晴耕雨マンガ

8月は、少年ラケット、ダンジョン飯、ゴールデンカムイ。

ヴィンランド・サガ 第19巻の感想




ヴィンランド・サガ第19巻の感想です。表紙は“人喰い犬”ガルムです。


・第130話 バルト海戦役⑥
トルフィンの暗殺に失敗。逆に愛する孫のバルドルに刺客が向けられたことから、フローキは戦う覚悟を固める。この話ではほかに、トルケルとシグやんの初顔合わせが。この2人のやりとりは所々で描かれるのだが、これは『ヨーム騎士団跡目争い』という話の本筋の箸休め的な意味なのか、それともシグやんの成長パートなのか?

・第131話 バルト海戦役⑦
ヨーム騎士団の幹部・ヴァグンとトルフィンが対面。いかついクマのような登場から、わずか2ページで泣き崩れるギャップがイイ。そして、父トールズの死がフローキの策略によるものだと知り、怒りに火がつきかける。夕陽に向かって悩むトルフィンの後姿も切ないが、45Pのヒルデの「お前がお前の父親の仇を討つというのなら 私もただちに私の父親の仇を討つぞ」というセリフが印象的。あと、フローキの情報をもたらしたアトリは、第7巻以来の登場だから約8年ぶりということか。

・第132話 バルト海戦役⑧
トルフィンとヴァグンの話し合い。その場を離れたヒルドは、戦士たちが女を抱いている小屋を発見。ブチギレる。必死にトルフィンがいさめようとするものの、ひと悶着あるか……というところで、トルケルの艦隊が到着する。同じ男でもヴァグンとトルフィンの考え方には大きな隔たりがあるわけで、当然女のヒルドさんはそことも違う価値観を持っているんだよな。

・第133話 バルト海戦役⑨
前半は多くの兵士に囲まれながら釣りをするバルドルとフローキの会話。バルドルは中性的な顔立ちで争いを好まない性格。なんとなく、以前のクヌートを連想させられる。いっぽうトルケルは戦争を満喫したいので、相手の準備が整うまで待機。鎧を着こむヴァグンの前には兵士に変装したガルムが姿を現す。97Pの「いろいろ着てさ重いでしょ?」という部分には納得するが、それでもいっさい防具を着ていないガルムもどうかと思う。

・第134話 バルト海戦役⑩
ヨーム騎士団にさらわれた女たちを連れながらなので、移動のスピードが出せない。追っ手のガルムの相手をトルフィンが受け持つことに。“みやげ”のヴァグンの首を114Pでバーンッ!と見せる前にチラチラ描いてあるのが上手い演出。トルフィンは、戦わずに逃走するがあっさりと追いつかれてしまう。ここまで作中最速であったろうトルフィン以上のスピードがあるとは。やっぱり鎧の重さは、かなりのものなんだな。

・第135話 バルト海戦役⑪
トルフィンvsガルム。持ち前のスピードに加え、投げ出すように槍を扱うガルムの戦い方にトルフィンは苦戦。間合いを詰めても、2本に分離するというギミックに虚を突かれ、手傷を負ってしまう。命のやり取りをしたいガルムに対し「勝手に二択にするな」と言い切るトルフィンがカッコイイ。この三番目の選択肢を探すのが、いまのテーマのひとつだからな。いっぽうトルケルは、悲しみに暮れるヴァグンの軍団をまとめ上げ、フローキに反旗を翻すことに。もともと従っていたわけではないけど。

・第136話 バルト海戦役⑫
オーゼンセで待機中のエイナル達のところに、ガルムが姿を現す。ヨムスボルグで始まるであろう、フローキ軍vsトルケル軍の戦闘に、無理やりトルフィンを参加させるため、人質を取ろうとする。このピンチをギョロ目が、持ち前のハッタリで乗り切ろうとする流れが面白すぎる。でも、そう上手くいくわけもなく……。最後に「なんとかしてくれー!! トルフィーン!!」と叫んでいるけど、お前もトルフィンだろ。

・番外編 VINLAND SAGA外伝 犬SAGA
頭と耳がハゲでいる犬・カルリママを主人公にした、特別編。ギャグ色の強い4コマパートよりも、先行きを心配する後半パートが良かった。奴隷時代のトルフィンと同じく、戦争の光景を思い出してうなされるところとか。






次巻では、大掛かりな戦いが勃発しそう。そのとき、トルフィンはどういう行動をとるのか?




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/04/22(土) 21:41:14|
  2. 幸村誠/ヴィンランド・サガ
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad