晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

別冊少年チャンピオン 6月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は『ダーウィンズゲーム』です。




・美しい犬/ハジメ&オオイシヒロト
絶好のキスチャンスを、白い犬の出現でフイにしてしまった森澤。走り去った宮下からフォローの電話がかかって来ても、犬イジリに夢中になっていしまっていた。ラストは『新しい犬が!?』みたいなヒキだったけど、これはカオリさんじゃないかな? 今回は、ちょっと絵が荒れていたような。

・レイリ/岩明均&室井大資
レイリは、援軍が来ないことなどを丹波守らに報告する。思ったよりは怒られなかったし、副将の横田も嫌なヤツというわけではなく一安心。でも、信長は家康に高天神城を潰すことを命令する。いよいよ全面対決ということになるのだが、“死にたがり”のレイリにとっては、願ってもない状況ということか。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
センターカラー。連載再開。アラバキは自らをゲームマスターと名乗るが、それはどうやら別世界(パラレルワールド?未来?)のことの話の様子。というか、日本邑自体が別世界からゲームのために送り込まれたということなのか。カナメらが東京に戻るのに、リクやモクレンら邑人全員が同行することになる。レーベンズが大所帯になるな。

・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
中学時代に待宮と因縁のある番場が、因縁を吹っかけてくる。ケンカを禁止されている待宮はただ殴られるがまま。井尾谷がガマンしきれずに割って入るが……。事情をくんでくれそうな先輩や顧問もいないしな……。

・英雄!シーザーさん/大江しんいちろう
センターカラー2本立て。週チャンと同時連載中。クレオパトラの妹・アルシノエが登場。1本目は、クレオパトラとの歪んだ愛情が語られる。クレオパトラがアイドル活動に精を出していたのは、そういう理由があったからか。2本目は、姉妹そろってお忍びでシーザーの所へ。なんとなく、ブルータスが邪魔な形になっちゃうんだよな。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
センターカラー。試合が終わっての、それぞれのやり取り。特に大生と春人のぎこちない握手が良かった。遠野のマスクの下の顔も見れたしね。

・セトウツミ/此元和津也
まずオチをタイトルとして出し、そのページ最後のコマでそのセリフを言うという、非常に難易度の高いテクニカルな構成。「不透明感200デニール」のヤツが良かった。

・ビンゾー/古谷野孝雄
センターカラー。知性型ゾンビとバレてしまった修造だが、ヒロらとの同行を許される。『ビンゾー』という呼び名をつけられたので、このメンバーとは長く行動を共にすることになりそう。そして瀬津は、坊主頭に体の動かし方を教わろうとする。次に再会した時は、本格的なバトルになりそう。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
体育祭。今回は、魅重義と羽井の『ロミオとジュリエット』。お姫様抱っこからの翼ホールディングとか、レベルが高すぎる。前回ライバル然として登場した鬼生酔姫さんだが、魅重義へのライバル心がそんな形でこじれてしまうとは……。あと、意外と四天王候補って多いのね。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
センターカラー。忍、みかの、無六レイルの3人も生き残っていることが判明。しかし、それでも黒呂木零が作った『零世界』には抵抗できない。できるとすれば、再び『魔法少女13子』をそろえることだが……。ここまで壮大な形での家族計画は、見たことがない。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
ゲッターエンペラーが各平行世界を破滅させてきたこと、いま乗っているゲッターがそのエンペラーであることなどが語られる。別の世界の竜馬が姿を現わしたり、いろいろと設定が複雑になっている印象。

・みつどもえ/桜井のりお
修学旅行編。今回は1本立て。夜の告白大会が、吉岡主導で強行開催される。本筋はおがちんの告白なんだけど、SSSにも確かな絆があるのが分かって良かった。

・サンセットローズ/米原秀幸
神海族との白兵戦に。ここで師匠とデンという2大戦力に深手を負わせたラムナスは、フィソステギアを反転させ、新たなガイギョを出現させる。この打倒に向かったのは、リグス・トルムに暗示を解いてもらったリリー。これは、どんどん仲間が減っていくパターンだな。

・呉-孫策伯符という男-/山口陽史
読み切り。呉の“小覇王”孫策伯符の若き頃の物語。親友2人とともに、海賊船からお宝を頂こうとする。孫策のキャラやアクション部分はいいものの、終盤からオチにかけては少しバタバタしてしまった印象。船に待機していた仲間の出番がないし。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
職場体験学習で「保育園に行きたい」とほざくゆいかの覚悟を確かめるため、絵描き歌を描いてもらう。あのサウナでタオルをバタバタする人って熱波師って言うんだな。あと、少林寺まいの顔って、こんなんだっけ?

・お庭番の御るすばん/佐藤周一郎
読み切り。御庭番の少年・朱丸が、主の留守中にやってきた敵の忍びから幕府の密書を守る、忍者版のホームアローンといった内容。朱丸のキャラも罠のギミックも面白い。再登場していただきたい。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
『それ町』の山口さんに似たナンパ師の口説き講座かと思いきや……。デクノボー、いちばんトリッキーでブラックなキャラになったな。








次号は、石坂リューダイと杉浦洸の読み切りが載ります。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/13(土) 04:35:44|
  2. 別チャン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad