晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 42号の感想



チャンピオンの感想です。表紙は、2日目のレースを制した御堂筋翔さんです。





・弱虫ペダル/渡辺航
巻頭カラー。2日目の勝利者インタビューで、本性を露わにする御堂筋。客席はドン引きするどころか、熱狂してしまう。勝てなかったことを謝り頭を下げる今泉も良かったが、力走ぶりを手嶋らに説明する杉元にも泣けた。

・刃牙道/板垣恵介
拍手で迎えられた本部は、武蔵が戦いを了承する前に奇襲を仕掛ける。目つぶし → テイクダウン → アキレス腱を極めての投げ。というコンボ。次回から、本格開戦か。

・ハリガネサービス/荒達哉
豊瀬のタイムアウトで、結果的に下平が最高のアドバイスをした形に。王葉の連続得点を断ち切り、交代で入ってきた下平が『高速ワンレッグDクイック』を決める。流れを取り戻したか。

・六道の悪女たち/中村勇志
黒方は手下というワケでなく、幼田を巧みに操って暴力性を発揮させる黒幕タイプだった。悪女堕ちした幼田を連れて鬼島連合に加わろうとするが、その現場に六道が現れる。植物観察の発表は、幼田を引き戻す最後の手段か、乱奈のための陽動か。

・バイオハザード~ヘヴンリーアイランド~/カプコン&芹沢直樹
連載再開センターカラー。紫麗が自分の素性、そして今回の目的を明かす。BOWバトルに勝ち残ったモリオからウイルスの原液を抽出したことで、目的はほぼ達成かな。トミナガだけで阻止できるのか? あと、顔の描き方がちょっと変わったような。

・BEASTARS/板垣巴留
テムと同じ役のオーディションを受けていたため、自分が役を任されると思っていたカイ(マングース)だったが、待っていたのは美術班への降格だった。役者のトップ・ルイ(アカシカ)は、レゴシを何かに誘うようだが、テムの犯人捜しなのかな?

・猫神じゃらし!/福地カミオ
葵がこまりに襲い掛かる。それを幽霊猫のナナが止めようとするが……。いちばんの見せ場のコマの後ろで、普通に打ち水しているのが『これすら日常』感が出ていて良い。

・囚人リク/瀬口忍
兵隊たちから逃げる、レノマたち。しかし行く手を遮られ、非常口に隠れることに。そこにいたのは、まさかの沢田! しかも、すっかり毒気が抜けたイイ子ちゃん?状態に。信用してもいいものなのかどうか?

・ベルリンは鐘 ヤッホー!/ニャロメロン
クオーツ先生回。ハシラの説明がヒドすぎる。

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
仁を発端に学校内で、ゾンビパンデミックが発生。ひとり逃げ延びた勇子ちゃんが、飛び込んだ部屋で待っていたのは……。広島優勝とタイミングドンピシャの掲載。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
前半の鯉太郎と白水の河原でのやり取りがシンミリとしていい雰囲気だっただけに、後半のマコに対する感情の昂りぶりが、いい意味で台無しだった。スーパーサイヤ人みたいにオーラ全開じゃないか。

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
牛之介はファーストライナーに倒れるものの、三太郎は悪球打ちで出塁。続く先斗はライト前の当たり。三太郎は、二塁から一気に本塁を陥れようとするが……。暴走のような気もするが、どうなるか?

・AIの遺電子/山田胡瓜
女性にだらしない彼氏ヒューマノイドは、彼女の気持ちをつなぎとめるために『強制賢者タイムスイッチ』を取り付ける。理想の彼氏となり、順調に交際が深まるのかと思いきや……。『理性が漲る…!!』のコマの破壊力が高すぎる。

・実は私は/増田英二
2学期の修学式。無事に秘密を守り通せたかに思われたが……。これは、血を吸わな過ぎたがために、吸血鬼の血が暴走した。みたいなことなのかな。想像以上に壮絶な秘密のバレかたで、胸が苦しくなる。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
というところからの、ドラルクのサイレント芸回という掲載順がズルすぎる。編集部、意図的すぎるだろ。

・少年ラケット/掛丸翔
幼いころより運動神経に優れていた源が、はじめて大きな壁・最上一郎に出会った時のこと、それから実力を積み重ねながらも未だに届かないことが語られる。そして、カットマンになったと思われたが、そうではなく『カット主戦のオールラウンダー』転向が正解だった。ヒロ・べるべる・源と、最近はオールラウンダー推しか。

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
魔法を使っても疲れない方法を知るため、那由多はドーサに媚びへつらう。ドーサは、他人の感情が分かる飴をなめているが、那由多のチートがさく裂したとき、あまりの味の変化にブッ倒れてしまう。いったい、どんな味がしたのか?

・ネズミと花火/山本アヒル
短期連載4話目。猫不要の家に、警察が踏み込んでくる。巨体で圧倒的に頑丈な体を誇る警官の超合金さんに手を焼くが、猫不要が意外なことを口にする。これは、ドロシィvs超合金 待ったなしじゃないか。

・Gメン/小沢としお
伊達の言葉もあり、ようやく勝太も心に折り合いをつけることができたか。北海道で暮らす真柚の様子も描かれたし、このエピソードはこれで終了かな。

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
アメリカ軍を撃退したボルテクスは、ビリジアン=化物になる。ということではなく、自由に人間の姿にもなれることを説明する。これで、民衆の心は一気に傾くか。

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
恋を応援することを決めたフィオは、カミラと意気投合。恋愛トークに花を咲かせる。そこで、ラナビスとの結婚の条件が『勇者を辞めること』だと聞かされる。さらに、謎の女性リリウムのの動向も気になるところ。

・木曜日のフルット/石黒正数
面白い映画を観たと思った白川先生だったが、ネットでは酷評の嵐。自分の感性が信じられなくなってしまう。ひさしぶりの「少年誌で何やってんだ!!」オチ。





次号は、刃牙25周年記念号です。










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/09/16(金) 20:42:22|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad