晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

少年ラケット 第10巻の感想



少年ラケット第10巻の感想です。このタイミングで、公式ツイッター公式サイトができました。なにか、メディア展開があるのかな?



・SPIN.79 団結と決意
救護室に付き添うイチロー。そこで、負傷したのが左足首ということ、ヒロがかねてより右ヒザを痛めていたことが判明する。これまで部活をサボっていた理由(と、第1話の入浴シーンの意味)が分かる流れが良かった。ただ「出られるのは、あと1試合」とのこと。紫王館と当たる準決勝まで、勝ち進むことはできるのか?

・SPIN.80 熱血オレンジメン
1回戦で負けた藤元中から、橙山中が全員フットワークに異常な自信を持ったチームだという情報を得る。「どんなボールもフォアに回る」と言っているので、いかに逆を突くかの戦いになるか。そして、S1ジョー・S2イチロー・D埋金&鳥飼・S3ロッキー・S4シゲというオーダーで2回戦に挑むことになるが、試合開始前に橙山中顧問からジョーの出場にクレームがつけられる。

・SPIN.81 情熱のファーストドライブ
橙山中顧問は“西の猛犬”と呼ばれていたころのジョーの過去の行動を持ち出し、出場辞退を迫る。ここでの西澤先生の毅然とした対応の仕方が良かった。第25話でのヒロに対する態度といい、実技面以外で部に貢献している感じ。そして初戦のジョーvs泥谷(豪)。まずはジョーがシュートドライブを決めて、特訓の成果を見せる。

・SPIN.82 決裂のセカンドドライブ
ともにドライブ型のジョーと泥谷(豪)。まずは、相手にドライブを打たせないために、ツッツキやストップを駆使した『台上対決』になる。が、ここで泥谷(豪)が持ち前のフットワークを生かして1本取り返したことにより、今度は激しいドライブの打ち合いに。確実にイチローとやった時よりも成長しているんだけど、なんかジョーは勝ちビジョンが浮かびにくい。

・SPIN.83 脱出のラストドライブ
ドライブの打ち合いが続くが、徐々に泥谷(豪)が点差を広げていく。そして、ここからはフォアで返せないと思われた角度からも、強烈なバックのカウンタードライブを決めて、第1ゲームを先取する。フォアだけでなく、バックからも強烈なドライブを打てるというのは、かなり強力な印象。得意のドライブで後手に回るとなると、ジョーに勝ち目はあるのか?

・SPIN.84 唯まっすぐに二人
回想パートで泥谷(豪)の卓球にかける情熱が明らかになる。顧問の交代を実現させるとか、中学生でここまでの行動力があるというのはなかなかのもの。顧問の戸田先生も、ただのカタブツというワケではなかったんだな。いっぽうジョーにも、この試合に全てをかける覚悟がある。ここまで使っていなかったしゃがみ込みサーブを解禁する。

・SPIN.85 持たざる者だからこそ
ジョーのしゃがみ込みサーブは、効果絶大。第2ゲームを取る。でも、同じくしゃがみ込みサーブを得意とする泥谷(朔)からアドバイスをもらったようだし、まだまだ試合の行方は分からない。横のフットワークに加えて、しゃがみ込みの上下の動きも加わることで、ジョーの脚への負担も大きそう。144~145Pの見開きは、久しぶりにビシッと決まった印象。

・SPIN.86 エースの輝き
泥谷(豪)もすぐに立て直す。第3ゲームはジョーに譲ったが、第4ゲームを取り返しゲームカウントは2-2に。勝負は、最終ゲームにもつれ込むことに。泥谷(豪)が、弟の朔のほうが実力が上と認めながらも、それでも自分がエースであろうとする回想パートが良かった。

・SPIN.87 白く
ジョーvs泥谷(豪)、最終ゲーム。ともに譲らない激しい攻防。森原のベンチでの、イチローらのジョーに対する評価が、なかなか興味深かった。欲を言えば、西原先生の分も欲しかったかな。そして、ゲームの熱量に押されて、周囲も白くなる182ページからのラスト5ページは、かなりの迫力。そして、勝利したのは……?




次巻、イチローがまさかの覚醒を見せるッ!
あと、裏表紙で宮原さんのラケットが紹介されているんだけど、分かる人が見ればコレで戦型が予想できたりするのかな?











関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/05/10(水) 17:13:06|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad