晴耕雨マンガ

12月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、ゴールデンカムイ。

少年ラケット 第9巻の感想




少年ラケット第9巻の感想です。表紙は、ヨルゲンとイチロー。第1巻と対になるデザインです。



・SPIN.70 ハートに火をつけて
イチローの姿を見つけたヨルゲン。すでにイチローがレギュラー入りを決めているということを悟り、自分も約束を果たすべく闘志を燃やす。佐々木が『策を弄してまで自分に向かってきている』ということをプラスに考え、反撃に出る。いっぽう佐々木は、流れが変わったことを受けてどうでるか。

・SPIN.71 冷静と情熱のあいだ
佐々木が、現在のような戦い方・考え方になったキッカケの出来事、そして姉からのアドバイスが描かれる。ただ、ヨルゲンに対しては、どうしても割り切った考えをすることができない様子。これまでのポリシーに反し、土壇場で実力以上のものを出そうと必死にもがく。っていうか、姉が2人いるっていうのが、何かズルい。

・SPIN.72 Sのあがき
佐々木は出来得る限りの手を使ってポイントを取りにいくが、試合を制したのはヨルゲン。石田とともにSランク昇格を決める。レギュラー入りを決める。そして「おめでとう」を言いにきたイチローと、ロビーで再会する。このときの見開きの静止感が素晴らしい。なんか『第一章 完』となっても、おかしくない雰囲気。

・SPIN.73 再会
ダブルスで笛吹兄弟がSランク入りを決める。これで紫王館は最上・源・ヨルゲン・石田・笛吹兄弟と陣容が固まる。そして、再会したイチローとヨルゲンの会話。現状報告もそこそこに、卓球王国記者の北島さんの質問を受けることに。べるべるがイチローの過去に関係している可能性が?というのが、気になるポイントか。それから、ラストでヨルゲンも気づいていたけど、2人は連絡先を交換しておけよ。

・SPIN.74 猛犬、牙を研ぐ
森原中は、春季大会に向けてレギュラーメンバー中心の練習メニューに。補欠のジョーには、夏の大会に向けた特訓メニューが与えられる。だが本人にとっては、とても納得できるものではなかった。メタ的に言ってしまえば、キャラの立っていないダブルスの枠を奪ってしまえばいいわけだが、ジョーがダブルス向きという描写も、いいパートナーがいるわけでもないし、どうなるか。それから、イチローはべるべるの名前を『べるりん』と思っているのか。

・SPIN.75 近くて遠い 遠くて近い
幕間の話。野球部の練習が休みなので、卓球部の見学に来た内田君。野球部でダメダメだったときの印象しかなかったので、成長したイチローの姿に驚く。夢に向かって一直線のイチローの言葉に、心を動かされる様子が良かった。トビラで小学生時代のロッキーの後ろにいるのは、橋立美香さんなのかな?

・SPIN.76 決戦前夜!
春季大会前の追い込み練習。イチローたち1年生にユニフォームが届き、トーナメント表も公開される。まずは、2回戦で対戦する橙山中がひとつの関門になるか。それから、それぞれの話を総合すると、1日でトーナメント全部をやるスケジュールの様子。決勝までだと4試合こなさないといけないけど。これが普通なのかな。

・SPIN.77 あらたなる一歩
いよいよ春季大会が開始。1回戦の1番手にイチローが挑む。試合前には、橙山中と対面。因縁のある?泥谷(豪)と戦うために、2回戦は何らかの形でジョーに出番が回ってくるのか。それからトビラで森原中卓球部が横並びになっているんだけど、こう見るとヒロの身長がズバ抜けて高いということが改めて分かる。

・SPIN.78 ハラハラ波乱
初の大会に緊張したのか、イチローは第1ゲームを先取されてしまう。しかし、ロッキーのアドバイスですぐに立ち直り、続く3ゲームを連取する。しかし、10-0になったら、1点あげるのがマナーだったりするのか。そしてヒロもあっさりと勝利するが、足を負傷してしまった様子。チームにとっては、いきなりの大きな試練が。




次巻では、橙山中と激突ッ!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2017/03/11(土) 14:16:18|
  2. 少年ラケット
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad