晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 18号の感想




チャンピオンの感想です。表紙は『六道の悪女たち』です。




・六道の悪女たち/中村勇志
巻頭カラー。学園祭編がスタート。六道原案・乱奈の鶴の一声で出し物が演劇に決定する。自分のメイク技術が生かせると前向きな雷乃を不審に思った風乃が、はじめて六道と接触する。しかし、雷乃との秘密を守るためとはいえ、えらい変態宣言してしまったものだな。そして、教室にひとり残った六道の前に、椰子谷が姿を現す。本格的に、鬼島女性陣との攻防が始まるのか。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
体育用具室に置いてある跳び箱の中に、人が入っていたと小鉄が証言。放課後に忘れ物を取りに戻ったのり子も、跳び箱男に遭遇する。しかし、運悪くこの日は4月1日……。笛男に続き、新しい不審者の登場か。

・刃牙道/板垣恵介
まず最初に指揮官の島本をヤラれてしまったことで、部隊の指揮系統は混乱。武蔵は特殊車両の死角を巧みに使い、ヒットアンドアウェーで警官たちを切り刻んでいく。銃を構える動作すら、武蔵にとっては大きな隙ということか。

・弱虫ペダル/渡辺航
センターカラー。追いつかれたので、広島は庭妻と東村が引いて突き放しにかかる。しかし、浦久保はあくまで冷静。結局のところ勝負は、スプリンターの浦久保とクライマーの手嶋の勝負になるので、自分の有利は動かないと語る。ひとりで勝とうとする浦久保とチーム2人の絆みないな形になるか。

・ハリガネサービス/荒達哉
夕食後の練習。松方と王がキャプテンとなり、混合チーム戦が行われることに(王・間白・上屋・鯨川・三船・久場・猫田vs松方・下平・渚島・雲類鷲・朧・大船・三河)。同校対決や雲類鷲と鯨川のパワー勝負など、見どころが多かった。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
不眠症に悩むクオーツ先生。頭から出るモヤモヤ=夢の世界に、自由に出入りできるのがさすが。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
ロナルドにドッキリを仕掛けようと『服だけが透明になる薬』を開発したドラルク。しかし、悲しいかなその犠牲になったのはショットだった。なんとか珍事を回避しようとするが……。一回、自分の服が透明になったときの「oh my コンブ」という、ドラルクのリアクションが最高。

・BEASTARS/板垣巴留
前半部分は、例のウサギのエロ本を発見したジャックの慌てっぷりなどもありコメディチックな内容。しかし、隕石祭の準備中にハルとルイが仲良くしている様子を目撃したレゴシが、自分の感情をハッキリと認識するラストは大きく雰囲気が変わる。あの絵の具は、やっぱり赤なんだろうな。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
花見に来たふし研メンバー。ことね先輩の催眠術で、お酒と思い込んだ水を飲んで酔っ払う。背景にイカ娘らがいないか探してしまう。

・虚ろう君と/古川一&白土悠介
もう一人の虚人が見える人物・最上遊から、様々な虚人情報を得た知理。写真に写り電話もできるということは、いざとなったら一般人とのコミュニケーションも可能ということか。そして、最上は徹に死んでもらわなければならないと語る。その理由はなんだ?

・冥界だより/円山晃
短期連載1話目。11号に掲載された読み切り『Wodld's 閻d』の連載化。そのときに復活させてもらった少年が再び死に、あの世へとやって来て閻魔少女と再会する。蘇らせたい閻魔とあの世ライフを満喫したい少年のトーク、という構成になっていくのかな。

・魔入りました!入間くん/西修
アブノーマルクラスで、早速『魔王』を目指すサブノック・サブロに絡まれたりする。悪魔のランクを高め、魔王になるのが最終的な目標ということになるのかな。しかし、ランク決定の最初のテストは、まさかの『飛行試験』。どうやって乗り切る?

・囚人リク/瀬口忍
なんとかバリケードを作って時間を稼ぐ。そして天野のひらめきから、なだれ込んできた兵士たちに床板を踏み抜かせる。この穴を通って一気に脱出。と行きたいところだけど、下にも兵士はゴロゴロいるだろうからな。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
“覚醒”毘沙門の猛攻。鯉太郎は相手のヒジを支点にし、外掛けにきた足を跳ね上げての豪快な投げを決める。松明の想いも含め、白熱の一戦だった。『情熱よ残酷を超えろ』って、いい言葉だな。

・AIの遺電子/山田胡瓜
幼いころから、家事ロボットのロンドとともに暮らしてきたメアリさん。しかし、ロンドに製品としての寿命がきてしまったことを受け、モッガディートに延命を依頼する。システム的に更新を受け入れなければならないとしても、外見まで変えてしまったラストは、ちょっと衝撃的だった。

・SIX/いなずまたかし
なんとか柚木を助けようとする悠だが、霊の力も数も多くどうすることもできない。柚木が無口だった理由や、霊視するときの6の形をひっくり返してOKサインにするといった演出が良かった。短期連載だったとしたら、次の事件を解決してシメかな。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
花見回。花びらにじゃれつくところとか、木に登って降りれなくなるところなど、こまりの可愛さがとどまるところを知らない。

・サウエとラップ~自由形~/陸井栄史&サイプレス上野
段々とクラスに打ち解けてきた佐上。しかし、井上さんのリクエストにより、国語の授業中に『走れメロス』をラップで朗読することに。これは新しい切り口だったし、面白かった。よっしゃっしゃす〆


・Gメン/小沢としお
妹・奈々美のバイト先に来た勝太たち。この日は適当に賑やかして帰ったが、この店には奈々美目当ての客もいる様子。一見、好青年風だが……。あと、1コマ目の肝田の縮尺がおかしくない?

・少年ラケット/掛丸翔
炎がイチローのトラウマになっていることに気がついた森原ベンチ。ヒロからのアドバイスで、泥谷(朔)のユニフォームの模様が見えにくい位置で、サーブを受けることに。ガラ空きとなるバックサイドを気にしたイチローが取った行動は……。思わず、第1巻を読み直してしまった。

・JINBA/浦田カズヒロ
最終回。空中に放り出されたサラをキャッチ。第1話以来の胸ピッタリ走法をさく裂させ、ジンバが勝利する。再登場してもいいと思うけど、単行本発売告知があるわけでもないし、難しいかな。

・木曜日のフルット/石黒正数
クロとコメットの親子愛。タイトル下の鯨井先輩の泥棒姿が、シックリきすぎている。






次号は、たばようの読み切りが載ります。














関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/03/31(金) 15:55:18|
  2. チャンピオン 2017
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad