晴耕雨マンガ

6月は、トクサツガガガ

スピーシーズドメイン 第5巻の感想



夏休み満喫の、スピドメ第5巻の感想です。表紙は、風森さん&音無森さん。背表紙も音無森さん。裏表紙からも姿を消した蛍樹って……。



・第30話 羽井さんと羽賀さん
前巻で音無森さんが残したインパクトもそこそこに、羽井さんは夏休みで帰ってきた美空さん(第13話に登場した、羽根を取った翼人友達)に、大機の発明で飛べるようになった姿を見せる。17Pからの美空さんの、涙ながらの感想及び回想が良かった(特に点目になっているときのテンション)。そして、目ざとく恋愛事情にも勘付く(ちょっと間違ったけど)。美空さん的には、大機から風森さんへの矢印は確定なんだな。

・第31話 進撃の土和さん
土和家でバーベキューが行なわれることになり、クリエイティ部メンバーが参加する。邸宅の大きさや土和父・アルティメットの豪快なキャラ(話すときはほとんどのコマに集中線が入る)、そして土和&田中の合体攻撃と、テンションがずっと高くて最高だった。あとは、土和さんのリストバンドなどがオシャレではなく実用的なモノだったことと、土和母の胸部もアンリミテッドだったのが、とても印象的。
土和 涙の決意
土和さん、父親を殴る決意をする。

・第32話 戦う魅重義くん
魅重義の子供のころからの好敵手(?)魁堂らとの集団ケンカ(ルールのあるスポーツライク的なモノ)に参戦することになってしまった、田中と大機。そこで大機は『確率の収束』を拡大解釈し、すべての攻撃を防御しきってしまう。これは、大機が『できると思っているからできる』という能力者の可能性が俄然強くなってきたな。しかし田中は、いくら回復アプリがあると言っても、ほぼ初対面の人と殴りあえるとかメンタルがハンパない。

・第33話 風邪をひいた魅重義くん
前話の影響で魅重義が風邪をひいてしまいダウン。大機が治療アプリ(いままでの回復アプリで病気は治せない)を開発するあいだ、看病役として羽井が派遣される。今回は、魅重義と同居している『きょうだい』たちのアレコレが良かった。猫人(ケットシー?)、サキュバス、ダークエルフ(?)がいるのか。しかし、魅重義―羽井間の距離がだいぶ近づいた印象。『サービスにはマナーを』のところのやり取りなんか、特にニマニマしてしまう。

・第34話 星を観る大機くん
縁日に来たクリエイティ部メンバー。前話からの流れで、魅重義を意識しまくる羽井さんがカワイすぎる。そして音無森さんも合流し、地球に接近する隕石を観ようということになるのだが、それがだんだんと地球に向かってきていることに気づく。大機の発明品で遠ざけようとするものの、使い方を上手くイメージできず失敗してしまう。ここまでの4話が普通に夏休みを満喫していただけに、いきなり風雲急を告げる展開に。
土和 祭りを満喫
祭りを満喫する土和さん。

・第35話 信じてる風森さん 
音無森さんが自分を犠牲にした解決方法を提案するものの、大機が拒否。代わりに、同じような騒動があった中学の時に作った、隕石を破壊するための弓『星穿つ弓張月 まほろば』を、風森さんに使ってもらうことに。降り注ぐ隕石の欠片の描写も含め、ある種のクライマックス感があった。それにしても、今回の一件が自分が引き起こしたマッチポンプだと明かした音無森さんの本当の気持ちが描かれるとこだけ、ババァ口調じゃなくなっているのが、とても良い。
土和 お姫様抱っこ
何気にお姫様抱っこされている土和さん。

・第33.5話 羽井さんと魅重義くんのお祭り前の話
第33話を受けて、土和さんに恋愛相談する羽井さんや、お見舞いのお返しのプレゼントを買おうとする魅重義を描いた、4コマ構成の特別版。トビラの2人が爽やかすぎて、本当の恋愛モノの主人公&ヒロインのよう。
恋愛相談を受ける土和さん
恋愛相談を受ける土和さん。

・神と犬と山下のスピ―シーズドメイン板
5巻にして初めて、山下が脱ぐのではなく服を着せられる展開に。でも、武神が召喚した美空さんが用意した生地が……。コレ、次はどうするんだろう?

・巻末オマケマンガ
音無森さん誕生秘話が明らかに。作中ルールというか、あるていど制限を課しながら作品を描いているんだな。担当Hさんの口グセであろう「それですよ野呂さん」は、実際に口にしてみたい(でも、そんな機会はない)。



次巻からは、2学期がスタート。学校内の勢力バランスが明らかに。







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/10/09(日) 15:01:08|
  2. スピーシーズドメイン
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad