晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ヤングキングアワーズ 12月号の感想



ヤングキングアワーズ12月号の感想です。表紙は、これでお別れ?『それでも町は廻っている』から嵐山歩鳥さんです。




・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
巻頭カラー。ということで、群像とイオナの出会いの一端が描かれる。そして、ハシラジマでのアカシと、前回登場した和服メガネのチョウカイとの会話。これで、タカオ型4姉妹が出そろったことになるのか。どうも新章は、霧側中心に描かれることになりそう。

・それでも町は廻っている/石黒正数
最終回。真田たちが、クラスから消えた『誰か』について話し合いをする。というところからの、スカシ気味のオチへの持って行き方が良かった。この脚本は、最終的にはミュージカル研究会から依頼が来るほどレベルの高い物になるわけだし、表紙の歩鳥が赤いリボンということは、ひと時の別れみたいなモノだと思う。ひとまず、連載お疲れ様でした。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
『開けたら死ぬ箱』を開けようとする師匠。しかし、そのために必要な『鍵』を夢の中で拾ってしまったことで、困っているのだという。師匠が言う「鍵の意味」もよく分からないし、もしウニ君が暗示にかかりやすかったら、どうなっていたんだろう?

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
ヤツハがやられたことを受け、少年リュウマは自分が世界を救う存在になることを決意。ミズガルズと神州倭を結びつけるために、まずは武王の首を落とす。次の標的はアインス。目的はともかく、ストーリー的には一気に悪役に。

・聖骸の魔女/田中ほさな
アグネスが自分の母親と受けいられないニコラだったが、幼少期に献身的に看病してくれたことを思い出し、歩み寄る。が、そこから一気にベファーナの王子に祭り上げられてしまう。別行動をとっているエゼル&ミュリッタの行動がカギになるかな。

・ますらお 秘本義経記~波弦、屋島~/北崎拓
連載再開センターカラー。川を挟んで那須与一と対峙中の義経一行。弁慶らが注意を引きつけているあいだに義経が回り込み、1対1の状況に持ち込む。諸々の功績を認められ、京の警護職に就くことになるが、これは、どうやら戦場から義経を遠ざけようとする平家の作戦の様子。しばらくは、かけ引きパートかな。

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
姿の見えないハイネを捜す、ミランとウルラ。今回は全体的にコメディテイストが強く面白かった。闇属性3人のところとか、夜烏とヴァローナがレイヴンに謝るところとか。毎回、こういうテイストでも問題ないと思う。

・僕らはみんな河合荘/宮原るり
順調に仲が深まってきたことから、いよいよ告白を考える宇佐だったが、ムードやシチュエーションを優先するあまりタイミングを逃し続けてきた。が、ついに(汚く臭いシチュエーションで)告白することに。でも、気になるのは、律先輩が林&椎名に相談したときにドン引かれた考え方。何を言ったんだろう?

・野球+プラス!/石田敦子
広島優勝の瞬間を、社内で迎えることになった由右。今回は、公式記録員さんと出会ったり『数字』にまつわる話が面白かった。スコアブックのつけ方にも『早稲田』と『慶応』の2種類があるんだな。次回はCSの話かな。日本シリーズ、黒田引退→永久欠番、ドラフトと、シーズンオフもネタには事欠かなさそう。

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『MAKI UMEZAKI』です。マシンガンを片手でブッ放しています。

・鬼を飼う/吉川景都
センターカラー。『人さらいのキツネ』がいるという情報を聞きつけた天久&徳永と夜叉が、青木邸に乗り込んで捜査をする。正体は『蛭人(ツァーレン)』という、大陸産の奇獣だった。この事件には、裏で糸を引いている黒幕がいる様子。四王天らも巻き込んだ計画を考えているようだが、その狙いはなんだ?

・マーチャンダイス/大石まさる
人類が火星移住前に起こった宇宙船の事故。脱出した帝・諒の救命カプセルが300年ぶりに回収され、火星の大地を踏むことに。マチコの遠~い先祖だったり、新住人歓迎話かと思いきや、パートナーのミンミの正体が判明する後半の展開にゾクリとさせられた。読み返すと、いろいろヒントが描かれているんだな。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
医者である高柳一心の目的は、アスリートとして優秀な愛華の身体を(裸にして)調べることだった。ギリギリのところで良心の呵責にさいなまれた美留が、愛華を連れだす。今度は、次元と一心のバトルになるか?

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
生徒会長の薬院さんが登場。さっそく、筥崎君に薬を注入しようとする。今回は大佐野の壊れっぷりと、薬院さんの秘密が素晴らしかった。とりあえず、秘密結社は壊滅させなければならないと思う。

・はやめブラストギア/竹山祐右
諏訪からオーメストグランデの情報を得たはやめは、百草園という激坂ポイントに寄っていくことに。そこで出会った老人ライダーからアドバイスを受ける。しかし、この老人ははやてとつながっている様子。再会したときには、キナ臭いことになりそう。

・真・一騎当千/塩崎雄二
いまだに目を覚まさない孫権は、体の中の水気を使い果たした状態だと判明。それを回復させることができるのは、同じレベルの能力を持つ孫策しかいないのだが、今の彼女は力を失った状態……。回復できる人物を探しに行く感じかな?

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
霊感のある成見香穂先生に霊感アップのアドバイスをもらってから、心霊スポットを巡る。道了堂→八王子トンネル→八王子霊園前の電話ボックスとまわる。今回は筆谷編集長も登場したし、段々とノリがソレミテのころに戻っているような。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
引っ込み思案な性格から、嫌な事を避けて生きてきたヨシコさん。気になる後輩社員の後藤君が自転車通勤を始めたことから、自分もロードバイクを購入する。その名前の『tern』が、戻ると出番のダブルミーニングになっているのが、良かった。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
今回は、ポリーヌが取り持ったナポレオンとマクドナルドの友情の話。戦況は熾烈を極めるけど、情報で名前だけだ出ているダヴーが登場したら、かなり盛り上がりそう。





次号から、超人ロックの50周年記念企画がスタート。鈴木小波の読み切りも載ります。








関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/31(月) 16:03:24|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad