晴耕雨マンガ

7月は、六道の悪女たち、ジョジョリオン、スペシャル。

別冊少年チャンピオン 9月号の感想



別冊少年チャンピオンの感想です。表紙は、ヤング巻島&ヤング東堂です。




・弱虫ペダル SPARE BIKE/渡辺航
巻頭カラー。石垣編エピローグ。インターハイが終わり、力尽きて眠る御堂筋に石垣がかけた言葉は? 次回は、大学生の金城&荒北の話のようです。

・ダーウィンズゲーム/FLIPFLOPs
カナメたちはサイゴウ兄妹、そしてオボロと合流。モクレンからクニを救ってほしいと頼まれる。どうやらドウメだけでも厄介なのに、海にはカイギュウという巨大な化物がいるとのこと。5人で戦うのは厳しいかと思われたが、どうやら敵はそちらではない様子。カネヒラは、クニの人を殺してもペナルティが無くポイントがもらえることを確認。厳しい防衛戦が待っていそう。

・SAND STORM SLUGGER/高嶋栄充
センターカラー。立ち直った春河は、杉ノ森の中心打者である瀬戸&権林を三振に切って取る。そして、春河と秋竹が出会った時のエピソードが描かれるのだが、ここでデビュー作の『ボッチ球』のエピソードを踏襲する流れがアツかった。正直、大生よりもコッチが主人公のほうが良かったんじゃないの?っていうくらい。

・みつどもえ/桜井のりお
2本立て。1本目は、小1女子2人が、宮下&吉岡父とダブルデートをするという異常事態。2本目は、おがちん(金魚)とふたば(サメ)の水中戦。もう、まともな水着回やプール回はやりつくしてしまったというのか?

・レイリ/岩明均&室井大資
和助の死を受けて、激しく動揺する信勝。たぶん、目の前で人が死んだのは初めてなのかな? そしてラストでは何かを決意した目で立ち上がるけど、これ信勝本人かな? レイリじゃないのかな?

・ビンゾー/古谷野孝雄
センターカラー。金髪のゾンビの名前が、瀬津悠介と判明。ホテルへの放火を行ったことで過去の殺人事件とつながり、警察が大がかりな捜査を行うことに。いっぽうビンゾーはスマホの充電器を求めてコンビニに侵入するが、そこで瀬津と出会ってしまう。以前会った時の言葉通りだと、殺されちゃうけど……?

・セトウツミ/此元和津也
『◯◯の◯◯より◯◯やなチャンピオンシップ』が開催。瀬戸、内海とも決定的なひと言を出せない展開が続くが、意外な人物が「グッジョブ!」を決める。内海の樫村さんの呼び方に対する、瀬戸のレスポンスの速さは異常。

・ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~/清水栄一&下口智裕
前回のことを受け落ち込む竜馬を、武蔵が励ます。そして再び現れた不進化体に対し、今度は隼人が操るゲッター2が迎え撃つ。圧倒的なスピードからのドリル攻撃で、不進化体を撃破。これを受けて、竜馬はどういう態度をとるのか?

・サンセットローズ/米原秀幸
センターカラー。住む地域が限られる苦しい生活が続くなか、クリクの王がキョウセンの女性と恋に落ち、シュザンの言葉を理解する王子が誕生する。それをキッカケにシンカイを撃退し、王子は『サンセット・ローズ』を名乗る(サンはその子孫でサンセット・ローズ4世)。そして、リリーには隠された能力がある様子。キョウセンならではのものなのかな? あと外敵から身を守るために街を壁で囲うってよく見る描写だけど、風通しが悪くてクソ暑そうだな。

・魔法少女・オブ・ジ・エンド/佐藤健太郎
パペットマスターvs魔女。豆まき型魔法少女vs過去蓮&つくね父。未来蓮&夜華vs魔法少女軍団。リブvs激流型魔法少女。いろんな時代でいろんな戦いが行なわれていて、頭がついて行かない。いちど状況説明のページが欲しいところ。

・HiGH & LOW/Team HI-AX&細川雅巳
山王vs達磨のケンカにそれぞれの頭が到着したところで、他の各チームも現場に集合する。SWORDのトップ全員が揃ったところで、二階堂から拳銃を受け取り後が無くなったノボルが姿を現す。次回がシーズン1のクライマックスとのこと。

・少女聖典 ベスケ・デス・ケベス/ルノアール兄弟
センターカラー。ケベスを失ったゆいかは、なんとなくケベスクラブと疎遠に。退会のケジメとして『百股間(モノ)語』が行なわれることに。そして、100本目のロウソクが消されたときに姿を現したのは……。次回以降も、ずっとこの顔だったら笑う。

・クローズZEROⅡ 鈴蘭×鳳仙/平川哲弘
ついに頂上決戦が決着。源氏が鳴海を倒し、鈴蘭が勝利する。そして、次回が最終回。どんなシメになるのか。

・スピーシーズドメイン/野呂俊介
2学期がスタート。作中初の正式なカップルが誕生するのだが、まさかこの2人とは……。そして、学校には四天王(生徒会長・風紀委員長・男女の不良のトップ)と呼ばれる存在がいることが明らかに。鬼姫生さんの代は引退し、新しい生徒会長らが就任する。そして、すでに次の代の四天王候補もリストアップされているのだが、その中には風森さんや大機の写真が……。風森・羽井・魅重義・土和が良さそうだけど、女不良のトップが木下になりそうな気がする。

・猶予ペーパーカンパニー/いなずまたかし
読み切り。NEXT CHAMPION佳作受賞作。除霊専門の会社を経営している狐坂は、街中で強い霊感を持つ青柳悠を見つける。連載の第1話風で、能力を持つ者が能力を持つ者を見つけるというありがちな話だったが、少女霊の顔が見えるコマとか全体的なレベルが高かった。あと、疲れる→憑かれる、息→生き、ベンチャー企業→冒険的企業みたいな、言い換えも面白かった。しかし、作者が紹介ページで顔出ししているのって珍しいな。

・別冊 木曜日のフルット/石黒正数
白川先生から勧められた『怖い本』。でも、鯨井先輩はあんまり怖くなかった。ゾッとするポイントは……? 今回は元ネタ探しがはかどるな。






次号は、雨瀬れほの読み切りが載ります。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/08/13(土) 17:30:53|
  2. 別チャン 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad