晴耕雨マンガ

5月は、六道の悪女たち、少年ラケット。

週刊少年チャンピオン 35号の感想




チャンピオンの感想です。表紙とグラビアとポスターは、乃木坂46の齋藤飛鳥さんです。電子版の表紙は、下平と御堂筋君。





・ハリガネサービス/荒達哉
巻頭カラー。最終セット開始前。王葉は足がつってしまった雲類鷲にボールを集めるのをやめることを確認する。大牟田監督は、本当に雲類鷲頼み以外の作戦を用意していないのか。そして豊瀬側は、松平と家守のダブルセッター体制でスタート。さらに、下平は移動ジャンプフローターサーブを見せる。流れは、完全に豊瀬がつかんでいる。

・弱虫ペダル/渡辺航
ドラマ版キャストのコメント付き。御堂筋は、超前傾姿勢をさらに進化させた乗り方で、今泉を猛追する。というところで、少年時代の回想編に入りそうな雰囲気に。残り100メートルなので、勝負の決着を急いでほしいところ。

・猫神じゃらし!/福地カミオ
いつも通り沙耶と遊ぼうとしたこまりだったが、この日は登校日だった。自分のことを忘れられては困ると、こまりは学校の場所を探そうとする。絵柄のあらゐけいいち化が進んでいる。

・少年ラケット/掛丸翔
センターカラー。五輪出場の男子3選手のコメントあり。イチローたちは県の体育館で行われている紫王館のランキング戦を観に行く。しかし、そこで目にしたのは苦戦するヨルゲンの姿だった。対戦する有馬は、ドライブの威力を上げる“何か”を使っている様子。公式戦では使用が禁止されているラバーとかかな?

・毎度!浦安鉄筋家族/浜岡賢次
夏休み早々市民プールを出禁になってしまった小鉄。様々な変装をして、進入を試みる。プール上がりののり子がカワイすぎる。

・刃牙道/板垣恵介
肩、肘、膝といった角を斬られたことにより、ピクルは出血多量。このままでも勝てる武蔵だが、一刀両断での勝利にこだわる。次回は、ピクルが真っ二つになるのかな?

・マル勇 九ノ島さん/木佐貫卓
センターカラー。九ノ島の扇動(とフレイヤのカリスマ)で、プレイヤーたちがガチャを回し続ける。そして、魔王の力が限界を越え、ついに『星屑の杖』をゲットする。これで、F-12世界は救われたってことか。

・実は私は/増田英二
みかんは藍澤さんからもらったアイテムを使って、黒峰から白神さんについて聞き出そうとする。そこにあったのは外道クイーンではなく、友人としての真剣な思いからの行動だったが、源二郎によって止められる。ということで納得いかない黒峰は、茜ちゃん(&凛ちゃん)によって過去に送られることに。サブタイトルに①がついているし、このシリーズは長編になりそう。

・吸血鬼すぐ死ぬ/盆ノ木至
連載再開。吸血鬼出現の報せを受けて、海水浴場に来たロナルドたち。そこで、吸血鬼マイクロビキニの攻撃を受けてピンチになってしまう。サテツとショットがマイクロビキニになったり、マリアが力ずくで抵抗するのは分かるが、ジョンにソレっぽい恰好をさせても良かった気がする。

・鮫島、最後の十五日/佐藤タカヒロ
鯉太郎の熱が伝染った丈影。激しい攻防が続く。そして、鯉太郎の激しい当たりに、丈影は泡影と同じ衝撃を受ける。こういうメンタル面の微妙な変化が、どういう影響を及ぼすのか?

・ドカベン ドリームトーナメント編/水島新司
村雨に大ファール2発を打たれながらも、一球&呉のバッテリーは狙い通りの投球で三塁線に打たせ、トリプルプレーを完成させる。これで流れは再びウォリアーズかな。村雨のショックが大きそう。

・囚人リク/瀬口忍
ひと芝居撃ったレノマを光さんが連行し、集会から抜け出すことに成功する。そして地上に出るにはキラーズ観客のVIPエリアを通らなければならないのだが、そのときの『ドレスアップ強行突破』の見開きの破壊力が高すぎる。しかし、施設内には見慣れぬ部隊の姿が。鬼道院、リクたちとは違う、第3者が動いているのか?

・AIの遺電子/山田胡瓜
自分のことを『人間』だと主張するAIのトビーを診ることになった須堂。その理由とは……。須堂が買ったということは、診療所に3人目?のメンバーが加わったということかな。

・六道の悪女たち/中村勇志
声をかけてきた飯沼とともに、ラーメンを食べることになった六道。後輩ヤンキーも同席することになって冷や汗をかくが、本題は幼田から狙われているということを伝えることだった。早速、店を出たところで佐々木という男に声をかけられる。しかし、飯沼のラストのセリフが心強いな。

・あしたもたぶん会いにいく/松尾あき
短期連載2話目。つき合っている花と、もっと恋人っぽいことをしたい えーちゃんだが、花の奔放な行動に振り回されて上手くいかない。という流れからのオチが見事だった。前回より甘酸っぱさが倍増していて良かった。

・永遠の一手 ―2030年、コンピューター将棋に挑む―/伊藤智義&松島幸太朗
名人戦決勝戦を前にして、翔子が康晴からプログラミングを習っていたこと。そして、増山名人にとって羽内元名人が同世代のあこがれの的だったことが明らかに。次回から対局開始か。

・Gメン/小沢としお
なんとか独り暮らしの可能性を模索した真柚だったが、やはり17歳の女の子には限界が……。勝太とのみなとみらいデートで、北海道に引っ越すことを伝えることができるのか?

・放課後ウィザード倶楽部/架神恭介&渡辺義彦
サンチョがモヒカンと交渉する。つまりは情報を売ることによって、アイ遺跡探索の強力な援軍を手に入れた形か(モヒカンたちもダンジョン内の情報を持った形で、戦利品を手に入れることができる)。そして、助っ人として参戦するドーサの実力は?

・ミドリノユーグレ/藤田勇利亜
ゆるキャラ引き渡しをダシに、ガイアランドがオリンピックの開会式をジャックする。翠は言っていることはともかく、やっていることはテロリストそのものだな。あと、ゆるキャラを梅酒用のビンに入れるんじゃないよ。ちょうどいい大きさだけど。

・正義の殺人鬼/鈴木雄太
最終回。トップが死んだことによって、現世とのエレベーターが再び開通する。そして生き返った梅美は、まるおの正体に気がつく。最後の最後でタイトルの意味を回収したのが良かった。

・木曜日のフルット/石黒正数
牛乳の賞味期限をキッカケに、シュレディンガーの猫からプラシーボ効果につなげていく。鯨井先輩の家って、冷蔵庫の上にレンジを置いて、その上にトースターを置いているんだな。バランスが悪そう。




次週は、森田将文の読み切りが載ります。









関連記事
スポンサーサイト

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2016/07/29(金) 15:32:26|
  2. チャンピオン 2016
  3. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad