晴耕雨マンガ

9月は、映像研には手を出すな!、 ジョジョリオン。

週刊少年チャンピオン 5+6号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は『弱虫ペダル』。坂道&手嶋&青八木っていうのは、めずらしい組み合わせか。グラビアは欅坂46の渡辺梨加さん。閉じ込みフォトブックは、同じく欅坂46の平手友梨奈さんです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。アニメ3期の情報もアリ。後方で集団を作り、先頭に追いつこうとする熊本台一の井瀬。そこに浦久保が言葉巧みに近づき、不調者を切り捨て集団を乗っ取ってしまう。御堂筋&水田以外の京伏メンバーが、どの辺にいるかがポイントになるのかな?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
家族で大阪に帰省中ののり子の家に、新年早々突撃しようとする小鉄。しかし、そこには数々のトラップが設置されていた。ここまで有刺鉄線を有効活用するなんて、大日本プロレス以上だな。

・刃牙道/板垣恵介
武蔵は、徳川さんに礼を言い外へ。そこには警官隊が待ち構えていた。本格的に『対国家』が開始か。まぁ、サスマタとかでは相手にならないのは分かるが、催涙弾の類を使われたら、さすがに対処できないだろ。

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
大祐がことね先輩の五円玉を使って、逆に催眠術をかける。大祐って髪の両サイドが、こんなにハネてたっけ?

・猫神じゃらし!/福地カミオ
正月回。こまり、沙耶、ゆきこが晴れ着姿で初詣する。出るところがないので、裾から顔をのぞかせるしっぽが面白かった。

・六道の悪女たち/中村勇志
白バイ隊員が事故に遭い、莇美が葵を憎むようになったキッカケが描かれる。これは、一方的に葵に非があるワケでもない感じだな。それだけに『法律違反・危険運転』だから悪女という、六道の判定がなおさらビミョーに感じてしまった。ここから、どうやって逆転につなげるのか?

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
トイレに行きたいものの、トイレットペーパーの残りが心もとない。しかも外は荒天なので、買い物にも行きたくない。どうにかしてドラルクに買って来てもらいたいが……。『便意がある…ッ!』ということを示す1コマ目が素晴らしい。

・ハリガネサービス/荒達哉
第2セット。桐城は、置鮎兄弟と倉光の3人のセッターを同時にコートに送り込む。アタッカーが減って攻撃力が落ちるかと思いきや、レシーブを三河に頼る必要がなくなり、レフト側からもトスが送れることで攻撃のバリエーションが増えることに。ここからが、本当の勝負か。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
投げ打の打ち合いのすえ白水に軍配が上がるが、まさかの空流親方から物言いがつく。その結果、行司差し違えとなり白水は敗れてしまう。が、心の中で何かが吹っ切れたとのことで、マコちゃんへの告白を決意する。本当の勝負は、こっちか!?

・囚人リク/瀬口忍
第2ゲートを突破するための行程を、潜入・潜伏・調達・経路の確保と4つに分ける田中。しかし、狭いトラックの中でカッコいいポーズをとり続けたな。そして「作戦に使えるかも」と、内海は鬼道院兵のヘルメットを取り出すが……。ここでの作戦中に、レノマが追いつかないかな。沢田vs内海とか見てみたい。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
クオーツ四段とリバテープ五段の将棋対決。チャイム姉弟は記録係だが、ひと言もしゃべらず。

・聖闘士星矢ND/車田正美
蠍座の黄金聖闘士エカルラートは身体が透明になる病気を、蛇遣い座の黄金聖闘士オデッセウスに助けてもらっていたことを告白する。なのでアテナ救済よりもオデッセウス復活を信じ、紫龍にスカーレット・ニードル・アンタレスを放つ。防いだ老師の杖の中にあった宝珠とは……?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
ホテルで酒を酌み交わす“明訓五人衆”。今回は、電話で会話した山田父やサチコなど、家族たちにスポットを当てる目的もあったのかも。

・BEASTARS/板垣巴留
レゴシは、背中に傷を負い倒れてしまう。そのときルイが現れ、劇を盛り上げレゴシも救う。ひとまず乗り切ったけど、レゴシとビルはルイに謝罪しに行くことに。穏便にはいかないだろうな。

・実は私は/増田英二
カミングアウトを受けてのクラスの反応は……、歓迎のクリスマスパーティー! 終始にぎやかで楽しそうな雰囲気で良かった。ページの端々には小ネタが紛れていそうだけど、拾いきれない。最終回のような雰囲気だったけど、まだ続きます。

・Gメン/小沢としお
勝太を拉致しようとした天王会を、レイナが妨害。しかし、現れた加藤の蹴りを喰らってしまい、逆に捕獲されることに。彼女を助ける形で、勝太とGメンが動き出すことになるのか。

・LIFE GOES ON/タカヲヨシノブ
読み切り。まったく女性に縁のない手相を持つ野地かつと。ただ1人受け入れてくれる『胸に星のアザのある女性』を探して、ナンパの師匠・工藤翔太と声をかけまくる。そして、奇跡的に星形のアザを持つナツキちゃんと出会い、お家にお邪魔することになるが……。全体的にはテンションが高く面白いのだが、オチのつけ方というかナツキちゃんの正体の現し方がちょっと……という感じ。

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
紫麗を倒したあと、救助のヘリが到着。負傷したマリルーとクレアと別れを済ませたトミナガ&マユも別のヘリに乗るが、そこに死んだはずの紫麗が再び襲いかかる。これが、最後の戦いになるのかな。

・少年ラケット/掛丸翔
初の大会に緊張したのか、イチローは第1ゲームを先取されてしまう。しかし、ロッキーのアドバイスですぐに立ち直り、続く3ゲームを連取する。しかし、10-0になったら、1点あげるのがマナーだったりするのか。そしてヒロも続くが、足を負傷してしまった様子。2回戦は、ここにジョーが入るのか。

・AIの遺電子/山田胡瓜
ヒューマノイドの女性漫画家が、ストレスから脱毛症に。自分の作品に対する評価や面白さに敏感になってしまう。作中作の主人公コンビ(?)の名前が、ゴゾーとロップなのが、上手いネーミングだと思う。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
フレイヤは、ヴォルカニックを倒す。397Pのフレイヤの表情など、これまでとは違う印象。そしてフィオは、何もないA世界に横たわる九ノ島と再会する。メガネを戻したら復活しないかな?

・PSYCHO LORD/伊科田海
短期連載最終回。サイロウとNo.10バトラーの激闘。決着のつき方というよりも、その後の処理の時のサイロウの言葉にゾクリとさせられた。再登場に期待したいです。

・木曜日のフルット/石黒正数
実家に帰省した鯨井先輩が思い出す、祖父のウソの数々。新連載が始まる前に、フルットの増量とかはないのかな?






次号は2週間後、新年の発売。実樹ぶきみの読み切りが載ります。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/12/29(木) 14:57:14|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad