晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

週刊少年チャンピオン 3+4号の感想



チャンピオンの感想です。表紙とグラビアとポスターは、乃木坂46の齋藤飛鳥さん。電子版の表紙は『浦安鉄筋家族』です。





・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
巻頭カラー。クリスマス話1。国会議員がサンタクロースに。しかし、明らかにプレゼントに格差をつけることで、子どもたちを争わせる。オチは安定のウ◯コ。

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
作中で大人気のキャラ『クモニャン』のアニメを見るチャイム姉弟。この形式を使えば、どんなキャラも登場させることが可能なのでは?

・弱虫ペダル/渡辺航
坂道&今泉が追いついたことで、ひとまず先頭争いはお休み。総北・箱学両チームの本体が協調して、後を追うことに。そして、後方の集団も協調して先頭を目指そうとする。昨年と同じように、この集団も広島にコントロールされるんだろうな。

・刃牙道/板垣恵介
テレビの全国放送で、ミヤネをエア斬殺した武蔵を逮捕することは可能か? 警察が動き出す。これは、武蔵vs国家権力みたいな形になっていくのか? そして、トランプとヒラリーの話は同時進行ではないと、目次コメントで作者が否定ッ!

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
ゴリラ張り手を喰らっても堪えた天鳳にまわしを取られ万事休すかと思われたが、あらかじめ緩めにまわしを巻いておくという川さんのファインプレーによって難を逃れる。再度のゴリラ張り手で勝負アリかと思われたが、天鳳も一枚まわしで豪快に投げを打つ。軍配が上がるのは!?

・あつまれ! ふしぎ研究部/安部真弘
混雑する売店に突入できない大祐をしり目に、ふし研メンバーはそれぞれの能力?を生かし、パンをゲットしていく。前回『全ページでパンチラ』とか言わなきゃいいのに。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
センターカラー。クリスマス話2。事務所でクリスマスパーティーを開くドラルクに対抗するために、ロナルドは反クリスマス勢力を集める。最後のページでマナー違反が、鶏の丸焼きを指でツンツンしようとしているけど、変に時事ネタと被らなくて良かったな。

・ハリガネサービス/荒達哉
猫田のレシーブから松平のツーアタックが決まって、再び下平のサーブに。対角線の助走をしたり空調に載せたり変幻自在のサービスエースを続け、そのまま第1セットを取ってしまう。15点からだから、10本連続か。三河のメンタルが心配。

・実は私は/増田英二
黒峰決死の告白を聞いたことによって、多くの人外生徒たちがカミングアウトしていく。いくつもの「実は私は…」からの見開き、それから黒峰&白神さんの見開きと、この作品の集大成のような雰囲気。

・Gメン/小沢としお
レイナと勝太は、ビミョーな距離のまま。そして、天王会が加藤の号令のもと『打倒Gメン』に向けて動き出す。八神と伊達はともかく、沢田も警戒されているんだな。

・聖闘士星矢ND/車田正美
ついに天蠍宮に到着した紫龍。そこで待ち受けていた蠍座の黄金聖闘士エスカラートは、半透明人間ともいえる存在だった。瞬のほうが、戦いの相性が良さそう。

・囚人リク/瀬口忍
トラック内で、内海のエキセントリックな言動に翻弄されるリクたち。そして第2ゲート前に到着。内海のドローンで見た内部は、城郭のようになっていた。どうやって攻略するか。そして、内海の正体にはいつ気づくのか?

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
連載再開。BWO紫麗と戦うモリオの正体が、マリルーの兄であるエリセオと判明。トミナガの活躍でマリルーを助け出したところに、クレアがロケットランチャーを叩き込む。最終章だと思うけど、意外と早く決着するのかな?

・六道の悪女たち/中村勇志
鬼島連合バイク部隊を潰したものの、あくまでも六道が帰ってくることを信じ、待つことを決めた乱奈。「愛しているから」の見開きが素晴らしすぎる。ここまで『正妻感』の強いヒロインも、近年珍しいだろうに。そして、勝負は葵vs莇美のタイマン勝負というところで、因縁の事故をめぐる回想編に入る様子。

・AIの遺電子/山田胡瓜
いがみ合っているヒューマノイド夫婦。子どものために離婚することを避け、お互いを愛し合うように洗脳してくれと須堂(モッガディート)に依頼する。しかし、憎みあう気持ちは消えず上手くいかなかった。そこで須堂が取った方法とは……? マイナスにマイナスをかけてプラスにしたって感じかな。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
三太郎がスターズの泊まっているホテルに現れる。そして、山田たちと一杯飲む。明訓五人衆が揃うのは、いつ以来だろう? こういう日常編も、あと1、2回かな。

・BEASTARS/板垣巴留
レゴシは、演劇の段取りを無視してビルに拳を振るう。衣装を身にまとった316Pのレゴシは、迫力満点。

・少年ラケット/掛丸翔
いよいよ春季大会が開始。1回戦の1番手にイチローが挑む。試合前には、橙山中と対面。2回戦は、何らかの形でジョーが出場するのかな?

・猫神じゃらし!/福地カミオ
クリスマス話3。こまりは、サンタではなく自分たちが沙耶たちにプレゼントをあげようとする。でも用意したのが、自分の毛玉ボールとは……。最後のコマで、自分がサンタだということを全力で否定するこまりカワイイ。

・君島さんとアンドレ/佐藤ショーキ
1号からゲームコーナーのイラストを担当している、佐藤ショーキ先生の読み切り。初デートに不安のある君島さんと、それを見守る愛猫のアンドレを中心としたショート・オムニバス。淡々とした展開と甘酸っぱさが上手くマッチしていて良かった。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
フレイヤvsヴォルカニックの、親子勇者対決。何かを失うことで強くなると信じているヴォルカニックは、愛する娘のフレイヤを倒すことで、原理勇者を越える力を得ようとする。でも、いまはその配下にいるワケでしょ? ちょっと、行動の動機がよく分からなかった。

・ミラクれ!微超能力部/藤田まる美
出張掲載3回目。南の金で買ったダウジングで、由利がいろんな物を見つける。ラストのコインロッカーの中のカバンの中の……が、不気味だけど面白かった。

・PSYCHO LORD/伊科田海
短期連載4話目。まずは、サイロウがリュウを瞬殺。そして、フローレムがマックスを崇拝している理由も明らかになり、侮辱したベルマンと激突する。そして、No.10が火炎能力の持ち主と判明。コイツを倒してシメか。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
最終回。翠はゆるキャラ目高のサポートを受け、宇郎と最後の親子ゲンカに挑む。最後3ページくらいは駆け足気味になっちゃったけど、迫力があって読み応えのあるラストだった。

・木曜日のフルット/石黒正数
クリスマス話4。現代社会で苦労するサンタクロースの悲哀を描いたドキュメンタリー。でも、鯨井先輩の部屋に入ったのは、あのストーカーのヤツだろ。






次号から『バイオハザード』が連載再開。佐藤ショーキの読み切りも載ります。






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/12/16(金) 13:38:01|
  2. 週刊少年チャンピオン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad