て。週チャンと同時連載中。1本目はローマ式の裁判。2本目は、ローマ流の医療。地味にセミレギュラー化している『ヒマそうな奴』が、だんだんと面白くなってきた。

・ビンゾー/古谷野孝雄
瀬津が目指す『王』とは、誰にも支配されず、誰も支配しない存在のこと。究極の無秩序を生み出そうと、まずは知性型ゾンビたちに塩に関連する施設を襲うように指令を出す。このメッセージを送った『SEZU』と本来の『SEDU』は、1個の人格と考えていいものかどうか……。なんか、地味に坊主頭の彼に世界の命運が託されているような……。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
センターカラー。今回は水泳がメイン。水野のカミングアウトが最高だった。まさか2段階で驚きがあるとは。それからセルキーという種族(?)を初めて知った。次回は、いよいよリレーがスタート。

・京都鴨川寮、上る下る入る/石坂リューダイ
読み切り。京都の大学に進学した保場リョースケは、子供のような外見の寮母さん・山中芙沙さんと出会う。読み返すと、彼女がちゃんとヒロインしていると分かるんだけど、初見だと神崎スミレさんのパートのほうがメインに思えてしまった。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
街中の銅像の股間部分が“盛られる”という事案が発生。ケベスクラブが解決に動き出す。犯人は、異様なまでのゆいか信者だったわけだが、このままレギュラー入りかな。あと、モルテンからはガチで怒られると思う。

・軽トラと私/杉浦洸
読み切り。東京からド田舎に転校してきた川原は、同級生の町田さんが軽トラを運転している姿を目撃し、激しいリビドーを覚える。自分は町田のことが好きなのか?それとも軽トラ×少女が好きなのか?で激しく悩んだり、あげくの果てに軽トラのコラージュ(軽コラ)を作ったり、すべてが「何言ってんだコイツ」状態で、面白すぎる。ただ、作者が軽トラの免許を16歳で取れると思っている懸念もぬぐいきれないな。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
様々な無駄な超能力発表会に紛れ込んでしまった頼子。3番目の女性の能力で、2番目の男の口の中に転送されている可能性は……?








次号は、中島悠&青野照坊、中斉翔、中村ゆきひろの読み切りが載ります。













関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/06/13(火) 19:06:14|
  2. 別チャン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad