晴耕雨マンガ

10月は、トクサツガガガ、スピドメ、六道の悪女たち、少年ラケット。

ヤングキングアワーズ 10月号の感想




ヤングキングアワーズ10月号の感想です。台風の影響で購入が遅くなりました。表紙は、タカオ、ハルナ、キリシマさんです。




・僕らはみんな河合荘/宮原るり
巻頭カラー。宇佐が3日連続で金縛りにあってしまう。そして、他の河合荘メンバーの外出中に謎の女の子が訪ねてくる……。宇佐&律の仲も順調に深まっているけど、この話がお盆時期で律先輩が塾の合宿に行くという話をしていることから、意外と残り時間は少ないんだな。

・それでも町は廻っている/石黒正数
タッツンがバイトを辞めることにより、シーサイドがメイド喫茶としての営業を終えることに。歩鳥とタッツンが看板を洗う42Pからは、涙をガマンすることができない。次は、静さんの話と予想。

・鬼を飼う/吉川景都
鷹名の里帰りに、司だけでなく四王天とアリスも同行することに。四王天の目的は、奇獣を惹きつけるらしい?鷹名の血を調べること。案の定、両親とは容姿が似ておらず、屋敷の地下には『元・水神』が封印されていた。アリスと四王天のトイレ事情(ウソ)を気にしすぎな、鷹名が面白かった。

・リュウマのガゴウ/宮下裕樹
少年リュウマは、戦いの最中に白皮を操る能力を開花させる。そこに、少女ジン・シンシアが精神的な揺さぶりをかけていく。この激突の行方が、大きく戦況を左右しそう。

・蒼き鋼のアルペジオ/Ark Performance
今回は、401vsコンゴウ艦隊を受けての、白鯨とレパルスの感想。そして、横須賀に潜伏中のタカオらの現状確認の会議。402が“お母さん”していたり、このあたりは『ソルティ・ロード』の設定を引き継いだ格好か。そして、402は人類側に何を仕掛けようというのか?

・夜鳴きのシィレエヌ/今村陽子
センターカラー。シィレエヌが敵対する両国に雇われて争っている戦場に、夜烏班が人探しのためにやって来る。が、そこには謎の勢力の思惑が働いている様子。無事に任務をこなせるのか? あと、花鶏に後ろから抱えられているミランがカワイイ。

・師匠シリーズ/ウニ&片山愁
引き続き、小説に従い師匠を追跡するウニ君と歩くさん。プレハブ倉庫で、シュレディンガーの猫状態になってしまった師匠を無事に救出できた。と思わせてからの、178P以降が不気味すぎた。

・MUJIN 無尽/岡田屋鉄蔵
引き続き、鎌さんの店でお話し中の八郎と土方。その中で、八郎の最初の相手である野分という妓が病気だという情報を聞く。一度きりの関係のまま、3年の間があいてしまったことを気にかけ、八郎は店を訪れる。そこで出会ったのは……。この人が、奥さん的なことになっていくのかな?

・聖骸の魔女/田中ほさな
新章スタート。ローマの“母親”ヴァレンチナ浄皇から命じられた次の任務地は、ニコラの生まれ故郷であるベファーナ。両親ともども住民全員が皆殺しにされた墓だらけの町で、ニコラは一人の女性と出会う。いっぽうウルスラは墓の中にニコラの母親の名前が見つけられないことを告げる。この意味は……? 今回は、ニコラ自身の強さが試されるな。

・はやめブラストギア/竹山祐右
はやめは、父親との思い出の地であるヤビツ峠に。しかし、そこはカップル限定でデストライドを仕掛け、男が負けたら彼女にサドルなしでヒルクライムさせる(力尽きたらシートポストがお尻にグサリ)という、仮面王のテリトリーだった。菅たちは力づくで脱出しようとするが、思い出の地を汚されたはやめは勝負を受けることに。次回は、怒りのデスロードか。

・ゼロエンジェル ~爽碧の堕天使~/麻宮騎亜
前回登場した高柳美留が、愛華との距離をグイグイ詰めてくる。そしてブルーコメット乗車中の愛華の前に『DARK PHOENIX』という走り屋チームのロゴをつけたR35 GTRから美留が降りてくる。いったい、何が目的なのか?

・ジオブリピンナップ/伊藤明弘
イラスト連載。今回は『YUKA KIKUSHIMA & TAKAMI SAKURAGI』です。ボウガンで狙っています。あと、となりのページは『COVER GALLERY COLLECTION』と題されて、今号の表紙イラストが収録されているんだけど、これは次回以降も継続されるのかな?

・スーパー・カルテジアン・シアター/六道神士
運転が上手くなった春月は、学校に行くことに。しかし、体育でやり過ぎてしまうお約束の展開に。そのピンチを友人の『スーパー常識人』の、大佐野開に助けてもらう。しかし、授業の片付けの時にハプニングが……。リアル春月の方は、記憶操作されてナントカ共和国に留学しているということになっていたけど、だったら2人ともそうすればよかったのに。

・真・一騎当千/塩崎雄二
今回は、第1話冒頭につながる特別編のような構成。京都で卑弥呼の軍勢にやられ、離ればなれになってしまった陸遜らの様子が描かれる。ママ殿って呼ばれているのは、孫堅ってことでいいの?

・おばけ道/小野寺浩二&石黒正数
『どこに行けばおばけが見れるか?』『新メンバーを加えるなら、どんな人物がいいか?』ということを、複数の占い師に聞き、その答えあわせをする。ただ、その途中で石黒Pが遭遇したエレベーターのエピソードが怖い。作中に出てきたとおり、単行本は11月の発売なのかな?

・野球+プラス!/石田敦子
リオ五輪が始まり、甲子園も行われていて、野球もいつも通りシーズンを戦っている。通常の倍以上の忙しさの由右。そして、賢太郎が意識を回復する。これは、今後ストーリーにどういう影響を及ぼすのか? そして、カープがリーグ優勝間違いなしのところまできたけど、物語の中にどんな形で組み込まれるのか?

・マーチャンダイス 異聞/大石まさる
暑くて眠れないメグは、夜にバリバリと仕事をこなし、真昼間から爆睡する。次回は、マーチャンダイス本筋の話に戻るようです。

・並木橋通りアオバ自転車店/宮尾岳
気の早い妻が亡くなる前に買った、孫の10歳の誕生プレゼントの自転車。一度は、アオバ自転車店に返品したものの、きちんと持ち主のところに届けられる。シンプルにいい話。

・ナポレオン~覇道進撃~/長谷川哲也
ヨハン大公到着の前に、勝負を決めてしまおうと急ぐナポレオン。しかし、マッセナが突出したりウジェーヌが中央突破できなかったり、微妙に上手くいかない。この戦況を持ち直す「お言葉」があるのか?







次号『野球+プラス!』がセンターカラーだけど、広島優勝記念回かな?










関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/09/04(日) 15:18:46|
  2. アワーズ 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad